« バイオリン LESSON205 | トップページ | TM Violin Lesson16 »

2013年10月 6日 (日)

TM Violin Lesson15

久しぶりのバイオリンレッスンです
あ〜うれし〜〜

カイザー(1)#8
弓の先を使った時に、曲がる。
本当は、これを治す必要はあるけど、先ずは、弓先を使わずに弾いて音程を綺麗に保ってみましょう。

3拍子のリズムをしっかり。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

音符だけを追わない。
間違ってもぐちゃぐちゃでもいいから、先ずは、4拍子のリズムを崩さない。
先ずはこれを守って弾いてみること。

弓はいっぱい使ったほうが響くから、たくさん使う。
そして、盛り上がるように弾く。ふくらませる。
だから、途切れないこと。
途切れると、せっかく盛り上がったのに、リセットされてしまう。
音がないところから始める。つまりは、弓の毛をなるべく減らして。
アダージョだからアタックは要らない。
音が抜けないように。
装飾音は、とりあえず、弾かなくていいので、リズムが狂わないように。
とにかく早いので、リズムどころか、グダグダなぐちゃぐちゃな感じになっていました。ああああ。
音程狂ってても、先ずはリズムさえ合ってれば良い。
少しずつでいいから、リズムを完璧にしていきましょう。

弾けるようになったら、テンポアップして行きましょう。

|

« バイオリン LESSON205 | トップページ | TM Violin Lesson16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリン LESSON205 | トップページ | TM Violin Lesson16 »