« バイオリン LESSON189 | トップページ | TM Violin Lesson4 »

2013年5月 9日 (木)

リングノートカスタマイズ

ルーズリーフを作るために用紙に穴を30個開けるグリッサーという商品を購入しまして、ファイリングに大活躍な訳ですが。(アナログなゲージパンチもオススメ)



楽譜も出来るじゃん!

楽譜は、A4、A3プリントして使っています。厚紙や画用紙、コピー用紙を重ねたりして、製本しています。1枚だけの場合は、製本もしませんが。
ただ…クリアファイルに入れてしまうと書き込めない。イチイチ出すのは面倒。と、不具合がありましてね。ボロボロになっても、糊でつけちゃうので、作り直しになります…。糊を綺麗に付けないとシワになるし。歪むし。

そこで見つけちゃったのは、楽譜ファイル 「FREE×FILE Super Note」 リング式というもの。コレだと、楽譜に書き込めるのに、リングファイルになっています。

購入しようと思っていたのですが、そのうちと思いながら、まだ購入していませんでした。

そして、閃いてしまいました。
楽譜もリングノートにできないかと。普通のルーズリーフのファイルじゃだめなんですよ。180度も綺麗に開かないから。すぐに閉じてしまいます。
リングノートの利点は、360度綺麗に開くこと。(折り返せる)そしてめくりやすい。楽譜にモッテコイですよ!!そして書き込めますし。素晴らしい!!リングノートは通常は差し替えできないものですが、目指すはツイストリングノート(差し替えが出来るもの)。これがなかなかないのですね。

Img_4867_2
リングノートといえば、リヒトラブですが…リングが細いからなのか?独自の穴のピッチでしてね…。ダメです…。(学生時代に何度も痛い目にあった)
そこで見つけたのが、カールから出ています、
製本カバー(表紙)ルーズリングルーズリングジッパー
ジッパーは、なくても大丈夫ですが、30個パチパチやるのが面倒なので、これで一気にやると楽ちんです。(ちなみに、間違えてB5カバー買ってしまった…オッチョコチョイ)
ルーズリングはハサミで切ればいくらでも小さいサイズに対応してくれるスグレモノ。リヒトラブからも「スライドリング」という製品があるみたいですが、切ることはできないみたいです。

気を取り直して、ファイル作ってみた。
Img_4872

いい感じであります。
Img_4889_2

綺麗に360度開きます。そして、台紙があるので、譜面に書きこむ時にふにゃふにゃして書けないということもありません。まさに、お手製ノートブックです。素晴らしい。狙ったものになった!!

ルーズリングを切った余りの活用法も考えてみた。
メモ帳になりますね
Img_4875

ところで、私の好きなリヒトラブの目指しているツイストリングノートですが…、色々調べていたら見つけちゃいました。一般的な穴のピッチの製品。A4サイズです。なかなか見たことがないです!!コチラの商品はクリアファイルですが、自分で穴を開けて綴じるので、クリアファイルもあると便利だし丁度いいのではと思って買ってみました。

Img_4884
A4 30穴 イージーチェンジ クリヤーブック AQUA DROPS N-1482


作ってみます。横幅が若干大きいですが、問題はないですね。
ファイルが樹脂?なので、強いかもしれません。
Img_4885

リヒトラブのファイルは、左側を上、右側を下にファイルを引っ張ると開きます。なかなかの優れもの。バネがついています。閉めるのは手で、パチパチやりますが、カールよりもすぐに出来ます。リヒトラブから、「スライドリング」というカールの「ルーズリング」同様のものが出ているみたいですが、このファイルの形状とは違っていて、開閉方法が違います。(ちょっと面倒)このファイルに付いているリングだけを個別に売ってたらいいのに!!

Img_4886

違いはどんなものかといいますと。
右の白色がカール。左の透明がリヒトラブ。
形状共にさほど代わりがないかなと思われます。
Img_4894


上から見てみると。
Img_4895
ちょっと分かり難いかもしれませんが、左のカールは真ん丸。
右のリヒトラブは、背の所にバネが入っているので芯があるのでしょうね?形状的には、若干その部分が平たくなっています。

かといっても、180度どちらも綺麗に開きますし、裏側に回して(360度)も問題はない。

カールの製本用の製品が、普通には置いていないことが多く、取り寄せとかになってしまうので、ネットで購入しましたが、ネットだと送料が小物だと料金に対してアンバランスな感じになるのが残念ですねー。でも、まあ、お得意のまとめ買いをすれば、ネット価格なので、普通に送料分の元は取れますが。

どちらも、いい感じですね。
カールの表紙は普通の厚紙なので、落ち着いていていいかなとも思いますし、リヒトラブは、汚れとか水に強い樹脂でしょうし。若干つるつる滑るのが気になりますが。

どちらも良好です。自分で作れば、安上がりですし。確かに、30個穴を開けるグリッサーゲージパンチが必要ではありますが、いいですよ。とても。とても。表紙が色々選べないのが欠点ですけどね。コスパに優れた厚紙とか探しても良いかもしれません。ただ、穴を開けられる厚みに限度がありますが…。

リングノートカスタマイズ(自作編)

|

« バイオリン LESSON189 | トップページ | TM Violin Lesson4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリン LESSON189 | トップページ | TM Violin Lesson4 »