« 弓の親指保護 | トップページ | ひらめ亭 »

2013年8月25日 (日)

TM Violin Lesson14

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#8
1拍目にアクセントを付ける感じで弾きましょう。
足をとじで弾かない。(←これ、私の癖。妙に足をとじて、直立状態で弾いている)
スラーが途切れないように弾きましょう。練習する時も、絶対に切れないようにしましょう。弓が何が何でも止まらない!!
重くならないように。
手首をしっかり使いましょう。使わないと気持ち悪いという感覚を持たなくてはならない。まだ、弓元が使えていないので、絶対に、ギリギリいっぱいまで元を使うようにしましょう。

絶対に、弓をみて。(先生をみない!!←怒られるかなぁって、いつもチラチラ先生をみているので、気が付かれて怒られる訳ですねぇ。)


Eine Kline Nachtmusik II (Mozart)
スラーが途切れない事。
手首を使って。
弓を見て弾きましょう。

意識しましょう。いつも、先生に指摘されない限りは、どうも手首の事、スラーも忘れているみたいです。意識したら、きちんと、音も良くなってるし、全てにおいて良くなっている。意識しましょう。

移弦がないように、ポジション、上がりましょ。
おやすみは、音を残して。

1楽章と同じように弾かない。
2楽章は、そんなに鋭く弾かない。もっと、優しく。出来るだけレガートで弾きましょう。

音符を1個1個追いすぎるから、合わない。
どうも、休符のタイミングがオカシイらしいですね。
どうも、1stと合わせると、音を聞き過ぎて自分のリズムが狂うらしい。

Eineklinenachtmusik_vn24
この箇所。
指だけで動かす。が、むずい。
早く小刻みに。
音程がオカシイ!!とのことでした。

とにかく、どこもかしこも、合わずに、大変です!!
一人練習は、自由に弾き過ぎているので…いけませんね。カルテット練習会までになんとかしなきゃ(^_^;A

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

ちょっとだけ。
リズムが、なにやらおかしい。間延びしているとの事で。
結構、早い。
上に上がった時に、肘を中に入れなければ、絶対に音が取れない。

という訳で、早くて高い!!
この攻略が大変ですね。

ゆっくり弾くのは、取りあえず良いけど、
リズムは、間違えない事。後で修正するのが大変になるからとの事です。

先は長いですねぇ(笑)

|

« 弓の親指保護 | トップページ | ひらめ亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弓の親指保護 | トップページ | ひらめ亭 »