« 寿司と忍耐 | トップページ | ラブレありがとう »

2010年1月16日 (土)

カメラウイルス

RICOH デジタルカメラ『GXR』
見てきました。
触ってきました。(←ちょっと前です。レポが遅れました

近所のヤマ〜ダ電機で。
一眼レンズの戸棚の鍵がかかっている場所にありました。なんとも厳重。恐る恐る店員さんに、聞いてみると、すぐに開けてくれました。

が、バッテリーがなくて触れない。

ついうっかり、「触れないじゃん」と突っ込んでしまった

店員さん、いい人。
何やら、誰かに問い合わせて、何処かに取りに行ってくれた。

そして、その店では、初の電源ONだったらしい。記念すべき初

いやぁ、そうだったのか…。日にちとか設定する項目が出て来てたからさ。

申し訳ない。でも感謝。感謝。

さて、本題『GXR』 ですが、

男らしい感じ。(私的には褒め言葉)
マグネシウム合金ボディがいい感じですね。しかも、軽い!!見た目、コンデジです。もの 凄く小さいですね。これで、レンズ等を含むユニット交換式とは、驚きです。GRⅢと比べても、 横幅3mm 高さ10mm 奥行3mm程度大きいだけです。これで一眼ライクですからね。ファインダーが付いていなかったのが残念。見たかったですね。操作性は、問題なしでした。小 さいので、このユニットをポケットに忍ばせて、さっと交換して撮るのも可能ですね。

レンズは A12 50mm F2.5 MACRO を付けてもらいました。

AFが遅いって聞いていたけど、それほどでもなかったです。決して早くはないけど。マクロは遅いって聞くので、そんなもんかなと思ったり。MFでピ ントを合わせればいいし。ファインダーが無いとMFってちょっとキツイかな。パソコンで写真を見た訳じゃないので、どの程度ピントが合ってるのか判りませ ん。こちらの商品は全て35mm換算なので、そのまま50mmです。だいたい肉眼で見る感じの写真が撮れると思います。

私の個人的な感想としては、とても良く出来てると思います。値段とか将来性とか、いろいろ考えてしまいますが。カメラとしてはいいと思いました。

私の理想のカメラは、お洒落である事。携帯性に優れている事。綺麗な絵が写せる事。…ですかね。普段持ち歩くなら、お洒落なものでありたいし、重い からと持ち歩かないなら、意味がないし、それでいても、やっぱり上手に写るカメラが欲しいなと。「GXR」は今の所、2種類のレンズユニットしか出ていな いので、購入を考えている人は、高級コンデジのGRⅢやシグマDP-2も選択肢に入るのでしょうね。

ネットで「GXR」で撮った写真を見てみましたが、とても綺麗でした。私好みの写真ですね。味がありいい写真でした。まあ、撮られた人にもよるのでしょうが。

「オリンパス・ペン E-P1」もじっくり、触ってみましたが、やっぱり、う〜ん…と言った所。外観のチープさと、重さが重いです。ただし、マイクロフォーザーズなのでメリットはあります。

「Panasonic LUMIX DMC-GF1」も気になっていたので触ってみました。

Amazon :Panasonic デジタル一眼カメラ GF1』

Panasonic :『GF1』商品ページ

「GXR」の本体が160gに対し、「GF1」は285g。ちょっと重みを感じます。私のコンデジ比較でプラス100gです。もちろん、一眼として は軽い。私の一眼は510g位。レンズ付けると普通に1kgオーバーですからね…。20mmのパンケーキレンズ装着して、442g。軽いです。
厚 みが「GXR」より「GF1」の方が7mm程度大きいぐらいですかね?質感は、「GXR」が好み。「GF1」がチタンボディーだったらカッコいいね。っ ま、でも「GF1」いい感じです。若干、一眼っぽくないので、握るのに安定がいいかは微妙ですが。私が持っているLUMIXを大きくした感じなので、ま あ、いいのかな?お店ではパンケーキレンズが装着されていたので、普通のコンデジと変わらずな感じで安定していました。

あと、マイクロフォーザーズの特徴は、マウントアダプタを介せば、どのレンズでも装着可能らしい。これは素晴らしい事ですね。今のキヤノンレンズも手放す事はしないだろうし。

CONTAXレンズとか、ライカレンズとかいいですね

なんちゃって、カメラ好きのしょ〜もないレポでした。難しい事は判りません。ただ、自由に触ってみただけです。しかし楽しかったぁ

|

« 寿司と忍耐 | トップページ | ラブレありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラウイルス:

« 寿司と忍耐 | トップページ | ラブレありがとう »