« バイオリン LESSON132 | トップページ | 叫ぶ »

2011年11月29日 (火)

バイオリン LESSON133

バイオリンレッスンです。

 ホーマヴァイオリン教本1#43,46
初見で弾くのはとても難しいです。
とっても簡単な譜面なのに、よく間違えます。あれっとかあらっとか、ハッとか色々発声してしまう私。先生と一緒に弾くので、間違えると焦ります。
とは言え、こちらは、OKとの事です。

 鈴木4巻#3「 協奏曲 第5番 ニ長調 作品22 第三楽章(ザイツ )」
私に足りないものは、聴かせる事らしいです。
ビブラートも相変わらずダメで。ビブラートは最初からかけるけど、速度はゆっくりから早くなったり変化させるようにした方がいいとの事。
私のは、機械的でつまらない感じなのだとか。
確かに、音に豊かさとか皆無なのはよく判ります。

音程は良く取れるようになっていて間違える事もないので、とにかく練習するのは、音の強弱、ビブラート、弓の使い方。だそうです。
先生の指は滑らかに動くし、先生の音は、美しいし。
なんだろうなぁ…?
ビブラートの事で頭がいっぱいになると、右手の弓なんていい加減になるし。ビブラートが無い場所があれば、こりゃラッキーと言わんばかりに早くなったり。
まったく自由過ぎるみたいですね

|

« バイオリン LESSON132 | トップページ | 叫ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリン LESSON132 | トップページ | 叫ぶ »