« 快適クロネコメンバーズ | トップページ | バイオリン LESSON189 »

2013年5月 6日 (月)

ルーズリーフの穴開け

ルーズリーフにファイルするときは、普通のコピー用紙とかで印刷したものとかは、できないから、いちいちルーズリーフに貼りつけてファイルしています。どうも面倒。

昔、ルーズリーフの穴を開けるヤツがあったなぁと。ゲージパンチ とか言うやつね。アナログな感じのやつで、値段もお手頃で何回か移動しながら、パチパチやると、30穴開けれます。

しかし、グリッサー とか言う商品もあるのね。

なかなか優れもの。一気に穴が開いちゃうってやつ。

買ってみた。
Img_4865
こんな箱に入ってる。でもデカイ!!持ち運ぶ人は絶対、ゲージパンチがいいよ。
Img_4870
カール事務機器が出してる商品。カールの商品は色々使ってきましたがなかなか良いのですよ。裁断機とか、とても綺麗に切れます。

これは、用紙をA4とか書いてある位置にセットして、まあるい青いやつを反対方向へカタカタっと動かすだけ。なめらか。綺麗!!ん〜〜グレイト!!コピー用紙5枚くらいまでって書いてあります。確かに、そのくらいが適切な感じ。

ふふふふ。いいですね〜。
ファイリングが楽になりました
ゲージパンチとグリッサーだと値段も結構違います。
一度に出来る量は、同じ。大体5枚くらい。枚数が多かったらグリッサーの方が楽です。ゲージパンチの方が、挟む手間とパンチを移動して押していく手間があるので。でも数枚なら、ゲージパンチで十分です。じゃまにならないし。これで、ルーズリーフを買わなくてもいいです。そして、なんでもファイル出来ます。紙の大きさも様々でも関係なくファイル出来ます。

|

« 快適クロネコメンバーズ | トップページ | バイオリン LESSON189 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 快適クロネコメンバーズ | トップページ | バイオリン LESSON189 »