« タイ土産 | トップページ | ふと考える »

2009年9月11日 (金)

レオナール・フジタ展

藤田嗣治(ふじた つぐはる)こと、

レオナール・フジタ展に行ってきました。

Photo_3

カトリックの洗礼を受けてレオナール・フジタとなった様子。
レオナール・フジタと言えば、猫と女性のイメージですね。
後は、彼の描く子供の絵は可愛いのか???と思いつつも味のある子供達。実際には存在しない、彼自身が作り上げた作品(子供達)らしい。

Photo

Photo_2

「幻の作品」とされる、「構図」「争闘」と呼ばれる連作群、大作4枚をみることが出来ました。ライオンがいたり、犬が居たりして、「争闘」というだけあり、戦っている。何故に?男性も女性も筋肉ムキムキで…なんだろう?と思ってしまいました

この大作の良さは判らなかったけど、彼の繊細な絵は美しいなと思います。

猫の本―藤田嗣治画文集藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色

 

|

« タイ土産 | トップページ | ふと考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオナール・フジタ展:

« タイ土産 | トップページ | ふと考える »