« 歯医者の日 | トップページ | バイオリン LESSON133 »

2011年11月22日 (火)

バイオリン LESSON132

バイオリンレッスンです。
今日からホーマンも。

 ホーマヴァイオリン教本1#36,37
特に練習していく事はなく、ただ、レッスン時に初めて弾けばよいとの事。
先生と一緒に弾きます。先生がメロディーになるのかな?人の音を聞いて、合わせる事、楽しむ事、そして、自由に弾いてみるのもよいとのこと。凄く簡単な譜面なので、特に難しいとかは、ありませんでしたが、先生と一緒に弾くのはいいですね。なんか、きれいな音が聞こえてくるんです。間違いなく私の音ではないのですが、私の音も、先生の音によって綺麗に聞こえたりもするのですね?

 鈴木4巻#3「 協奏曲 第5番 ニ長調 作品22 第三楽章(ザイツ )」
こちらは、もう何度もやっているので、もっとビブラートや、指の使い方、弓の使い方等、それらを習得する事で音に幅が出るそうです。
とにかくへたな、ビブラートを習得せよとの事。
前の先生はどうおっしゃいましたか?と聞かれるのですが…?
ハテ?忘れてしまいましたね。その時も、難航してましたし。ハハハ
3パターン位あったと思うのですが?指、手首、腕?細かい動きから大きく動かすやり方と。所が、教え方はいろいろあるそうで、なかなか教えるのが難しいものらしいのですが、違っている様子です。指を動かすというより、指の角度を変えるだけ。そして小刻みに。他の指は動かさないで、ビブラートする指だけを動かすのだそうです。私の場合は、手全体が動くせいで、ビブラート時の指が滑る滑る。それを必死に耐えようとするから、ぎくしゃくした感じなのかもしれません?

|

« 歯医者の日 | トップページ | バイオリン LESSON133 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯医者の日 | トップページ | バイオリン LESSON133 »