« 過敏性腸症候群 脱出大作戦!? | トップページ | 我慢は大敵といいますが »

2011年10月25日 (火)

バイオリン LESSON129

バイオリンレッスンです。
うっかり遅れる所でした

 鈴木4巻#3「 協奏曲 第5番 ニ長調 作品22 第三楽章(ザイツ )」

今日は、先週よかったのに、何故か、リズムがおかしくなったとか?
あれあれ?

またポジション移動が増えましたねぇ。
第2ポジション。嫌い!
だって、行き過ぎて3ポジになったり、あれ?何の音を何の指で弾くんだ?と判らなくなるんですよね…。しっかり練習して慣れましょうとの事です。

聴かせる部分は、もっともっと響かせて聴かせる様にしましょうとのこと。
重音だらけの箇所は、ゆっくり音をとっていけば、弾けるはずなので、ゆっくりやってみて下さいとの事。何度練習しても、音をとるのが嫌になるんですよね。重音は両方の音が微妙にでもずれると、いやぁな音が響き渡りますからね…。

さて、弦を変えたのですが、先生もA線だったかな?がラーセンらしいです。あれ?E線だったかな?A線(アーセン)とE線(エーセン)の読み方がいつもあれ?どっちだっけ?となるのです…

|

« 過敏性腸症候群 脱出大作戦!? | トップページ | 我慢は大敵といいますが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過敏性腸症候群 脱出大作戦!? | トップページ | 我慢は大敵といいますが »