« 書類整理 | トップページ | フォトストリームが使いたくて »

2013年2月18日 (月)

バイオリン LESSON180

バイオリンレッスンです。

ホーマンヴァイオリン教本1#メヌエット (バッハ)

保留中。

鈴木4巻#5「 協奏曲 イ短調 作品3-6 第3楽章(ヴィヴァルディ )」

保留中。

Salut d'amour(愛の挨拶)

憧れの曲を始めた訳ですが…、なかなか難しいです。

ハーモニクスを多用すると、飽きてくるので、変化を付ける意味で、ポジションを移動して押えてもいいかも、との事。

01_2

このよく判らない譜面。
この前、聞き間違えたかも…。
違いました。下の音を半分だけ押えて弾くらしい。
1の指でラ、2の指でシを半分だけ押える。
そうすると、上の音に聞こえる?らしい?
ちなみに、私がやると、嫌ぁな音が出ました…。ラの方がどうも…。シの方がまだマシな音でしたねぇ…。

あと、5th位まで上がったときは、
押える指が、寝ないこと。必ず縦に押える。指が少しでも横になると音が狂う。上がれば上がっただけ、幅が狭くなるので、接点は小さくならなくてはダメ。
上の方に行くと、どーーーしても、苦しくなって、押えにくいし、指が斜めになってしまうんですよねぇ…。

音を正確に取ること。
♯やら♮が複雑になると、どうも曖昧になってしまう…。
必ず、半音か1音しかないわけだから、曖昧にならないこと。

実は途中で力尽きまして…、最後の方の練習をしていかなかったのですが…。段々嫌になってるのを見透かされ…、最後まで行くよと。
最後の方の譜面には、GとかDとかって書いてあって、どうやら、書いてある線で弾きましょうってことらしいのですが…。低い音なのに…、Gと書いてあれば、G線で5thとかまで上げて弾かにゃならんらしい。他の線で弾けば、1stの守備範囲ではないか!!
って事で、ここは、難しいので、まずは1stで良いとのこと。
音程重視。
弾けるようになって、遊べるようになったら、変えてみるのも面白いとか?とは言いましても、弾けるようになったら、もう変更なんて融通は効きませんよ、私の場合…。基本的に指で覚えていますからね。ポジション移動も、何となく指で覚えてしまっていますね…。

なんだかんだ、ヒーヒー言いながらも、何とか最後までたどり着きました。

先生曰く、とてもいい感じできているそうです。
このまま続けて、練習するようにとのこと。
音の正確さと、後はリズムもおかしいところがあるので、きちんと譜面を見て弾いてくるようにとのことでした。

最近、このCDをよく聞いていますが…
なんて美しい音色なんでしょう。
そして、なんでそんな美しくなるのだろう…と、バイオリンの響きって不思議ですね。少しでも美しい音にしたいけど、難しいですね。押さえて弾く分には何ら変わらないはずなんですけど、何がそんなにも違うのか…。奥が深いです。

|

« 書類整理 | トップページ | フォトストリームが使いたくて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書類整理 | トップページ | フォトストリームが使いたくて »