« ヤッターサザン復活35 | トップページ | バイオリンの掃除 »

2013年6月28日 (金)

アジャスター

Img_0657
Img_0660
こちらは、バイオリンのアジャスターです。
左がボールエンド用L字型アジャスター。ドイツ製 ウィットナー社製(Wittner)。
右側の小さい方が、ループエンド用ヒル型アジャスター。ゲッツ(Goetz/Gottz)製。色は、同じ黒とゴールドにしてみました。お値段は、何故か、ヒル型アジャスターは、L字型の4倍もします。ちっちゃいのに。何故でしょうね???

Img_0663

もともとバイオリンに付いていたのを外してみました。
ウィットナー社製(Wittner)。ですね。色が色々あり、品番が違うのか?値段もそれぞれだったりしますが…?

さて、このアジャスターですが、私のバイオリンはE線だけにつけています。全部につければ、重みも増えるし、アジャスターは微調節のみに使うものなので、ペグで調整する方が良いということ。調弦がうまくいかない場合は、全部にアジャスターをつけるということ。プロの方でも全弦につけていらっしゃるかたもみえるらしいですが、先生によっても考え方は様々です。

私のアジャスターは、どうも永年劣化?なのか?下側のネジでバイオリンに装着しているわけですが、良く緩む。しかも、音の調整が全然出来ない!!私の場合は、E線さえもアジャスター使わずに、いつもグリグリペグで調整してました。E線は、ペグで調整するのは結構大変!!アジャスターの良さが判らなかった私には、こんなもんかと思っていました。

そろそろ弦を交換しなきゃと思っていまして、
皆さん、ヒル型のアジャスターがバイオリンに付いていらっしゃるんです。
バイオリンを買った時につけてもらったのがヒル型だったからとの事。

沢山の疑問が湧いてきます。
見た目は、L字型は、見た目も長い分、前にせり出します。
つまりは、他の弦よりE線のみ短くなる。つまりは、振動率の問題はどうなるの?とgoogle先生で調べても先生に聞いても、特にこれといった回答は得られませんでした。

じゃ、両方買ってみようと思いましてね。(笑)
イチイチ弦交換のたびにアジャスターまで交換したりは普通しないでしょうが…。どちらか気に入った方を使おうかしらと。ボール型の弦の在庫を持っているので、L字型でなくては、その在庫が使えなくなりますし。でもヒル型も気になるし。と言うことで、両方買ってみました。

Img_0665
まだ…弦は交換していないのですが…、逸る気持ちが抑えられなかった(笑)ので、L字型の購入したアジャスターをつけてみました♪
見た目も、何となく、黒とゴールドで可愛いです。ピアスとかもゴールドが好き♡

さて、肝心のアジャスターの機能。
調弦してみると。( ・∀・)イイ!!
なめらかに回るし、音も、きちんと上がったり下がったりします。
やっぱり、壊れてたんですね(笑)ネジが馬鹿になっていたのかもしれません??

こんなことなら、早く交換すべきでしたね〜。弦を何度も切りましたけど…、アジャスターより弦の方が高価だったりします。L字型は。

そのうち、またループ型の弦も届くので、交換してみようと思います。
アジャスターのネジの頭ですが、L字型より、ヒル型の方が大きくて回しやすそうです。無駄に、重さも量ってみました。L字型が5g、ヒル型が4g。L字型は、テールピースの下、前に金属部分が出るので、万一、外れた場合は、もれなくバイオリンの胴体が傷つくような?しかも、その近くには魂柱が…。振動で倒れたりしたら、最悪です。別の弦ですが、ボールが当たって、テールピースの下に若干凹んでしまったこともあります…。ヒル型は、テールピースの上にちょこっと乗るだけなので、安全かもしれませんね?ヒル型に付けるループ型の弦は、確かに切れやすいそうですが…バイオリンが傷ついたりするよりも、弦が切れるぐらいの方が随分といいでしょうしね。

色も形も、好みらしいですけど。

|

« ヤッターサザン復活35 | トップページ | バイオリンの掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤッターサザン復活35 | トップページ | バイオリンの掃除 »