« 名古屋のお菓子? | トップページ | バイオリン LESSON28 »

2009年4月 5日 (日)

日本人に愛される『桜』ですね

何故、日本人は桜好きなんでしょうか

桜が愛される理由は?

桜の”花の命が短い”からでしょうか?
だからこそ、この桜の木の下で、愛でるのでしょうか?

「花見」と言えば、別に「桜」である必要はあるのでしょうか?
でもほかの花で「花見」って聞いたことがないような?

桜の木の下で食事をするのは、神様と人の食事という信仰行事の名残だと聞いたことがあります。桜の木の下に神様が降りてき、神様にお供えした「お酒」のお下がりを私たち人間が戴く。それが、今の「お花見」に繋がるのでしょうかね?

しかし、「お花見」って、昔はもっと高貴な感じがします。詩歌を詠みあう「花宴」みたいな。

とは言え、私も日本人、桜が好きですねー。

私は、散りゆく、あの切なさみたいな?あの感じが好きです。

Nec_1750 Nec_1749

Nec_1745 Nec_1748

|

« 名古屋のお菓子? | トップページ | バイオリン LESSON28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 名古屋のお菓子? | トップページ | バイオリン LESSON28 »