« 弦交換とアジャスター交換(覚書) | トップページ | バイオリン LESSON195 »

2013年7月 1日 (月)

TM Violin Lesson8

バイオリンレッスンです。

Menuet (Bach)

メヌエット。すっかり昔の曲なので忘れちゃいましたが、今度弾くのでちょっとレッスンです。

100%の力で弾いているのか?と。
いい加減に弾いていないか?もっと全力で弾きなさいと。
ふむ。確かに、久しぶりの曲なので、ただ譜面の音符を追って弾いているだけというのが正しいかもしれません…。

もうちょっと早く。94ぐらい。

途切れないように弾くこと。
戻すのが遅いから遅れる!
もっと腕をのせて。
フォルテは、もっと力強く、もっと早く。ピアノになったら、一気にピアノに、弓の速度はゆっくり。ピアノとフォルテの弾き方の違いを大げさに変えなくては、まったく伝わらない!!

とまあ、舐めてかかってはいけません。(笑)
簡単な曲でも、聴かせるって事は、それなりに弾き方が違うのですよねぇ…。
そうですそうです。先生が弾いたのと私が弾いたのでは全く、違うこと。弾き方に色々あるのでした。いい加減に弾かないことでした。

Eine Kline Nachtmusik I (Mozart)

さて、こちらも。
今日は、弦を変えた直後で、どうもまだしっくりこないですね。

トレモロが、早い。早過ぎる。早くなる。
何度弾いても、何故か、早くなってしまいます。
カウントしているつもりですが、途中でよくわからなくなるんですよねぇ…。

もう1個、トリル。
このトリルのある箇所。これも、なんか慌ててトリルが中途半端。
他はよいけど、ここだけなんとかしようとのことですが…。
ここ、練習してるんですけどねぇ、ゆっくり弾けば弾けます。
でも普通に弾くと何故か、トリルが端折られる…。うーーーん。何故弾けないのか?なんか変な中途半端なトリルになってしまいます…。

後は、いつものように、弓の返しが遅いこと。
間に合わなくて、準備をせずにそのまま弾くこと。
などなど。

|

« 弦交換とアジャスター交換(覚書) | トップページ | バイオリン LESSON195 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弦交換とアジャスター交換(覚書) | トップページ | バイオリン LESSON195 »