« バイオリン LESSON186 | トップページ | バイオリン LESSON187 »

2013年4月10日 (水)

TM Violin Lesson1

5年近く習っていた先生が、私の習うレッスン場を辞めてしまったので、同先生が個人で教えているレッスン場に通うことにしました。

なので、現状は先生が二人。(前のレッスン場にも通っています)
あんまりダブルレッスンは良くないって言われますが…。
出来れば、こちらの先生のみのレッスンにしたいけど、色々諸事情もあるので、取り敢えずは、ダブルレッスンになるのかな…?ま、いいのです。私はこの先生が大好きなので、先生のレッスンさえ受けられればいいのです。

今日という日を、どんなに楽しみにしていたか。
って、2週間ぶりとか、全く開いていないはずなのに。

今月、友人の結婚式があります。
先生が辞めるって判った後に、結婚式にViolinを弾いてくれないか?という依頼?がありまして。しばらくどうするのか…悩んで、先生が丁度忙しくて、なかなか相談も出来ずで…。とかいって、その忙しい時にこそっと相談してしまったのですが…。せっかくなら弾いてあげたらいいのにと。ま、相談したら、この答えは見えていましたが。ただ、先生がレッスンしてくれるかどうかが焦点でして。快諾してもらえたので、どんな演奏になるのかは、不明ですが、自分なりの精一杯でいいと思うので、頑張ろうと決めました。

自分だけの力じゃ出来ないので…先生を巻き込んでいますが。

曲は、先生に決めてもらいました。というか、時間が無いので、「愛の挨拶」は間に合わないし。というか、結婚式にぴったりな曲なはずですが…。でも、結婚式にいい曲ということで、あの、トリノで荒川静香さんが使われていた曲「you raise me up」がいいよと。

YOU RAISE ME UP

今日から、この曲をやります。

楽譜は前もって先生に送ってもらっていました。
一人で、練習はしていたのですが、譜面をみれば、全て1stポジションの守備範囲。つまりは1stだけでも弾けるわけです。
ただ、きっとそれじゃつまらないでしょ、と先生が仰るはずです。
そこで、youtubeで沢山の方が演奏されているのを、じーっと眺め、研究して、まあ皆さん、自由に弾かれています。正解はないのですが…、どうすればと悩みつつ、練習をしていました。

結局、今日全て、解決。一週間ぐらい悩んでポジションを考えたりしたいたのが嘘のよう。やっぱり、先生に教わるが一番でした。

何でそこで、1stに戻るの?と怒られながら…。
だって、同じ指で弦を跨ぐと弾きにくいから、ポジション移動でごまかそうかと思ったら、バレて怒られました。(笑)

久しぶりに、怒られまくりました。
「姿勢が悪い」「拍をしっかり」「ほらー何回言ったらわかるの〜?1音開く場合は指1個入るはずでしょ」「その音、低い!」「音が1個抜けた〜楽譜見てないからでしょ」とまあ、久々のいい響き。

私はドMか?

まずは、ポジションと弓を決めました。
小節の最初の音は、出来る限りダウンで弾いたほうが良いとのこと。
ただし、前の小節から続いている場合は、関係ない。
後は、スラーで弓を調整したり、弾き方を決めました。

大前提は、これが弾けるようになることですが、
曲の表現をどうするかは、自分次第で考えて弾きなさいとのことでした。先生に弾いてもらって録音して帰ろうと思ったのに却下されました。それは先生の弾き方であって、固定されてしまうので、それで練習するのはよくないとのこと。

姿勢を良くすること。G線が弾きにくかったら、楽器を前に落として、前に重心をかけて弾けばよい。肩が上がって力が入らないように。
弓が曲がるので、しっかり意識して弾くこと。
リズムはアバウトにしない。最初からリズムは守りなさい。とは言え自由に表現してもよいが。

取り敢えず、方向性はみえたので、あとは自分で練習を繰り返すだけ。
また、弾けるようになったら、聞かせれるように練習をする事。

今日のレッスンは以上。

|

« バイオリン LESSON186 | トップページ | バイオリン LESSON187 »

コメント

ゆんさんは、仰るとおり、
(ド)Mだと思う(笑)

ド~はドーMのド~♪
レーはレモンのレー♪
(レから普通になっちゃった)

音楽のことや楽器のことは
むつかしくて、よく分からないけど、
心から応援してるよ~
練習、大変だけど、頑張って!!

投稿: ヘンリー3世 | 2013年4月10日 (水) 22時50分

>ヘンリー3世さん

こんばんは。
あらら、私ったら、ドMでしたか(笑)

レーはレッスンのレ〜♪

字余りになっちゃった。

是非応援してください!!
練習は、楽しんでやります。
綺麗に弾けるようになるといいのですが…。時間がない時間が!!

投稿: ゆん | 2013年4月11日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリン LESSON186 | トップページ | バイオリン LESSON187 »