« iTunesが不安定!! | トップページ | バイオリン LESSON131 »

2011年11月 1日 (火)

バイオリン LESSON130

バイオリンレッスンです。
レッスン前は必ずお腹が痛い。楽しみなのに、なんでだろう?緊張してるのかな???

 鈴木4巻#3「 協奏曲 第5番 ニ長調 作品22 第三楽章(ザイツ )」

今日は、私が余計なことを言いまして、失敗。
楽譜が読めないんですよね。そしたらそのレッスンをするとか。音もついでに覚えれるので、発声しながら読むとか。嫌だと断っちゃいましたけど

今までカイザーをやっていましたが、何か曲じゃなくて音?指?の練習?先生が色々おっしゃってましたけど、何だったか忘れました。来週、何やら楽譜を持って来てくれるらしい。カイザーより曲な感じがないので、練習には良いらしい。

私にとってはこれは、最悪ですね。曲だと、なんとなく間違ってる感があるので、だいたいの音を感覚でとっているので…。なんとなーーく、音が取れるのですが、曲調じゃないと、合ってるのか間違ってるのかがわからない。

でもぉ、きっと先生のことだから、来週になれば、言ったこと忘れてるよ、きっと

今日のレッスンはですね先週よりも全然前の方で、ストップがかかって、全く進まずでした。ビブラート!!スタッカート、クレッシェンド、デクレッシェンド。音が大きくなったり小さくなったりしないで、いつも同じ音。その中で、楽譜に書いてあるようにピアノで弾く場所、音の強弱をつけて歌えるように。
要は、止めるところは止める、中途半端らしい。しっかり弓を弦に乗せてから弾く。こうゆうのが、しっかりできないので、基本練習なんでしょうね…あ〜あ。でも、うまくなりたいな。自分の中で一番劣等感を感じるのが音楽。一番苦手。なのに何でバイオリンやってるんだろう?とか不思議でならないけど、脳科学的に言えば、苦手なものを克服できた時の幸福感はすごいものだそうで、だから気になってやめられないのだろうか??でもやっぱり、わからないけど、バイオリンは好き

|

« iTunesが不安定!! | トップページ | バイオリン LESSON131 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iTunesが不安定!! | トップページ | バイオリン LESSON131 »