« 震災の影響で | トップページ | エネオスカード »

2011年6月13日 (月)

バイオリン LESSON116

バイオリンレッスンです。
確かに先週、これで終わりっと仰っていましたが…。
やれたら#4を。出来なければ、#2をだったような??

今日は、#2はやらなくて良いですと。
もちろん今日から#4ですと。

あららん。#2を練習しつつ、微妙に楽譜を見たくらい、ヤッバい


 鈴木4巻#4「 協奏曲 イ長調 第1楽章(ヴィヴァルディ)」

ヴィヴァルディです。
イ短調と言えば、暗い悲しい感じ?
なのに、Allegroだから軽快にと先生が仰るのです。
じゃあ、どんな感じになるのよ?とパー子ちゃんの頭が混乱。どっちが優先?と聞いてみたところ、イ短調という曲調が変わるわけではないとの事。
イ短調の曲調に、軽快さを出すものだそうです。

ふ〜ん。難しいのね
相変わらず、どうも質問がおかしいらしいです。

細かいビブラートを必ずかけること。
左手の指をじたばたさせない。見た目もカッコ悪いし、そのせいで遅れる。無駄な動きはしないこと。
右手の弓はもっと早く。
弓にもっとしっかり腕の重みを乗せること。
人差し指と親指だけで重みを感じなさいとのこと。
弓が曲がらないように。
楽譜をみつつ、弓も見れるようにしましょう。

えっと、こんなもんでしたかね?

とにかく曲がどうのよりも、もっと基礎をしっかりって感じですかね???
カイザーも復活しますか?とのことですが、
来月からに

|

« 震災の影響で | トップページ | エネオスカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 震災の影響で | トップページ | エネオスカード »