« バイオリン LESSON177 | トップページ | 横浜中華街の招福門のおみや »

2013年1月28日 (月)

バイオリン LESSON178

バイオリンレッスンです。
レッスンに到着して、バイオリンを持ってビックリ。
この圧力のなさ…。
弦がゆるみまくっています。
あああ…何故でしょう。
駒が倒れなくて良かった…けど、どうしたらこんなに緩むのか。
自分で直さなくても、レッスンで先生にやってもらおうとちょっとだけ締めて放置。後は先生へ。
で、先生に叱られるの巻。あらら、やっぱり。

ホーマンヴァイオリン教本1#メヌエット (バッハ)

保留中。

鈴木4巻#5「 協奏曲 イ短調 作品3-6 第3楽章(ヴィヴァルディ )」

保留中。

鈴木5巻#7「 2つのヴァイオリンのための協奏曲第1楽章(J.S.バッハ)」

この曲は、先週、かなり必死に練習しまして
なんとか終わりました。

今日は、新しい曲を何にするかを検討して、
結局、レッスンもせずに終わってしまいました。
あらら。

でもま、いっか。

次回からは、「Salut d'amour(愛の挨拶)」です。

取り敢えず、弾いてみる?ってことでしたが、
取り敢えず、練習するために、ポジションを教えてもらおうと。

先生曰く、だいたい3rdでいい。
けど、音程重視なのか、弾きやすさは、ひとそれぞれだから、弾いてみてその結果、先生に相談しつつ決めたほうがいいとのこと。
どうしても弾きにくかったら聞いてとのことで。
本来は、楽譜に書いてある指番号が弾きやすいけど、それも人それぞれなので、なんとも言い難いとの事で…。

取り敢えず、練習することに。

なので、今日はだらだらな感じで、レッスンしていないですね。
また来週から、頑張ります。
自分が弾きたいとお願いした曲です。頑張ろうっと。

|

« バイオリン LESSON177 | トップページ | 横浜中華街の招福門のおみや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリン LESSON177 | トップページ | 横浜中華街の招福門のおみや »