« 過敏性腸症候群の下痢対策 | トップページ | 弦の交換 »

2011年10月17日 (月)

バイオリン LESSON128

久し振りのバイオリンレッスンです。
体調が悪かったので、行ける気がしなかったのですが、3週間も空いてしまうと、マズいのでなんとか行ってきました。

 鈴木4巻#3「 協奏曲 第5番 ニ長調 作品22 第三楽章(ザイツ )」

今週からは、こちらの曲。
前に飛ばした曲です。ビブラート練習の為に戻ったのです。

全く練習出来ていません…。

練習は出来なかったけど、このCDをiPodTouchに入れてよく聴いていました。

お陰で、先生の評価がものすごく良かったです。この曲は私に合ってるんじゃないか?との事。難易度とは別に、個人にとって弾き易さがあるそうで。確かに、嫌いじゃないですね、曲自体も好きですし。ただ、難航しそうな感じの曲です。

この曲は2ページですが…半分くらいかな?しかまだ見れていません。

その中でも、前半部分は良いとの事。
後半部分は、もっと音を鳴らす事。ビブラートで響かせて。

ポジション移動がよく判らなかった箇所。教えていただきました。
どうやら、3ポジから「レ」の位置で2ポジへ。なぜなら、その後に続く「ド#」「ファ#」を同じ弦で弾くため。他のポジションで弾くと移弦しなくてはならない。なので、2ポジへ降りるのが正解との事でした。

031128_2

032128_2

ここの部分は聴かせる。もっともっと響かせて聴かせる様に練習して下さい。とのこと。最後まで音を見ておいて下さい。

いやぁ…この後は、重音だらけの早い早い譜面をみて断念したんですわ。
ん〜っ。やっと体調も落ち着きつつあるので、頑張りますか


|

« 過敏性腸症候群の下痢対策 | トップページ | 弦の交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過敏性腸症候群の下痢対策 | トップページ | 弦の交換 »