« バイオリン LESSON146 | トップページ | ブックエンド »

2012年4月16日 (月)

バイオリン LESSON147

今日は、時間を忘れていたようで、うっかり遅刻しそうでした。
一つの事しか出来ないので、何かやっていると、よくこういった事態に陥ります

 ホーマヴァイオリン教本1#118,122 

頭の音をしっかり弾いてください。
後は特にでした。

カノン 

なぜか、今週から、先生の意向でカノンです。
こちらの曲は、音の綺麗さをトコトン突き詰めて弾く事。
いかに、きれいな音を出すかだそうです。
初っ端から、先生とアンサンブルですね。
速攻、半分くらいで転覆ですわぁ…。
先生早いし、わーひゃー叫びましたね。ハハハ。
良く知っている曲なのでなめていましたね。
先生についてゆけなくとも、途中で入れといわれましたが、結構大変ですね(^_^;A

 鈴木4巻#5「 協奏曲 イ短調 作品3-6 第3楽章(ヴィヴァルディ )」

最初の、スタッカートの部分が、どうも音が汚いとのこと。
弦に弓を置いてから、ひっかけたように弾く。
これが、出来ていないので、なにやら、はっきりしないらしいです。
トリルはもっと多く。
そのぐらいでしかたね。

さて、なんだか最近は練習する事が多いのでなかなか大変ですが、まあ、ぼちぼちやることにします。

|

« バイオリン LESSON146 | トップページ | ブックエンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリン LESSON146 | トップページ | ブックエンド »