« バイオリンを求めて…7回目 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2013年12月31日 (火)

TM Violin Lesson22

本年度最後のレッスンです。
なんとも、春ぐらいでしたかね?こちらのレッスン場に通うようになり、
腹痛持ちの私には、大丈夫なのかと不安ばかりでした。
しかし、バイオリンを習いたい情熱のお陰なのでしょうか?本当に今年の春からの体調は良く、12月中盤からは、崩れましたが、無事、最終レッスンまでしっかりレッスンを受けることができました。
本当に嬉しい事です。

カイザー(1)#7

やはり、弓が離れてしまう。
故に、雑音が多い。
上げるよりも、止まる。
弾いたら力を抜く。ただ、移弦をする時に抜くと雑音が出るのでダメ。
出来なければ、抜かない方が良い。
先ずは、雑音がしないで均一な音が出るような方が良い。
出来るようになれば、抜く事によって1個1個弾む感じが出た方が良い。

手首が使えていない。
指は先週と同様、2本で良い。それ以上掴むから、変な力が入って雑音がする。
移弦の時に腕から出来ていない。指で押さえつけない。
本来は、腕で移弦が出来ていれば、腕の高さがしっかり変わるはず。
移弦を克服すれば全てに良くなる。
移弦は、先でやれば、移動範囲も多くなって大変だから、元で行う。

2小節単位でアクセント。
課題は移弦。
ナチュラルが曖昧だから直す事。



鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

いつも、最初から初めて先に進まなくなるので…と。
3ポジに下がる時、音を探しながら下りない。
3ポジの位置はしっかり覚えているはずだ!!と。
指で音を探りながらは、ダメ。
必ず、ポジションでしっかり位置を決めること。

どこにもスタッカートはない。
もっと滑らかに弾きなさい!
Suzuki_vol9_concerto_0004_2

大きな間違いをしていることを、知りました。
どうやら、アップの重音。
上の音2音から弾くんだと思っておりまして…。
シとミを先に弾いてから、シとソを弾くんだと思っておりました…。
ハハハ。
なんでアップだったらそうなるの?って。(笑)
ダウンと同じです。下の2音、ソとシを弾いてからシとミです。
Suzuki_vol9_concerto_00041_5
ハチャメチャな箇所。
半音ずつなんだから、間違えないはず。
とまあ、なかなかここの音が難しいです…。
Suzuki_vol9_concerto_00042

全体的に先で弾き過ぎ。
だから移弦が大変になっちゃう。
なるべくもっと楽な位置に戻しましょう。

最初に戻って。
とても良い。すごく綺麗になったとのことで。
最後のトリルは、もっと多めにもっと優雅に。
Suzuki_vol9_concerto_0002

常に腕を乗せて。
腕で弾かない。
とにかく移弦を練習して。

以上。今年のレッスンは終わりでした。
この曲はとにかく難しいけど、本当に弾けるようになったら凄い曲だと思います。
コンチェルトだしねぇ。
っま、どこまで出来るかは分かりませんけど…でも、来年も少しずつ前へ進めたらいいなと思います。

 

|

« バイオリンを求めて…7回目 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオリンを求めて…7回目 | トップページ | あけましておめでとうございます »