« TM Violin Lesson25 | トップページ | TM Violin Lesson27 »

2014年2月17日 (月)

TM Violin Lesson26

今週のレッスンは雪で高速は止まってるし…延期してもらって行って来ました。
名古屋高速は雪に弱い!!
っま、私も冬に弱いので仕方ないか(笑)
でも、まだあんまり大きい事は言えませんけど、(たぶん)復活です!!

カイザー(1)#7

痛い位にしっかり手首を曲げる。
そこから始める。
弓元ギリギリまで使う。しっかりみて、弓元のギリギリの位置まで見極める。
全部同じ弓の幅で弾きましょう。
スタッカートを忘れない事。
弾いて行くうちに、雑になる。多分疲れるからだと思うが、段々雑になる。
そして段々、持ち上げるようになる。(持ち上げる必要はない)
私の場合、1音が段々大きくなって小さくなる。
だけど、今のこのカイザーでは、抜く必要は無い。
今は抜かなくて、腕を載せる練習をした方が良い。
抜くのは、いくらでもできる。いつでも出来る。
今の私は、きれいな音を出そうと思ってるから、そうやって弓を持ち上げる癖を付けてしまっている。それでは、良い音は出せない。先ずは、弓にしっかり載せる事。
弓のスピードがついてこれば嫌な音は回避出来るはず。
弓を持ち上げるのは絶対にダメ。
半分載せても良い。持ち上げない。
移弦の時に持ち上げない。載せる事だけを考える。

とにかく載せることを考える。
綺麗な音は考えない!!恐れるな!と…。あと焦らない事らしいです…。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219)

今日はせっかく最初から張り切ってやろうと思ったのに…。
出来ない、弾けない所からやりましょうって…。

あああああああああもう〜!!(笑)

なので、音取りを教わったのみです。

ピアノで弾いて、音をしっかり分かった上で弾くと、音が分かれば弾き易いとの事です。
あと、高音になると、どうも楽譜をみて、私が音を随分間違えて取っている…。
高いと音数えないとよく判らなくなるんですよねぇ…。

本当申し訳ないのですが…分からなくなると段々嫌になって来ます(笑)
ダメですねぇ…。
これを乗り越えなきゃ。
とりあえず、今日の箇所を乗り越えると、1つの区切りまで辿り着けます。
ここまで頑張って辿り着きましょうとの事でした。

今日は、本当に、ただただ、ひたすら音取りでしたね。
全然弾けないのは、ストレス貯まりますね。(笑)
辛抱して、取れるようにしなきゃです。

高音になるにつれ、音の幅、指の幅が小さくなるので、その辺をもっと気をつけて弾けば大丈夫との事でした。

|

« TM Violin Lesson25 | トップページ | TM Violin Lesson27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson25 | トップページ | TM Violin Lesson27 »