« かりんとう | トップページ | 過敏性腸症候群と塩麹 »

2012年11月13日 (火)

バイオリン LESSON169

バイオリンレッスンです。
久しぶりに、出かけても、バイオリン行っても、お腹が痛くありません。
なんか嬉しい。
このまま続くといいな。

 ホーマヴァイオリン教本1#メヌエット (バッハ) 

今日もやってません…。

 鈴木4巻#5「 協奏曲 イ短調 作品3-6 第3楽章(ヴィヴァルディ )」

この曲を保留にして…次の曲へと…。
次の曲でもめてて…。いや、ただ、決まらなくて。
休み中に、先生に連絡してって言われていたけど放置してたんですよね。
だって、聞くと好きな曲と、弾くと嫌いな曲って結構の確立で一致したり。楽譜みると、難しそうだったり。相談と言っても、相談にすらならない感じで…。連絡出来ず…。

取り敢えず、今日はこの曲(鈴木4巻#5「 協奏曲 イ短調 作品3-6 第3楽章」)をやりたいと申して、レッスン開始。
早い箇所で指がバタバタ動き過ぎる。もっと小さく動かせないのかと。そうなんですよ。これは、一生懸命弾けば弾くほど、バタバタ大きく動かしてしまいます…。

弓が曲がる。これは前々から言われていること。
そして、手首をしっかり使うこと。全然使えていない。
元で弾いた時に、指が当たるときだけ、立てるのだそう。


弓の使い方を、いろいろ変えることによって、曲に変化がでるものだと。
これ、何度も注意されているんですけど…
レッスンに行くと、そんなのそっちのけで、必死になり…怒られます。
弓の使い方ねぇ…。この数カ月、全く上達しておりませんね。

あああ、なんでだろー。
悔しー。

さて、結局、この曲、1度通して弾いて、特に何をレッスンていうこともなく…。今、私が出来ないことは、この曲に限ったことではないので、そんな感じで終わりでした。合格ではないです。とにかくスムーズに弾けませんね。

そして、結局、次回は「2つのヴァイオリンのための協奏曲第1楽章[第1バイオリン](J.S.バッハ)」を弾くことにしました。色々決めるのが、面倒と言うか、これってものが分からないので、取り敢えずこなそうと。

4巻に第2バイオリンの譜面があるのですが、どうやら、第一バイオリンをやりましょうと言うことで…。5巻購入です。(5巻に「2つのヴァイオリンのための協奏曲第1楽章[第1バイオリン](J.S.バッハ)」の譜面が載っていました)

しかし!!高い!!!!!
なんで、スズキの教本は高いんでしょうね…。CD付きだからかなぁ…。

【紀伊國屋書店】鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集 〈vol.5〉

【Amazon】スズキメソード 鈴木鎮一 ヴァイオリン指導曲集(5) 新版[CD付]

|

« かりんとう | トップページ | 過敏性腸症候群と塩麹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かりんとう | トップページ | 過敏性腸症候群と塩麹 »