« Ritz CHAMPAGNE | トップページ | バイオリン LESSON124 »

2011年8月30日 (火)

バイオリン LESSON123

バイオリンレッスンです。
関係ないけど、花粉ですかね…目が痒いし涙でうるうる。

 鈴木4巻#4「 協奏曲 イ長調 第1楽章(ヴィヴァルディ)」

取りあえず、最後まで達したのですが…

それよりも…、アップで抜ける事、ビブラート及び弓のスピードが一定でない事などなど、そこがダメらしかったです。
本来は、弓を沢山使わなくてはいけないのですが、
それでアップが抜ける位なら、弓の量を減らしてもいいからアップでも腕がしっかり乗った状態で、若干返すときが遅くなるのを直しなさいとの事。

自分ではよく判らないけど、

確かに、抜けてる感はあります。

後は、弾いているうちに微妙に音が高くなっていく癖があるらしいです。
特にファの音。
ポジションを移動して音がずれていくのか…???親指がしっかりずれていないのかを確認しなさいとの事。

レッスンで、腕上げて!とか言われて、なにやら変な力が入ったのか、背中?肩の右側が痛いです。なんでしょうね…。

|

« Ritz CHAMPAGNE | トップページ | バイオリン LESSON124 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ritz CHAMPAGNE | トップページ | バイオリン LESSON124 »