« E線を交換 | トップページ | バイオリンの肩当て »

2014年4月 6日 (日)

TM Violin Lesson31

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#4

今日は半分くらい。
何故って?これ指が痛くて。(笑)
4の指を伸ばして、もう一つ高い音を取るのが、手が攣りそうになるし。
指が短いのか?辛いと申した所…先生だって攣りそうになるし痛いんだそう。
我慢が足りないのかしら???とゆうことで、半分が限界だったのですねぇ。
ワンボウで全部行くのは大変なので、半分で切る事に。
音程はちょっと高い時があるけど、綺麗に弾けているとのこと。\(^o^)/ヤッター!
なるべく肘を中に入れて上から押えた方が音は綺麗に出ます。とのことです。


鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Adagio)

テンポじゃなくて、もっとゆったりとした感じに弾いて欲しいとのこと。
全てにビブラートをかけるつもりで。
ゆとりが無さ過ぎる。もっと優雅に。
バイオリンに曖昧な音はありません!!っと毎回怒られておりますが…、指は1個空くかくっつくか。中途半端な幅はありません。


弦楽四重奏曲 ニ長調 作品64-5 Hob.3-63「ひばり」(Haydn)

3連符が重い。
もう少し軽やかに。
ついでに…きちんとカウント出来ていなくて数が多いときが!!(笑)
音程が合うと、ハーモニーは綺麗になるけど、先ずはリズム。
皆と合わなければ意味が無いから。
リズムだけです。後は良いと思います。との事です。
って、まだ全然弾けていませんけどねぇ…。

|

« E線を交換 | トップページ | バイオリンの肩当て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« E線を交換 | トップページ | バイオリンの肩当て »