« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

TM Violin Lesson17

バイオリンレッスンです〜〜
今日は、バイオリンも安定してたので、ちょっとウキウキでレッスンに行って来ました。って、私の技術でおこられるんですけどねぇ…。

カイザー(1)#8
左足をもうちょっと前にだして弾く。
もちろん重心は背骨。だけど、左に乗せる感覚がないと、腕も乗らない。
これだけで、音が変わる!
安定感がうまれるはず。

今日は、他の弦に触りすぎ!
ずーっと同じスピードのはず。
たまに、スラーがおかしくなって、3拍子じゃなくなっているときがある。

3個ずつスラーにして、3拍子をしっかりで、練習して見るようにとのことでした。

 

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

Suzuki_vol9_concerto_0002
レ#が低いから、他のあとの音も低くなってる。
しっかり、シャープで上がって。
最後のラの音、激しく弾かない。

スラーを間違えたり、ボーイングを間違えた時に、
弾きにくさを感じなさい。
確実に頭がダウンにならないと気持ち悪いと思わなきゃダメ。
4拍子感覚がなさすぎる。
音符を追うことも大事だけど、それよりもどこかで落ちても、とにかくリズムに乗って、とにかく進んでいけると感覚が出来る。

ポジション移動の時に、きちんと親指を動かしなさい。
よく降りきらずに、弾く指だけ降りて弾こうとしない。←音がきちんと取れるわけがない。
必ず、親指を移動しましょう。

Suzuki_vol9_concerto_00022
高い音はシビアになるので気をつけて。
指は必ず立てて、ソとファ#は指がくっつく。しかも、高ポジションではしっかりくっつける。

Suzuki_vol9_concerto_0003
タラ、ウン。タラ、ウン。
リズムが悪い。

Suzuki_vol9_concerto_00031
「ミ」を開放弦で弾かない。
もっと、可愛らしく。

Suzuki_vol9_concerto_00032
「0」と書いてあるところは、敢えて「0」です。
A線の音色が欲しいから、「0」なので、他の弦でひいてはダメ。
スラーは移弦なしが原則ですが、これは、移弦しても敢えて「0」で弾いてください。

後は…、音の確認をずっと先生としてもらっていました。
前半部分は良くなりました。
リズムも良くなったし。とてもヨシとのことです。
後は、G線弾く時に、もっと肘を中に入れて。親指は絶対にはずさない。
って、これ腕がめちゃめちゃ痛いんですよね。最近オカシイので…
多分…肩当てを変えたので位置が変わったから余計かも…。
ちょっと調整しなおして…、後は腕の柔軟さと、練習かしらね…。
5ポジ位に上がっても、親指はしっかり支えること。滑って落ちないように。こちらも、肘をしっかり入れて、指をしっかり立てて苦しいけど、その状態をきっちり作ること!!

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

TM Violin Lesson16

バイオリンレッスンです〜〜

カイザー(1)#8
弓を使いすぎ。
元の方から使ってもっと短く。無駄に使いすぎない。
もっと弓を見て。
3拍子のリズムは出来るようになっている。
ただ、時々、シャープが曖昧だったり、最後の方ちょっと音がずれたとのこと。

最後のレはGとDできちっと合わせなさい。
響が違えば気持ち悪いでしょう?と。
指の傾きだけで音が違うわけだから、動かすまでもないときもある。

弓が元まで戻らないのは、ダメ。
先にいくと、抜けて弓が曲がる。苦しいのはわかるけど、ダメ。
もし出来ないなら、先ずは、弓の使う量は減らして音を良くしましょう。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

弓の使い方を、計算して使いなさい。
次のボーイングも、音形も見て弾く。
余計な動作が大きすぎる。
弓を使いすぎる。音色も変わってしまうし、雑音が多くなる。

Suzuki_vol9_concerto_0002
休符の後、弓を戻さない。そのまま弾きなさい!!

Suzuki_vol9_concerto_00021_2 
フェルマータの間の音だけ普通に弾くより、この音も同じようにちょっとゆっくり目で弾くと良い。

弓が曲がったかどうかは、耳で判断しなさい。
確実に音に変化があります。

高い「ミ」と「ラ」は指を離さずに弾く。
肘を中に入れて。
「ミ」と「ラ」だけの練習をして、音を確実に。「ラ」が低い。
「ミ」の指が邪魔で弾きにくい!!が、離してはいけないらしい…。

ブレスが短い。
弓は、少しだけ載せておいたほうが良いのではないか?

Suzuki_vol9_concerto_00022
絶対にダウンから。
また、元で弾く事。「#ソ」が低い。
そんなに早いわけではない。焦らず、リズムをしっかり取りましょう。
早かったり遅かったり自由過ぎる!!

随分良くなって、だいぶ弾けるようになっていると。
少しずつ1小節ずつリズムや音程を確認しながら、進めてください。

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

TM Violin Lesson15

久しぶりのバイオリンレッスンです
あ〜うれし〜〜

カイザー(1)#8
弓の先を使った時に、曲がる。
本当は、これを治す必要はあるけど、先ずは、弓先を使わずに弾いて音程を綺麗に保ってみましょう。

3拍子のリズムをしっかり。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

音符だけを追わない。
間違ってもぐちゃぐちゃでもいいから、先ずは、4拍子のリズムを崩さない。
先ずはこれを守って弾いてみること。

弓はいっぱい使ったほうが響くから、たくさん使う。
そして、盛り上がるように弾く。ふくらませる。
だから、途切れないこと。
途切れると、せっかく盛り上がったのに、リセットされてしまう。
音がないところから始める。つまりは、弓の毛をなるべく減らして。
アダージョだからアタックは要らない。
音が抜けないように。
装飾音は、とりあえず、弾かなくていいので、リズムが狂わないように。
とにかく早いので、リズムどころか、グダグダなぐちゃぐちゃな感じになっていました。ああああ。
音程狂ってても、先ずはリズムさえ合ってれば良い。
少しずつでいいから、リズムを完璧にしていきましょう。

弾けるようになったら、テンポアップして行きましょう。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »