« バイオリン LESSON55 | トップページ | インフルエンザ予防接種 »

2009年12月 3日 (木)

病院の日

今日は、病院の日。
待ちに待った日。病院大好き人間みたいですが…。
大嫌いです。ただ、2ヶ月以上、調子悪いので早く検査を受けたかっただけです。早く楽になりたかっただけです。

病院の待ち時間攻略法!!
として、2年間、看護婦さんの情報を集めたり、先生にいろいろ教わり、今日は完璧でしたね

朝9時半前位に、血液検査に入る。
この9時半前位は、丁度、嵐の後状態。朝1で来る患者さんは8時前後頃から検査に入るので混み合う。また、9時から診療が開始されるので、その後も随時検査が増える。つまり、この時間は、かなりいい時間だとキャッチした。

今日の待ち時間は、たったの5分と言った所だろう。

最近の血液検査は、3本。今日の看護婦さんは、へたくそだったなぁ〜

そして、一時帰宅。

診療は11時からの予約にしてある。

血液検査の結果が1時間半〜2時間かかると言われているので。
先生に伺った所、予約時間より前に来ても絶対に呼ばれないとの事だったので、11時かチョイ過ぎがベストだと。なので、11時5分程度迄に行く事にして。今日も、だいたい11時微妙に過ぎたか?ぐらいに到着。一瞬も待たずに、呼ばれた。これは、珍しいが、素晴らしいタイミング。いつもは、11時予約で11時に呼ばれる事はまずない。11時半以降が普通。

なので、今日は最高に楽チン。

さて、

診療結果はと言いますと、

甲状腺低下症(橋本病)(←歌手の絢香は、バセドウ病。ホルモン数値が高い人。真逆ね。)
きちんと薬を飲んでいたにも関わらず、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が少し上がってしまっていた。TSHは甲状腺ホルモンを調節する為に脳から送られる司令塔みたいなもんらしいです。なので、この、TSHが甲状腺ホルモンが足りないので頑張れと指令すると、体が必死に頑張って甲状腺ホルモンを作ろうと活動する訳で、体が怠かったり疲れたりするんだそう。

この寒さは甲状腺のせいなのか?ただの冬のせいなのかは?判らないけど寒いっす。

まあ、これは、こんな感じで。

私が先生に聞きたかったのは、お腹の調子が悪い事。

これは、結局、9月に風邪を引いて以来なので、まだ風邪の菌が悪さしてるのか、もともと、過敏性腸症候群なので、下痢が日常で発狂したりするのですが…まあ、ビオフェルミンでも飲みなさいとの事。しばし様子を見る事に。

過敏性超症候群がまた、悪化したのかと不安でしたが、まあ仕方ない。内分泌の先生には、消化器の先生にもかかりなさいと言われているので…。とはいえ、過敏性腸症候群なんて、検査検査で異常が見られなければ、過敏性だと言われる。検査ばかりで辛いのに、結局改善されないので、かかりたくない。

最近は、生理でもないのに生理痛みたいな、腰、腹痛に下痢で、嫌な感じです。生理痛は、普段、イブを飲んで過ごすのですが、生理でもないのに、最近、お出かけの時とか、我慢出来ないときは飲んでいます。下痢には”イブプロフェン”。

先生にその旨も伝えると、「イブ」は安全なので大丈夫との事。飲んで良しと。ただし、過敏性が治ったのではなく、ただ、一時的に抑えているだけなので、それで病気が治る訳じゃないとの事。「バファリン」はダメだけど、「イブ」は飲んでも安全との事だったので、ちょっとほっとした。

友人に、生理痛が酷いからと4日間位飲み続けている事を言った時に、かなり、止めろと言われた。
痛みだけなら、3.4日目になれば、何とかなるのだが、下痢が酷過ぎてどうにもならないと飲んで抑えていた方いいと思って飲んでいたので…。私の選択は間違いではないという事。良かった。まあ、他人に何といわれようと、自分の体は自分しか解らないので、誰かが理解出来る事はないのだと思うし。とはいえ沢山の人が私の体を心配してくれているので、この言い方は語弊があるかもしれない。ありがたいけど、聞き入れる事と出来ない事もあるかな…。他人の事は、100%は理解してあげる事なんてできないのでね。自分なりの病気との付き合い方を模索する以外に方法はないかな…?

そんな、下痢、腹痛のため、
貧血の薬、鉄剤のせいにして、ここんとこ、飲むのを止めていた。まあ食事では相当、努力してたけど…。ヘモグロビン数値はそこまで、悪くないかな?でも鉄自体が低いので、自分自身辛くなるから、少しでも飲む様に心がけましょうとの事でした。

そうそう、貧血と言えば、
病院の栄養士をする知り合いに聞いたら、鉄を含む食材と一緒にビタミンを取るといいのだそう。野菜とか果物とか。なのでビタミンCかな。より吸収率が良くなるらしい。私の場合は、吸収率が悪いのか?薬を飲んだときだけ上がるものの、その貯蓄を使い果たしたらまた、速攻下がってしまうので…。今はなるべく、鉄&ビタミンに心がけ、なるべく鉄鍋を使用して料理したり。難しいけど、点滴になるよりはいいだろう。

今日の診療はそんな感じでした。

そういえば、帰りに薬を貰う薬剤師の人に、私の貰う、甲状腺低下症の薬「チラーヂン」と一緒に風邪薬を飲むのはダメらしいです。ぶつかる成分が入ってるものもあるとか?病院に行って風邪薬を貰いましょうとの事。もしや、9月に風邪薬飲んでたけど、それが原因???

っま、いいや。イライラするけど、とりあえず、気長に気長に…。のんびり過ごそう。

|

« バイオリン LESSON55 | トップページ | インフルエンザ予防接種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院の日:

« バイオリン LESSON55 | トップページ | インフルエンザ予防接種 »