2019年7月31日 (水)

マリメッコのMaalaisruusu(マーライスルース)の生地で何を作ろう!?

Maalaisruusu(マーライスルース) の生地で、クッションカバーを作り、残った布で、何が作れるだろうか??
Img_7381

基本、パズルは得意。
なので、この布でどう使うかを考えるのは結構好きなのかも???笑

そして、とりあえず、欲しかったポーチを作ろうかなと。
結構前ですが、トートバッグの残りの生地で作ったポーチ(愛用中)があります。

Img_7399

こんな感じのね。これは、ネットで検索していたら、オムツポーチという名前で作り方を載せていました。
私は、オムツポーチは要らないけど、ゴルフとか旅行とかで、化粧品とか持ち歩くときに何でも入れて持っていけるようにと思って作ったものです。ちなみに、このマニュアルによると、ファスナーサイズが39cmです。でも私が前に作ったのは、35cmで作りました。だいたい、このページに載っているパターンを90%ぐらいにすると35cmファスナーでいけます!

このマニュアルにあるファスナーはニットファスナーなのかな?ハサミで切れるやつを使用してますが、私は、金属ファスナーがお洒落かと思って買っているのですが、39cmというサイズはないので40cmを買って切ってもらうしかない。35cmならあり、切ってもらわなくてもいいし、40cmは、取り扱いがない店も多い!オムツ入れないし、そんなに大きいポーチは必要ないということで、この35cmに合わせて、型紙を縮小させます。

しかーーーし!!!
ちょうどあまり布で薔薇が横に1列。
葉っぱが少し欠けている状態の場所で作ろうと思ったらファスナーサイズを35cmにした型紙よりも生地のサイズが小さい!布が足りないことが判明しました。ならばということで、残った布を半分に折って、縦の長さをぴったりに型紙を縮小。
これで作れる!!と思いきや、、、ファスナーサイズは、、、33.75cmくらいかな????微妙!(笑)

仕方ないので、35cmのファスナーを念のため3本買ってきて、ラジオペンチで壊して外していこう作戦!!
が!!!
もれなく、ラジオペンチの切る部分は、奥の方で、ファスナーの布部分まで切れてしまい、、、ハハハ、、、失敗。

2本も失敗し、ラスト1本に、、、そこで、普通の大きなラジオペンチではなく、LEATHERMAN ( レザーマン ) STYLE PS という、マルチツールにね、ペンチがあるんですよ、これでやってみようと。
Img_5441
何とか、出来ましたよ。ただ、、、ネットで調べると、喰切ニッパー(エンドニッパー)を使うのがいいらしい。普通のニッパーなら持ってるけど、、、喰切ニッパーは祖父の工具入れ調べたけど、見つからない、、、。買おうかな。。。普通のペンチは無理だから。
そもそも、手芸屋さんで切ってもらえばいいです。いつも計画性がないので、買って帰ってきて、あれ、長かったとかそんな感じなので、切ってもらえないだけですが、、、。

さて、気を取り直して、布ギリギリサイズに挑戦!!

その前に、マニュアルにある通り、バイアステープが必要ですが、前のは、外側は、確か中学生ぐらいの時に学校でパジャマ作って、その時に何だったかな?買って、余っていたバイアステープを使用してみました。めっちゃ細くて、これはこれで大変だった!!
中側にもバイアスで包むらしく、これは、市販のものを買ってきて使いました。


今回マニュアルに載ってた、自分でバイアステープを作るというやつ、やってみようと。
バイヤステープメーカーというのを使うと簡単に出来るとのことなので、買ってみました。今回使用するのは、18mm。(ついでに12mmも買ってみただけです)
Img_7382
裏地に使っている布でバイヤステープを作ったら、結構、厚地!もっと薄い方が縫いやすいかもなぁ、、、、と思いつつ、
色合いがね、これが良かったので、ま、いっか。

そして、完成!バイヤステープで包むのは、上手に出来ないから、いつもくちゃくちゃだけど、中だし見えないからいっか。

Img_7383

ふふ。可愛い。

Img_7385

柄の出方も、好きな感じ。取っ手もつけ忘れて、やり直したけど、いい感じ。

Img_7386

中側は、外のバイヤステープと同じ、ビビットピンク。
薔薇の花びらの外側の色と良く似てるのでは?と予想して買った布。
これも、鎌倉スワニーさんで買いました。

ポケットは、ピローケースを作った時の余り布。
マーライスルースで作れれば良かったけど、ポケットのために切ってしまうのは勿体ないので、クルイェンポルヴィ(KURJENPOLVI) で良いね!
そんなに違和感はないはず!中のバイヤステープはくすんだ緑色の布にしました。

色々、適当すぎて縫い目がはみ出てたり、色々ありますが、私が作ったんだから、これくらい。
抜群に、好きな柄で、テンション上がります。

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

マリメッコのクッションカバーその2

先日、マリメッコ ミニウニッコ( marimekko MINI UNIKKO)を使ってクッションカバーを作りましたが、
たまたま、マリメッコの日本公式オンラインストアに登録していたら、
メールが届きまして、マリメッコの生地もセールになるんですねぇ!!!知らなかった。

それで、どれか買おうかなぁ、なんて見ていて、そしたらあっという間に売り切れて。

そんなある日、またマリメッコの日本公式オンラインストアからのメルマガが届き、セールになった生地が増えたと。
ふむふむと思ってネットを開いて見ると、Maalaisruusu(マーライスルース)の生地が載っていて半額!
送料は高いけど、半額はすごい!
この生地は、リピート単位でしか買えないとのこと。よく見る小さい柄じゃなくて、1つの柄がかなりでかいやつ。
なので、どのくらい買おうか、悩んでいたら所用があり少し時間をおいてまたネットを見るとすでに完売。。。。

まじか、、、と思い、再販あるかなぁなんて思って、再販したらメールもらえるように登録して、

ある日、再販メールが届いて、よし!と思って、注文しようとしたら、1リピートしか買えなくて、だいたい84cmくらいだったと思う。

中途半端だなぁと思いつつも、ま、いっかと思い、買って見ました。

届いたら、めちゃめちゃ可愛い!!テンション上がりましたね。


それで、またもクッションカバー作ってしまいました。

Img_7381
めっちゃ可愛い!!!!!なんとか絵柄もうまく出た!

みてわかるだろうか?
右の黄色い方が同じサイズで作ったけど、パンパン。

Img_7394

左のミニウニッコのクッションは、ラルフローレンの100%フェザー。
右のMaalaisruusu(マーライスルース)のクッションは、コルティーナという店のクッションで日本製、フェザー 100%( ホワイトダック)
ラルフローレンのフェザーは600g、
コルティーナのフェザーは800g入り。

押した時の沈み具合は、かなり違う。コルティーナの方がパンパンに入ってて、沈み具合も良い。
クッションカバーを外した状態でのヌードクッションの生地は、ラルフローレンの方がすべすべしていて良い、カバーもスルッと入れやすいしね。

色々違いはあるけれど、どちらもいい感じですね。Maalaisruusu(マーライスルース)の生地は本当にすごく好きな色合いで柄も好き!
どうも廃盤みたいで、なかなかもう手に入らない様子ですが。めっちゃ気に入りました。
ただ、クッションカバーを2個は作れるほど残りの生地はないので、、、、何を作れるか、練りに練る必要がありそうですね。


 

| | コメント (0)

マリメッコの生地でクッションカバー

マリメッコの生地のを購入して、クルイェンポルヴィ(←上のグレーのやつ)で、ピローケースを作り、
ラシィマットと言う、ドット柄(←ピンクと黒のドット柄、右下)で、トートバッグ。

そして、マリメッコ ミニウニッコ( marimekko MINI UNIKKO)を使って、クッションカバーを作ることに。
ミニウニッコは、特に何を作ろうか考えずに、なんとなく買ってしまいまして。レッスン袋にしようかと思いつつ、とりあえず、クッションカバーを作って見ることに!色は、青!綺麗な色。

Img_7354

いい加減、ビーズクッションが、弾力なくなり&中身がたまに出て来るようになっていて、、、こりゃダメね。と思いつつも、放置していて、そろそろやっぱり買い換えようと思っていたところなんです。

それで、普通のクッションカバーを作ることに。ネットで見て、きちんとファスナー付きで、ファスナーが隠れるように!
作ってリビングのクッションを入れて見たらいい感じだったので、後からヌードクッション買ってきました!(順序が違う?)

色々探したけれど、どれがいいのやら?とりあえず、ラルフローレンにフェザー100%のクッションを発見して、買って見ました。
そして入れて見たら、いいよ!可愛い。

んでも、ちょっとね、沈み過ぎかもなぁ。と買ってから思う。ハハハ。
使い方が間違っているけれど、ベッドに枕、その横に置いて、眠ると時々コロコロ転がって、クッションあたりまで行って、ふわっと当たる感じがいい!これはこれでいいかな!色合いも好み!

Img_7377


 

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

またまたマリメッコのトートバッグ

先月ぐらいだったかしら?マリメッコの生地のセールを発見して、購入しました。
セレクトショップ アエル というお店で見つけた、マリメッコ( marimekko)のクルイェンポルヴィ(KURJENPOLVI)という生地を買って、前回は、ピローケースを作りました。ここに書きました

写真の上のグレーのやつですね。

Img_7354

そして、ラシィマットって言う、ドット柄の右下の黒とピンクのやつ。
これでトートバッグを作ろうと思ってましてねぇ。これは、アドキッチンという店 で買いましたよ。

なんだかんだと、時が経ちまして、漸く取りかかりました。
勢いがないと出来ないんですよ。
勢いよく作ると、1日くらいかな。だいたい週末で作れます。

ふふ。かわいい。

よく見ると、グレー、黒、ピンクのドット柄なんですが、ちょっと写真が悪かったかな?わかりにくいですね。
1m買って、どこで切れて、どう来るかはわからない。
けれど、トートバッグを作ろうと思うと、そこそこ自由に取るほど余裕を持って買える値段でもない。
悩んで悩んで、漸く決まりまして、ドキドキしながらハサミを入れていきました。

いつもはトートバッグを作る時、底を縫わないで、縦に長く取っています。
なので、上下反転しても特に違和感のない柄を選んでいます。
今回もそのつもりでしたが、、、真横に取らないと、どうも柄が大いにズレる。

検討した結果、横長に取って、底と片側の横だけ縫うことに。これが一番柄のズレが少ないと思われる。
んで、作った感じがこんな感じ。私の能力ではこれはかなり上出来!

Img_7391

出来上がりの正面。上のピンクが2段目にしたかったけど、生地が中途半端に無駄になるので、計算して、これが一番良いかと。
出来上がってみたら、結構いい感じになったと思う。
裏生地は、毎回買っている「鎌倉スワニー」さんのコットンオックスフォード
前まで、厚地のオックスフォードを使っていましたが、結構厚くなるので、変更してみました。
色も、50色もあって、選べるし生地はとても良いです。

マリメッコの生地の裏に接着芯を貼っていますが、
今までは、プレシオン芯地[かちかちらくはり]というやつにしていたんですが、イオンのパンドラハウスというお店で、聞いてみたら、プレシオン芯地らくはり こちこちのがいいのでは?と。
カチカチとコチコチ。
わからん。どっちが固いんだろ?笑

今までのが最強に固いらしいですが、トートバックならコチコチくらいが作りやすいしいいよと。
しかも、カチカチは接着芯をつけるのにつけにくいとのこと。確かにこれは大変!一番疲れる箇所。
というわけで、前よりも少し柔らかめの接着芯に変更。

今使っているトートバックは、気合を入れてキャンバスで作りましたが、ちょっと重いんですよね。
パソコン入れたら泣きそうに重いので、ちょっと軽さを求めて。。。

自立はします。前より少しフニャってするかな?そんなにふにゃふにゃにはなりませんでした。
Img_7388


中の生地は緑色にしました。ちょっとくすんだ緑。好きな色。
こっちがファスナー付き。

Img_7389

んで、ファスナー無しの反対側。
携帯電話と鍵を入れようと。
Img_7390

っま、こんなもんかな。唯一、マグホックを少し下側につけたのは、マグホックを付けてから上を縫うので、あまり上につけるとぶつかって縫えないので、少し下側にしたけど、あとちょっと上が良かったなと。。。
あとは、満足です!


 


 

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

TM Violin Lesson272

バイオリンレッスンです。

セヴシック opus1

小指を弾いた時に、1の指をしっかり戻すこと。
戻りきっていない。また、4の指が高くなる。
とにかく、きちんと1の指のポジションを確定させること。いつも違う。
どんなことがあっても1の指は確実・正確に戻れること。
そして半音階が出来ていないので、半音階のやつもやることに。
むずい。ズレてるのはわかるけれど。。。。

先生の本(二重奏)

ホーマンかな?前にやったと思ったけれど、違う本?
またやりましょうと。
初見で弾くやつね、本当に苦手。めっちゃズレる。涙
この前、テレビで声楽家の人が、初見で1、2分楽譜みて、すぐ歌うってのやってたけど、
完璧だった。なんで出来るんだろう・・・?


Brahms  Violin Sonata #3 In D, Op. 108

リズムが自由。
変なリズムを覚えてしまうと直すのに苦労するので早いうちに直しましょうとのこと。
大嫌いな、メトロノーム登場。
最初はメトロノームきちんと聞いてるけれど、そのうちに聞いていなくなる。
帰るとまた忘れるんですよねぇ。先生いないと、どうも自由すぎる演奏に。
メトロノームと自分だと、間違ってるのさえわからない。
どうしたもんか、、、
ずっと忙しくて練習ができていなかったので、ようやく時間取れる!と思いきや、夜飲んだりして、またも練習をサボる、、、
真面目にやらなきゃねぇ。

ハイドン 皇帝 1楽章

なし

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

TM Violin Lesson271

バイオリンレッスンです。

セヴシック opus1

数週間、同じところを行ったり来たり。。進みませんね。笑
同じ音なのに、違う音を弾いた後に、指がしっかり戻らず、高かったり低かったりする。

Brahms  Violin Sonata #3 In D, Op. 108

弓を返す時に、早くならない。
音が単調に聞こえる。つまらない感じだそう。
確かに先生が弾くと同じフレーズがきちんと曲になる。私が弾くと、なんか変。
簡単そうに見えた楽譜ですが、難しい。


ハイドン 皇帝 1楽章

なし

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

Quartet77

7月のカルテットです。

ハイドン 皇帝 1楽章

チェロの人が、体調不良でお休み。
バイオリン族のみのレッスンになりました。

弓を乗せたら力加減を変えない。
後から音が大きくなるのはダメ。
強弱をしっかり。
重たく弾かない。

今日は、ほぼ前半で終わり。
ただ、個人で練習しているのは、自分勝手に弾いていて、弾けない箇所はゆっくりになったり、
みんなで弾くと、弾けない箇所がゆっくりになれば、みんながバラバラになり
合わせてくれたりもしますが、、、、
この辺をもう少し個人練習すべきでした。

| | コメント (0)

«TM Violin Lesson270