« スタジオジブリ・レイアウト展 | トップページ | Panasonicのホームベーカリー »

2010年6月15日 (火)

バイオリン LESSON76

バイオリンレッスンです。

「カイザー12」

早く進みたい私の気持ちを訴えると、
曲が長いので、ゆっくり仕上げましょうと。
焦って進む必要はありません…と。

気持ちは焦りますが、のんびり丁寧に行く事になるのでしょうね。

もう少し、腕を乗せて弾く事。
滑らかに弾ける様に。
音をしっかり外さない様にとって、弾く事。


pisces鈴木3巻#5「ガヴォット」

スラー、スタッカートをしっかり。
最初は、ピアノです。
もっとピアノを意識して弾く事。
本来は弓先で弾く方が、ピアノを表現し易いのですが、弾きにくいので、中間くらいの場所で、弾きましょう。

Gavotte001614

この「ラ」は開放弦で取らない。必ず4の指で。
「 ’ 」は呼吸を入れる事。
ここから、フォルティッシモです。全弓で力強く弾く事。
「シ」「レ」「ラ」の「シ」「レ」を素早く。「ラ」が長い。キチンと音符通りに。
ポジションを2ndに。取り方は、1stで小指を伸ばして音を取り、それで位置を移動すれば2ndで取れるとの事。1stで取ると移弦があり弾きにくいのでポジションを変更。すぐに1stに戻る。

Gavotte002614

トリルではないので、「ラ」「シ」「ラ」と弾く。それ以上沢山は弾かない。
シャープをもっと高く取る。
上手く弾けなかったら、「ソ」の後に呼吸を入れてもよい。そしてファソラとスラーで繋げて、「シ」で弓を返す。「ファソラシ」まで弾いてしまわない。

焦って早く弾きすぎるので、きちんとメトロノームで練習すること。
スラーの最後の音が流れ、だらしない音にせず、きちんと弾く事。
今は、淡々と弾いてる感じがあり、曲の面白みがないので、もっと表現して弾く事。音は、ほぼ、良く取れているが、ポジション移動をスムーズに。移弦もスムーズに。

と、覚えているのはこのぐらいで
2ndポジションは曲では使った事ないので、初チャレンジ。

山ほどの課題がありますが、まあボチボチやっていきますかね。

|

« スタジオジブリ・レイアウト展 | トップページ | Panasonicのホームベーカリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイオリン LESSON76:

« スタジオジブリ・レイアウト展 | トップページ | Panasonicのホームベーカリー »