« バイオリン LESSON10 | トップページ | 「ピカソとクレーの生きた時代展」 に行ってきました »

2008年10月29日 (水)

チャレンジ!!弦を購入

バイオリンを始めて、7年目・・・

全くと言っていいほど無頓着な私。

私のように大人からバイオリンを始められた方は意外と多いのですね。しかし皆様、とてもバイオリン対して、貪欲で、拘りがある。

私は、バイオリンもある日、始めようと言い出し、バイオリンが必要だと言われ、判らないから先生にお願いして買ってきて貰ったぐらい。

ずっと、「判らないから」という理由で何もしてこなかった。

最近、これでいいのか?と思っていました。
そんな時、ネットで沢山の方のHPを拝見させていただき、ビックリしました。皆様、とっても凄いんです

ちょっと反省しました

バイオリンの弦は、交換しなくてはいけません。その頻度は、調べた所、2ヶ月~3ヶ月。頻度にもよるそうですが、半年以内には交換すべきらしいです。

私は、切れるまでほかってありました・・・

だって、弦高いの

もう購入してあった弦も使ってしまったので、購入しなくてはなりません。

いつもは先生のお勧めを購入していたのですが、今回は、バイオリン好きの人のHPでお勉強させていただき、独自に弦を購入することにしました。

しかし・・・高いんですよ

そこで、思いついたわけです

円高・・・

つ・つまり。海外で買えば安いんじゃねぇ調べてみると、やっぱり

日本のネットでは、どこも3割引が常識です。

しかし・・・海外は安い。円高効果もあり。

Obligato・・・6300円位(日本定価:17115円)
Infeld Red・・・5300円位(日本定価:10395円)

しかも海外から航空便にて平日4日ぐらいで届きました。いやぁ世界って狭いのね。

先生に弦を購入した旨を話すと、「なんでそんな高い弦買ったの~」とお叱りを受けました。そうです、日本ではこの弦は高いんです。しかし、いつもお値打ちの弦を購入してるのですが、それよりも安かったのでこれにしたのです。

先生にこの値段を伝えると・・・

先生「私に売って」「私のも買って」「私も買う」

と興味津々。どうやら、お役に立てたようです

まだすぐに弦を交換するつもりはないのですが、「Obligato」という弦はとてもいい音と聞いているのでとても楽しみ。ド素人の私にその音色の良さが判るのかという不安はありますが・・・でも、2個購入した値段差は1000円程度。ならばObligatoを2個買ったほうが良かったのかな?とも思いましたが、バイオリンは難しいもので、バイオリンと弦の相性もあるみたいです。なので、いろいろ試すのがいいらしい。難しい

さて、ここからは余談です。

海外でのカードを使った場合のマメ知識。

「外国為替クロスレート」
http://markets.nikkei.co.jp/kawase/crossrate.aspx
「みずほ銀行為替」

http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/information/market/data/quote.txt

クレジットカード決済のレートは、
「VISA」「MasterCard」のTTM+1.6~1.63%(手数料)
TTSと同じかやや有利と言われています。

クレジット会社にデータが届いた日の各クレジット会社の定めたレートで換算されます。
なので、お店によって違いがあるみたいです。
今回の私の場合は、MasterCardで、翌日のレートで、みずほ銀行のTTM+1.6%で大体合っていました。ある程度余裕を持った買物をしないと、為替の変動も激しいので要注意です

|

« バイオリン LESSON10 | トップページ | 「ピカソとクレーの生きた時代展」 に行ってきました »

コメント

半年以内に交換なの??
高いんだね~それどうにか開発されないかね~
ウクレレもそうなのかな?

投稿: イルカ | 2008年10月30日 (木) 19時06分

弦も音色が悪くなるらしいです。
私はそんな高級な耳していませんので、
気にもせず、何年も使い続けたりしてますよ。
一番安そうなセットで定価が5千円台かな?
私の場合、相当放置してるので、日数割りしたら安いんでしょうけど・・・プロじゃないしいいやと思ったり。(いい加減)
ウクレレは、どうなんでしょ?ナイロンの黒い弦は劣化がわかりにくそうですね。でもギターみたいな弦張ってる人よく見かけますけど?詳しくありませんが、バイオリンのようにた・ぶ・ん高くないと思いますよ

投稿: ゆん | 2008年10月30日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリン LESSON10 | トップページ | 「ピカソとクレーの生きた時代展」 に行ってきました »