« バイオリン LESSON67 | トップページ | 罵倒!? »

2010年4月 6日 (火)

緊張と感動

友人の結婚式に行って参りました

名古屋は桜が満開に咲き、天気にも恵まれ素晴らしい1日でした。

珍しく?お洒落をして、お出かけしましたよ。髪の毛も決まらないし、メイクも時間かかるし。って、普通の事するのが、私にとっては大変ぎゃ〜ぎゃ〜騒ぎながら準備をして、慣れないドレスを着て、ふらふらしながらパンプスを履き出発です。

た、多分、大丈夫だったと思うけど…。

さて、向かったのは「ザ カワブン 名古屋」です。
老舗料亭『河文』のイタリアンレストラン&結婚式場らしいです。

P1000637_1

レトロ&モダンな佇まい。素敵です

入り口を入ると、どど〜〜んと桜。
P1000624_1

美し過ぎます。
こちらに案内してもらいました。

P1000427_1

そこには、癒される空間がありました。
P1000429_1

美しいお庭を眺めながら、ドリンクを戴きました。
P1000426_1

受付には友人が贈った「マン盆栽」が飾られていました
愛と努力と奇跡です
何と!!梅と桜が同時に咲いています
桜は当日の朝、咲いたそうです。
カメラ小僧のフィギュアが可愛い
P1000618_1

受付を済ませて、わ〜きゃ〜していたら、あっという間に式のお時間です。
ど〜〜〜してもお手洗いに行きたく、バタバタ行って挙式の会場へ…と走る私は横目に、あお嫁さんか、顔はまだ見てないから…ごめんなさい
とまあ…、ギリギリというのか、若干遅かったのです。取りあえず、入れてもらえて良かったです

P1000438_1

目の前の黒い壁には、水が流れていて、キラキラ光ってとても綺麗でした。

そして、赤い着物姿で入場した花嫁、友人をベタ褒めしますけど、本当に美しかったです。旦那様も男前な方で、美男美女ですね。

あっという間に、挙式が終わってしまいました。
P1000496_1_2

披露宴会場へ。
P1000626_1

新郎新婦入場〜〜〜宴の始まりです。
カンパ〜〜イ

P1000507_1

ここからが、ドキドキの始まりです。
実は、私、今日のこの日の為に、生い立ちのDVDを作っていたのです。私位のレベルで良ければとお受けしたのですが…。

会場でどのように映るのか自分で確認しておらず、友人から式場チェックOKでした…との連絡を受けていたものの、、、ドキドキひやひやでして…

しかも!!
お祝いの言葉を…なんだか緊張します。

司会の方に、折角ですので、お祝いの言葉と、どんな気持ちで作ったのかを話して欲しいとの事。

一気に、体温が上昇

一応、おめでとうと伝えられたと思います。

DVDの出来映えですが、若干文字が隠れた場所が1つありましたが、なんとか、観れました。そして、沢山の方に楽しんでもらえ、新郎新婦も喜んでもらえたので、ホッとしております。ご両親にも褒めて戴き、なんだか、本当に嬉しくて嬉しくて、ホロリしちゃいそうでした。

そんな感動的なDVDだったのか?と言われそうですが…
ちょび〜〜〜っとだけ、いたずらしましたの

だってぇ、若干の笑いは必要でしょ

穏やかな時間がゆっくり流れた訳ですが…

それでも早いもので、

P1000586_1

素晴らしい結婚式の締めくくりへと…。

不思議な縁で友人になれたこと。
いつも誘ってくれた友人に感謝。

これからもっともっと幸せになって欲しいですね

結婚おめでとう。
愛してる〜

さて最後に。
ごちそうを。
ヨダレを垂らしてご堪能下さい

Eat

|

« バイオリン LESSON67 | トップページ | 罵倒!? »

コメント

お洒落なお店ですね~。
河文ってお店、ぜんぜん知らなかったです。
丸の内ってビジネス街よね?
地図を見たら自分の結婚式の2次会をやったお店の近くだったわ

三脚は活躍しました?

投稿: わいるどきゃっと☆ | 2010年4月 7日 (水) 21時19分

>わいるどきゃっと☆さん

河文という料亭は知っていましたが、結婚式場だとは知らず。どうやら、プラン・ドゥ・シーという会社が「河文」を何年もかけて説得?し、「ザ カワブン」という名前で結婚式場をやっているみたいですね。

とてもお洒落でしたよ。
料理もおいしかったですし、司会の方も素敵で、とてもいい式場ですね

そうそう丸の内はビジネス街です。裁判所があるから法律事務所も多いらしいですし。だけに、飲み屋が昼間ランチもやる店も多いかも?そうか!!近かったんですね。方向音痴なんで

そう。三脚は使う事も無く終わりました。というのは、結婚式のテーブルって食べ物に飲み物に…隙間ないですガクー

投稿: ゆん | 2010年4月 7日 (水) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊張と感動:

« バイオリン LESSON67 | トップページ | 罵倒!? »