« 浜名湖と言えば | トップページ | PORTER カメラケース »

2010年1月25日 (月)

バイオリン LESSON61

バイオリンレッスン日記です。

「カイザー9」

先週から、またもや、ハマリモード突入

今日は、いいだろうと思っていたのは、どうやら私だけだったみたいで。先生の渋い顔が、まだ脳裏に…(笑)

またもや、違う弾き方、”奏法”で…。
嫌だって言ってるのに…。
あああああ"

P1000081_1

この3番の弾き方でって。
あ〜また、おかしくなるんだよ…しゅ〜〜〜ん

指をジタバタさせないで、ある程度、おさえたまま次の指へ。1個1個指を離すと、音が狂うから。

鈴木3巻#2「メヌエット」

こっちも、渋〜〜〜い顔されてましたねぇ…。
おっかしいなぁ。こっちは、そんなに難しかったっけ???
1/4も進まないで終わってしまいましたね。

モルデントが上手に弾けなくて、断念。
トリルみたいなものですね。1音下げてまた元に戻る。もっと素早くと言われてもね。そのせいで、気持ち悪く、リズムが崩れているのです…。

きちんとテンポをとる。

だから

「メトロノーーーム」

はあぁぁ…

弓を元からしっかり使って、真っ直ぐ、曲がらない事。(できないの)アップの時の移動距離が短いから、いつも同じ位置で弾けないのだと。必ず同じだけ弓を動かせば、いつも同じ位置で弾く事が出来るのだと。

という訳で、曲がどうのというよりも、弓がダメで、あと弓の事で頭がいっぱいいっぱいになる事によって、音が狂うのです。まあ、こりゃ、ゆっくりいきまひょ。まだまだ、人生は長いはずだ

|

« 浜名湖と言えば | トップページ | PORTER カメラケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイオリン LESSON61:

« 浜名湖と言えば | トップページ | PORTER カメラケース »