« バイオリン LESSON162 | トップページ | バイオリン LESSON163 »

2012年9月 8日 (土)

空へ

久し振りの便りは、なんとも悲しいものでした。

大学時代から、英語の勉強と、空港でのアルバイトをし、
夢を叶えた友人。

忙しさの中でも頑張っている姿に尊敬するばかり。

もちろん元気に笑顔で頑張っているものだと思っていたのですが…

そんな彼女が亡くなったと聞き、私の頭は、なにがなんだか…。

最後のお別れに行ってきました。
1年半位前くらいから、癌を煩っていたそうです。
手術をし、頑張っていたらしいです。

私は、ここ3、4年くらい友人らに会っていませんでした。
ただ、過敏性腸症候群くらいの腹痛下痢による外出が不可能になっていたから。

命にも別状の無いような、言ってみれば、ただの下痢です。
確かに、痛みと下痢で外出は出来なかったのは事実ですが…、重病でもないのに、自分だけが苦しいように…。

皆と会える日にお出かけできず。
癌になっていたことも知らなかったし、人が辛い時に何もしてあげられませんでした。

この、ちっぽけな自分が情けないです。

悔しいです。
嫌いです。

夜遅くに連絡が来た翌日、皆が集合しました。
東京やら大阪から、産後間もない友人も。

空港関係からのたくさんのお花が届いていました。
セントレアも関空も。
車のナンバーも様々。関西も名古屋も彼女の地元も。

椅子の席は足りず、参列者が多く、外まで飛び出していたみたいです。
おそらくは、空港の方々なのでしょうか?同年代の方々が、悲しみにつつまれていました。たくさんの方々に愛されていました。

空港で勤める事が生き甲斐のように楽しそうにしていました。
外資系の会社に転職して忙しさの中でも、愚痴も言わずに頑張っていました。

何故、そんな彼女を、遠い空の彼方に連れて行ってしまうのでしょう。

神様は、意地悪です。

笑顔で空の旅を見送ってくれる彼女は、空へ旅立ってしまいました。

2ヶ月くらい前にはバリ旅行にも行けたみたいです。
もうすぐ誕生日だったのに。
誕生日にはメールをしていたのに…。

最後は病院だったのかな?
最後は苦しまなかったのかな?

いろんなことを想像して、考えて。

辛かっただろうに。

まだ、彼女の顔をみても、見送っても、現実は受け止められていません。
未だに、なにがなんだか…。

ただ、強くなりたいって思いました。
優しくなりたいって思いました。

後悔の無い人生を送りたいって思いました。

短い人生の中で、一生懸命生きた彼女は、今はゆっくりしているのかな?

生かしてもらっている私は、もっとしっかり生きなくてはいけません。
こんな私じゃダメです。
彼女の分もしっかりしなきゃですね。
悔いの無い人生を送る事が私たちの使命なのかもしれません。

|

« バイオリン LESSON162 | トップページ | バイオリン LESSON163 »

コメント

読みました。辛いですね。辛いです。
私もゆんさんと同じ思いです。
強くなりたいです。
とても愛されていた方なのですね。
心よりご冥福をお祈りいたします。

投稿: ヘンリー3世 | 2012年9月 9日 (日) 15時51分

>ヘンリー3世さん

こんにちは。
初めて味わう感覚でした。
悲しさとともに、空虚感に襲われました。
しばらくして、自分が生きている有り難さもわかりました。
強く、優しく、後悔の無い人生を送りたいですね。

私も愛されるように生きたい…
彼女の分も元気出して生きて行きましょう〜

投稿: ゆん | 2012年9月 9日 (日) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリン LESSON162 | トップページ | バイオリン LESSON163 »