« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

ひらめ亭

珍しくも、久々のグルメ日記など。

滅多に外食しないので、なかなか最近はグルメ日記がないですねぇ。
ですが、久々の外食です。

「ひらめ亭」というお店。
海老フライで有名な、マルハの系列?姉妹店?らしいです。
こちらは、マルハは、エビフライって感じですが、こちらのお店は、コース料理やら、お魚やらが沢山あります。

Img_2650
エビフライの単品。
デカいです。2本入り。お持ち帰りもできます。

Img_0760
こちらは、たまたまの本日のお勧めの看板にあったので、頼みました。大好物のウニでございます。

Img_0761
車エビの塩焼き。
今日のはちっちゃめ。なので2匹ですね。
確か大きいと1匹だったと思います。

あとは、うっかり食べてしまったので、写真はありません。
穴子とか、にぎりも美味しいですねー。満足です。もうちょっと近いと言うことなしですがねぇ。ま、半田インターからはスグです。

ひらめ亭
愛知県知多郡武豊町字平井6-107
定休日 火曜

| | コメント (0)

TM Violin Lesson14

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#8
1拍目にアクセントを付ける感じで弾きましょう。
足をとじで弾かない。(←これ、私の癖。妙に足をとじて、直立状態で弾いている)
スラーが途切れないように弾きましょう。練習する時も、絶対に切れないようにしましょう。弓が何が何でも止まらない!!
重くならないように。
手首をしっかり使いましょう。使わないと気持ち悪いという感覚を持たなくてはならない。まだ、弓元が使えていないので、絶対に、ギリギリいっぱいまで元を使うようにしましょう。

絶対に、弓をみて。(先生をみない!!←怒られるかなぁって、いつもチラチラ先生をみているので、気が付かれて怒られる訳ですねぇ。)


Eine Kline Nachtmusik II (Mozart)
スラーが途切れない事。
手首を使って。
弓を見て弾きましょう。

意識しましょう。いつも、先生に指摘されない限りは、どうも手首の事、スラーも忘れているみたいです。意識したら、きちんと、音も良くなってるし、全てにおいて良くなっている。意識しましょう。

移弦がないように、ポジション、上がりましょ。
おやすみは、音を残して。

1楽章と同じように弾かない。
2楽章は、そんなに鋭く弾かない。もっと、優しく。出来るだけレガートで弾きましょう。

音符を1個1個追いすぎるから、合わない。
どうも、休符のタイミングがオカシイらしいですね。
どうも、1stと合わせると、音を聞き過ぎて自分のリズムが狂うらしい。

Eineklinenachtmusik_vn24
この箇所。
指だけで動かす。が、むずい。
早く小刻みに。
音程がオカシイ!!とのことでした。

とにかく、どこもかしこも、合わずに、大変です!!
一人練習は、自由に弾き過ぎているので…いけませんね。カルテット練習会までになんとかしなきゃ(^_^;A

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

ちょっとだけ。
リズムが、なにやらおかしい。間延びしているとの事で。
結構、早い。
上に上がった時に、肘を中に入れなければ、絶対に音が取れない。

という訳で、早くて高い!!
この攻略が大変ですね。

ゆっくり弾くのは、取りあえず良いけど、
リズムは、間違えない事。後で修正するのが大変になるからとの事です。

先は長いですねぇ(笑)

| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

弓の親指保護

また、バイオリン記事になっちゃったけど…。

弓を持つ右手の親指が、痛いんですよね。
で、先生に保護するものをいつもつけてもらってたんです。(先生のものを頂いちゃって)

いつもいつもつけてもらってたら悪いので、
しかも、親指を押し付けるせいなのか?いままでは、切れたことなんてなかったんですが、つけてもらってもすぐに切れて外れてしまうようになって…。

こりゃあかんと。

先生に、何処に売ってるのか聞いてみたところ…。
これがまあ、バイオリン用品ではなく、文房具で、鉛筆とかにつけるグリップなんだとか。最近、なかなか売っている店が見つからないのよーなんて仰っておりました。

大大大大大捜索をしました。

結果…、私が気に入っていたのは、ダイソー製品です。
が!
が!
が!!!
こちらの商品…廃盤だそうです。(TдT)

仕方ないので、色々ネットやら、文房具の店やらで、気にして探していました。

最近はシリコン?なのか?ツルツルした素材のばかりです。ボールペンに元々グリップが付いているようなヤツばかり。

じゃなくて、欲しいのは、スポンジみたいなヤツなんです。

やっとの思いで見つかったのは2個。

Img_0654_2

「ソフトグリップ」という商品。色が、「黒」「赤」「青」しかないのですが。
もちろん青を購入してみました。

Img_0655
そして装着してみました。左側が、ダイソー。右側が、ソフトグリップです。
かなりの弾力。(笑)まあ、いいでしょう。もうちょっと薄くてもいいのですが…。

もう1個見つけたのは。
Img_0669

【KOH-I-NOOR】コヒノール ペンシルグリップ「ホーミーグリップ」」というもの。見た目はこっちの色合いが好き。

Img_0672
つけてみると。こんな感じ。
色合いはいいですね。弓に合っている。
こちらは、もう1ヶ月以上使っていると思いますが、結構つぶれてきました。ソフトグリップの方が弾力があり、「ホーミーグリップ」の方が薄いです。なのでですかね?特に大丈夫ですけど。欲を言えば、これらの中間位がいいかな(笑)

欠点は…「ホーミーグリップ」は、文房具店で見つからないです。
ソフトグリップ」は文房具店で、見つかることもあります。大手スーパーなどの文具コーナーにはなかったりしますが、ハンズとかだとありました。
まあ、あとはネットで買っちゃいましたが。ネットが好きですが、こちら…低額商品なので…送料のほうが高かったりするのです。なんとなく悔しい。(笑)でもメール便対応の店だったので、良かったです。

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

バイオリン LESSON201

バイオリンレッスンです。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#177,179,180

ホーマンです。
#177と#179。音階。
取り敢えずOKでした。

#180
下のパート。
全然練習していなかったら…、なんかよく間違え…。
先生と一緒に弾くはずが…、途中で先生に諦められてしまいました。
来週、合わせましょうと。

Cantabile(Paganini)

今日も、音が低いと怒られております。
はぁ、いかん。

なんか、今日は安定して弾けませんでしたね…。

そして、練習時間やらを聞かれ…、私の練習の仕方が悪いとのことで。
苦手な箇所だけを、何度も何度も練習するようにしなさいとのことです。
最初からいつも同じように練習していては、効率が悪すぎるとのことで。

なるほどねー。

ということで、最後まで後少しなんですけど、その少しが長い道のりですね。

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

TM Violin Lesson13

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#8
音程は悪くないけど、ちょっとシャープなのか曖昧なところがある。
あと、全体的に、音が高い。
きちんと親指の位置を決めて。

セブシック?
先生の本で、これって仰られた箇所を弾きます。
やっぱり、手首が使えていない。

手首を使う練習をしてる?とのことで、ハイしております。
でも、早く出来ないし、弓が真っ直ぐ動きません。でも前よりはマシになってるとは思うんですけどねぇ…。(^_^;A

手首の練習では、きちっと出来ているとの事で、
曲になると、それが忘れてしまう様子…。(;つД`) トホホ。

やっぱり半音の感覚がないとのこと。
あと、弦によって、指の角度が変わるから、指の幅が違うようになるんだと。適当に弾いていないか?と怒られました。
指をバタバタしない。指を離すから、音がズレる。
指に無駄に力は入ってしまうのですよねぇ…。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

コンチェルト。むずっ。

Suzuki_vol9_concerto_00028
音がプツプツ切れる。
切れないように弾きなさい。ビブラートをかけて。
1個ずつの音が一つずつ別々の音ではダメ。
もっと、向かって行かなくてはならない。
1音1音、弓のスピードが落ち着いてしまっている。

ドの音が短い。

半音と1音きちんと覚えなさい!!

後は、スラーがおかしかったり、
音が、高い!高い!高い!
あと、音が微妙にズレる…。音を取るのが難しい!!!!

先週位から、もう一人の先生に、音が低いと怒られて、
今日の先生は、音が高いとの事で…。う〜〜。どうしてぇ…。

フェルマータが短か過ぎる!!
長いのはいいけど、短いのはダメ。

スラーの移弦は、ない方がいい。なくなるように弾きましょう。

後、シャープを忘れて怒られ、
スラーが逆になって怒られ、
スラーじゃないところでスラーになったりでも怒られ。

なかなか難しいですなぁ。
あと高音に行く程、指の感覚は狭まるので、きちんと指をしっかり立てて音をとること。

そんな感じでしたかね。
とにかく、まだ、この曲は全然弾けないので、ちょっと頑張ります。

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

サザン野外スタジアムライブの必需品

先日、サザンの日産スタジアムライブ初日に参戦してきたので、
ライブの必需品というか、持ち物を書いておこうと思う。

暑いので、

タオル
→当日買うけど、新しいタオルは汗すいません!!ハンドタオルよりも、首からかけれるスポーツタオルの方がいいですよ。首の日焼けも防御できますし、首にかけておけばよいし、楽です。
(追記)豊田スタジアムライブは雨だったので、椅子をふくタオルも必要です!!

着替えの服。
→帰り、びしょびしょだと冷たいのであるとよいです。

ポンチョ。
→CDに入ってた奴じゃなくてもいいけど。桑田さんは雨男ですしね。とは言え、日産スタジアムは猛暑でして、雨は降りませんでした。
(追記)豊田スタジアムライブは雨だったので、大活躍でした。

ビニール袋。
→汗だくのものを入れるのに必要です。大雨の時は、かばんを入れてもいいし。
(追記)雨だった日は、ビニール袋でカバンごといれて、椅子の下に置きます。確実に濡れない汚れないように大きめのがいいですね。

食べ物飲み物。
→近くのコンビニは混み合ってました。会場内でも買えますが、長蛇の列&冷えていません。万一買えないかもしれないので、どこかで取り敢えず買っておいたほうがよいかと思います。私は、塩分たっぷり?のポテトチップス持って行きました。お腹も膨れるし、塩分取れるので、熱中症対策にもいいと思ったので。
(追記)豊田スタジアムのアリーナ席は、水しかダメでした。気をつけてください。芝がダメになるからとのことです!!

服装
汗を沢山かくので、吸いやすい服が好ましいですね。
そして、3時間のライブと、激混みの中帰宅するので、歩くのに楽な靴が良いと思います。ま、みんな、会場で靴を脱いだりもしていましたが。

日焼け対策も忘れないように。

以上、素敵なライブをお楽しみください

| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

バイオリン LESSON200

バイオリンレッスンです。
今日はお疲れモードで、だらだらな感じでした…。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#177,179,180

ホーマンです。
#177と#179。音階。
いつも取り敢えず弾きます。
そして、いつも何処か間違えます。(笑)
だいたいシャープを忘れるのですが。

#180
下のパート。取り敢えず、一人で数回弾いて、今度は先生と。
何度か、私が、間違えて乗り遅れたり、休符をしっかり取らずに入っちゃったりでやり直しでしたが、何とか、弾けましたね。
良いとのことです。

Cantabile(Paganini)

今日は、ホーマンに時間がかかったので、ほんの5分程度あったかな?ぐらいでした。

今回は、練習量が多かったわけでもないのですが、随分前より進んだねとのことで。もう、あと少しで終わりじゃんと。
ほぼ乗りきれているので、後少し残っているところをやって、後は慣れです。と。

まだ、ポジションが不安定な時があったりで、弾きにくかったりで、何度も練習するようにとのことでした。

| | コメント (0)

サザン復活!35周年ライブ@日産スタジアム

サザンオールスターズの夏がやって参りました。
なんと!復活であります。
こりゃ、横浜行かにゃ。

が!!全くもってチケットが取れない。
落選の連続。

よく考えれば、昨年末にライブに行って、疲れたせいかのか?そのまま体調不良になったので、これは、神様が与えた馬鹿な私のための、優しさなのか?

色々考え、やっぱムリかと諦めていました。

が!!ムリと知りつつ…追加席の抽選をローチケでエントリーしておりました。
ギリギリの前日にしかわからないという、酷い!!ま、どーせ当たるわけもないし、一応申し込んでみるかと。

目を疑うメールを受信し、ニヤケ顔がもう半端ない。

そして、バタバタ行って参りました。
しかし、神様はよく分かっていらっしゃる。私が、前もっての予定はダメだということを。緊張するまもなく当日を迎え、なんだかよく判らず、出発いたしました。

続きを読む "サザン復活!35周年ライブ@日産スタジアム"

| | コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

TM Violin Lesson12

カイザー(1)#8
今日は、すっとばしー。やらずです。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

今日から、コンチェルトです。
コンチェルトが早く聞きたいとのことです。
が!!

月曜日に、音が低いと怒られて、親指の位置をもう少し上にとのことで直したのですが…、ダブルレッスンしてるので…仕方ないのですが…。

本日の私の、音は高いらしい。

音が全部上ずってるとのことで…。
親指の位置は、いつも同じ位置。しっかり戻しなさいと怒られちゃいましたね。

ははは。この位置で、完璧に取れるようにしなきゃね。
音が合えば怒られないのでね…。

まず、速すぎるとのことでした。80〜100の間なので、もっとゆっくり。

今日は、本当に、本当に、音が取れませんでした。
なので、何度弾いても、なんかおかしかったです…。うーーー。

ビブラートをかけなさい!!
音のないところから始める。勢いはいらない。アダージョです。
あと、弾き方が雑。

音が1音違うのか半音違うのかで指の位置なんて決まります。
何故、音が、ラシドレと取れるのに、レドシラと下がると、指の位置が曖昧なのか…。頭で考えて、弾きなさい。

半音か一音かをしっかり理解しなさい。
とまあ、曖昧な感じが怒られました。
そんなに苦しいことではないはず。考えてないだけです。適当に弾かない。

弓も、弦も見てない。きちんと見て弾きなさい。

あと、高くなったら肘を中に入れないと、弾けません。
もっときちんと中に入れて、高音にあがりましょう。

ソ♯を忘れまくっている。♯を忘れない。
そんなに思ってるほど、難しくはないはず。
もっと弓元を使いましょう。
元に行った時は、腕の重みは載せなくて良い。

ということで…。
全然弾けずでした。あらららら。
ちょっと、音がぜんぜん取れなかったので、取れるまで、練習は辛いけど、ぼちぼちやりますかね。

 

| | コメント (0)

2013年8月 5日 (月)

バイオリン LESSON199

バイオリンレッスンです。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#177,179,180

ホーマンです。
#177と#179。音階。
こちらは、いいらしい。

#180
今日から、下のパート。
なんか、まだ間違えてばっかりだったけど、取り敢えず、いいって言われましたね。どうしんだろ?先生やさしい?
来週、先生と合わせるらしいです。

Cantabile(Paganini)

ドのシャープとか、低め。
親指の位置を、もうちょっと上にあげたらいいのでは?と。
親指の位置に決まりは無いので、私の場合は、あげたほうがよいとのこと。

後は、いつも立ち上がりが悪いのですが、
今日は、珍しく、1回目で、なかなかいい感じになっていたらしいです。
いつもは、レッスン中に、だんだん良くなるらしいのですが。今日は立ち上がりから、なかなか高得点だったらしいです。

まあ、とは言え、まだまだ音が取れず難航中です。

少しずつは進んでいるので、また、少し進めばいいとのことで。

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

TM Violin Lesson11

今日でバイオリンを再開してちょうど5年になります。
振り返ると…あの時の自分は、何もなくて、ただ、人生の再スタートをきろうと思っていました。その一歩がバイオリン。

結局、自分自身が、何も変われなくて、ただもがいて苦しいけど、
苦しいだけで、何もしない自分がいけないけど、なんにも進まない。

このままじゃダメなのに。

ただ…、人生においての劣等生ですが…。
バイオリンを再開して、こんなにも情熱を注ぐようになるとは思っていませんでした。すごく好きですけど、そこまでとは思ってもいませんでした。バイオリンのことばかり考えている自分が今います。

本当に、少ししか進まないけど、練習したらしただけ、ほんの少しでも前進してると思ってます。こんな風に思わせてくれた、先生に大感謝です。この先も、どんな人生になるのかも想像もできないけど、ただ、バイオリンと共に過ごせたらいいなと思ってます。

さて、バイオリンレッスンです。
先週、カイザーをやるというので、私の楽譜を見てみたところ、どうやら、私の楽譜は、「やさしいカイザー 」と書いてあり、「カイザー ヴァイオリン練習曲(1) 」では違うみたい。「やさしいカイザー 」は、”やさしい”とあるだけあり、普通の「カイザー」より短いみたいですね。全く違うわけじゃないのですが、短くなっている感じですかね?

先生の本?
最近は、レッスンにいくと、突然、なにやら、「はいこれ弾いて」と言われ…。
これがまた、簡単なんですよ。なのに、絶対に怒られます。

先ずは、初見で弾くと、譜面読むのが苦手なのでとにかく譜面を見て音符を追うことだけに気を取られる。とにかく簡単な譜面なのですが…。曲じゃないから、、、あってるのかが分かり難いので…。
取り敢えず弾けたらいいという弾き方をしない。
音が安定しないのは、親指が動くから。
小指で音を取る時、他の指を取ったままでも、私の場合、指が長いのでとれてしまうけど、やっぱり、そう取ると、それでビブラートがかけれないし、弦を抑えている指の腹で押えるから、音の響きが悪い。
もっと指先で押さえると音の響きが綺麗になる。
また、小指でとったまま、位置がずれてそのまま弾くから、音が上ずる。
ちなみに先生は指が短いらしく、届かないから、小指で取る時は、必ず、他の指は浮かした状態で、小指だけで音を取っていました。やっぱりこれが正解かもしれない…。そうすれば、指の角度も変わるので、きちんと指が寝かせないで立った状態で押さえらそうですし。

とてもつまらない練習だけど、すごく大事な事だから、しっかり。

私の癖で、弓が斜めになること。これを、とにかく直すこと。
原因は手首が使えていないから。
ずっと、弓と楽譜を見て集中しなさいとのこと。

どうしても、譜面をみたら、他のことを忘れてしまいます…。

音程が定まらない。
弓の事に必死になった結果…。うーーーん。

どんだけゆっくりでもいいから、弓、音程、きちんと意識しなさい。
意識がなさすぎる。ただ、音符だけを追って、ただ、早く弾こうとするからダメだと。

こんな感じで延々と続きましたが…私、なかなかうまく弾けません。
悔しいけど、怒られてばかりです。
これらが直らないと、きっといまの私が先に行けないのだとも思うので、早く直したいのですが…。なかなかうまくいきませんね。

カイザー(1)#8
音程は悪くない。
が、出来たらスラーは途切れないこと。もっとなめらかに。
弓が曲がらないこと。
手首を使って、弓元を使うこと。曲がる原因を正す!!
弓が斜めになれば音質が変わるから、ダメってわかるはず。
…ですが、私の場合いっつもその斜めで弾いているので、音質が変わったのに気が付かない…。
とにかく右手。弓が上手く行けば、左手は全く問題がない。
弓!!弓!!!弓!!!!とのことでした…。(;´д`)トホホ…

Eine Kline Nachtmusik II (Mozart)

慌てすぎ。
きちんと休符を休みましょう。
だけど、バイオリンには休符はありません。
これですよ、これ。
休みなんだけど、とまっちゃダメで、だけど、休符としての間がなくてはならない…。言い方は難しいけど、消えて行く感じ。プツプツしないこと。

スラーが途切れないように、ポジション移動してもいいから、移弦がなくなるようにすると、スラーも弾きやすいので、自分で考えるように。

とのことでした。なんか、曲、「Chaconne(シャコンヌ )Vitali」を練習していたのですが、時間オーバーでしたね。まあ、これ、難しい…難航中。
めちゃめちゃ好きな曲なので、これ弾けたら凄いなぁ。


けど、先生ったら、その前にやっぱり、モーツアルトのコンチェルトを先にやりましょうとのことで、「鈴木バイオリン指導曲集(9巻) 」「鈴木バイオリン指導曲集(10巻) 」のどちらかをやろうとのこと。
カルテットがモーツアルトなのでね。まあ、モーツアルト病気にもいいって言うしね。いい曲ですしね。夏だし。シャコンヌも先生に勧められた曲ですが。

で、高音から始まる10巻が嫌だったので、9巻を取り敢えずやることに。
曲としてはどちらも素敵な曲ですけどね。

9巻がモーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調「トルコ風」(K.219)

10巻がモーツアルト バイオリン協奏曲第4番ニ長調(K.218)

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »