« 憧れのmanfrotto 三脚 | トップページ | グラミー賞 »

2012年2月13日 (月)

バイオリン LESSON140

先週は、レッスンを諦めたので、今週こそは!!と。
まだ、ちょっと使い過ぎると、痛みます。昨日も、ベタベタシップを貼って今日のレッスンに備えました。

 ホーマヴァイオリン教本1#62,65

譜面には特に支持する記号はありません。
そこを自由に弾き、自分で作るのだと。

なかなか、それがよくわからない私です。

一度弾くと、曲というものが、なんとなくわかります。
同じ繰り返しや、フレーズ、それをうまく活かすのだそうです。

まだ、うまくはできないけど、なんとなく仰っていることは分かる気がして来ました。

 鈴木4巻#3「 協奏曲 第5番 ニ長調 作品22 第三楽章(ザイツ )」

今日は、久しぶりに一番最初から。
だんだん早くなるので、しっかりリズムを守りましょうと。

また、ビブラートで聴かせる場面。
最初はビブラートをしないで、だんだん強く早く。
それにより、豊かな音になる。
先生に聴かせてもらうと、とても違いがよくわかります。自分ではまだ出来ませんが、練習してみようと思います。

あと、手が痛くて動かなくなった事により、いいこともありました。
今までのビブラートですが、弦を思いっきり押さえて、ビブラートをかけようとすると揺れないので、もっと激しくビブラートをかけようとすると、指が離れそうになるので、またすごく力を入れて押さえいました。
ですが、手が痛く、力を入れて押さることは不可能。そんな時、取り敢えず、力が抜けた状態でビブラートを掛けてみると、結構ビブラートがかかりました。

しっかり抑えなければいけないけど、今までは、過剰に力を入れすぎたのかもしれないと思いました。

先生も、ビブラートが良くなったとおっしゃってくれました。
すこし、わかったような気もします。まだまだですが…。

まだ、練習をすると翌日痛くなったりするので、様子を見て少しずつしか出来ませんが、ぼちぼちやっていこうと思います。レッスン後はやっぱり、手の肘から下が重くジンジンしてます。来週はレッスンおやすみなので、また再来週です。

|

« 憧れのmanfrotto 三脚 | トップページ | グラミー賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憧れのmanfrotto 三脚 | トップページ | グラミー賞 »