« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

Quartet15

さて、7月のカルテットです。
相変わらず、のんびり更新になってきてしまいました。(汗)

Largo (Handel)

今回もスルーです。これもうやらないのかも?

弦楽四重奏曲 ニ長調 作品64-5 Hob.3-63「ひばり」(Haydn)

合わない。
ファーストバイオリンとセカンドが同じ動きなのに合わない。
ビオラが同じ動きをした後、バイオリン陣が同じように入る。
Quartetto_in_d__the_lark__score_par

高音のファミレド…。
ポジションを移動するからダメなのか?どこかで遅れが出るらしく、みんなと合わない。
その後、休符を無視して、今度は早いらしい。
相変わらず、自由。

Quartetto_in_d_0003

だんだん盛り上がる。
ビブラートをしっかりかけて。
弓のスピードが早いほうが良い。
スタッカート。
段々盛り上がる感じで。

Quartetto_in_d_0001_2

装飾音符弾かなくていいから、リズムが変にならないように!
装飾音符弾かなくてもなんだかオカシイ…。

Quartetto_in_d_00031

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

TM Violin Lesson43

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#5

腕のマッチョ筋を使わない。
どうせなら、椅子に座ってぐったりだらっとして、その状態で練習したら?とのことで。(笑)
どんなぐ~たら姿勢なんですかね???
とにかく力を抜いて弾けるようにしてくださいとのこと。
左のテクニックはきちんとあるので、後は音色。右手。
きちんと手首を使えるように頑張りましょう。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#159

今日はオッケーでした。


鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Adagio)

弾けない所…。
それは…、譜読みが出来ていない所。
指番号だけで、音を取ろうとするからダメ。
きちんと、音を認識して。
いい加減に取らない!!
とまあ、音が取れないところは嫌になって練習できなくなるんですよね…。
ゆっくりやれば、難しい音はないとのことです。(反省)

ちょっとだけリズムが間延びしてる所があるので、気をつけて。
出来たらメトロノームかけて、ゆっくりでいいから、ゆとりをもって弾いてみてください。
最後は、もっと可愛らしく終わりましょう。

動作が大きすぎるので、短い音符は、とにかく小さく。時間を稼いで。


弦楽四重奏曲 ニ長調 作品64-5 Hob.3-63「ひばり」(Haydn)

今日もなしです。

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

悲劇再び

先日、Gパンを破ってしまい…、お直しに出したのですが。

Img_1525

張り切って、履いてみたら、履いてまもなく…30分足らずで、お直しした箇所とは別の場所が破れてしまいました。(T_T)
なんてこったです。

Img_1528

お直し代が妙に高く感じた私は…、どうせならと、ミシンも購入しましたし。
やり方は、ネットと、このお手本がありますし。
という訳で、せっせと直しました。

Img_15292

取り敢えず、直りました。
そいで、どんな感じかなと、履いて1日過ごしてみようと。
NASがまたフリーズしたので、コンセントを抜こうと、机の下に潜り込んだ瞬間…。
またも破れた様子。薄くなっていて、ビリって破れるような音もしませんし、気が付いたら、あれ?なんか変な感じと思うぐらいですが…。

3度も破れてしまいました…。ショック。
直したばかりなのに。

Img_1541

これでもかってぐらいに上の方まで補強してやりました。
にしても、この作業が高いのは仕方ないですね。
Gパンの脇を開いて、ミシンが通るようにして、あて布を裏からやり、ジグザグにすごい数やるんです。ひたすらひたすら。ただただ疲れます。

やっと直りました。
折角直したけど、家で履くのはやめよ。

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

ついに!Macが!!

もう随分前から不調だったMac。
リカバリしなきゃとは、思っていたものの、大量データやら、設定やら、本当に大丈夫?と不安もあり、なんとなく面倒くさく放置してました。
でも、起動しても30分は放置していなければ使いものにならないし。
インターネット見るだけに、どれだけ時間が必要か…。

それで、NASを導入したのですが、
どうも、こちらも、何かエラーが出るんですよね。
時々、フリーズして。
でも、原因が不明で、カスタマーセンターに問合せていました。
なかなかいい回答も得られず、直らずで。

そんな状況下に。
私のMacが、フリーズ、瞬きみたいな、チカチカ。
間違いなく、HDDのエラーです。

今すぐにMacを購入したほうがいいのか…と悩みましたが、
今はまだ…。

とにかく、一か八かでHDDを自分で交換することに。
きっとネットには、たくさんの先生がいらっしゃるはず!!

私のiMacは2009年Earlyです。

取り敢えず、わかったことは、Lateではないことから、温度センサが厄介ではないはず。
あとは、必要な物を買い集め、とにかく急いで準備して急いでとりかかります。
いつ、死んでもおかしくない感じでしたから。

レック レバー式吸盤フック(小) H-521 を購入。
どれでも大丈夫です。

Img_1511

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T6×50 No.6300アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T8×60 No.6300を準備。
Macは、普通のドライバーでは開けれませんので、ヘクスローブドライバーというものが必要みたいです。私のは、T6とT8が必要でした。

Img_1465

ついでに、 精密ドライバーも一緒に購入。精密ドライバーはもっているので必要ないと言えばなかったのですが、持ち手がしっかりしている方が、開けやすいかなと。持っている奴は意外と、手が痛くなるので。

後は、何よりも重要な「HDD」です。
今は1TBを積んでいるので、それは確保しなくてはいけません。
けど、どうせならと、2TBにしようかしらと。
SSDも魅力的ですが、高くて容量が小さいので却下。
FusionDriveがいいなぁ…。自分でSSDとHDDを入れちゃう?
にしても…、SSDを入れる場所を確保しなきゃならないし。となると、CDを諦めることに…。
それも嫌!!
何よりも、お金は掛けたくない。どうせいずれ購入か、失敗したら即購入が待っているわけですし。
調べてみると、FusionDriveに似たような?SSHDを発見。

Desktop 3.5inch Hybrid SSHD ST2000DX001 SATA 6Gb/s 2TB 7200rpm 8GBMLC 64MB AFを購入してみることに。
まあ、今よりも遅くなることはないので、別にその辺は特に大丈夫。
新しいHDDになれば、良くなるのは間違いないとは思いますけど、どうせならね。ということで、SSHDにしてみました。

とりあえず、準備したものは、これだけ。
ヘクスローブドライバーT6
ヘクスローブドライバーT8
精密ドライバー
SSHD(2TB)
吸盤フック

Amazonから届いたので、早速。
あ、自分でMac開けたらメーカー保証が無効になるらしいです。でもまあいいや。

ネットで先生たちの交換作業を見ながらね。

モニターカバーを外す。
これ、磁石で付いてるだけですって!!すげーすげー。

Img_1507

なので吸盤フックでくいっと引っ張って開けるらしい。
2個あれば良いかと思って。
そしたら、1個ですぐに開きました。かなり簡単。
ビューティフル!!

Img_1487
ネジを外す。

Img_1488
近頃は便利便利。
携帯で写真撮っておけばいいですからね。
祖父に教わった分解の鉄則は、釘の位置、長さ、をきちんと把握すべし。
そう、Macも下の真ん中は長い釘。右側もちょっと長かったかな?
取り敢えず、外したのがわかる位置に釘を置いて撮影。

ネジが取れると、フロントパネルが空きます。
ちょっと手こずりましたが。
Img_1503
これが、isightの信号コネクタなのか?こいつが切れそうで。蓋が…。

Img_1489

蓋が開くと、液晶パネルをずらすことが出来ます。
こちらもネジがありますが。
中を覗いてみますが、なにやら、簡単には開けれません。なんかの線がぶちってなりますね。(汗)

Img_1491

なんで抜けないんだろうと思ったら、まだこのコネクタもネジ止めされてる!!
中央ぐらいに、ちっちゃなコネクタも外すと、取り敢えず、見えます。
HDD発見出来ます。だいたい作業が出来そう。
ただ、まだ配線があり…これが外せそうにないのでこのまま、左手で液晶パネルを持ったまま作業します。

Img_1498

入っているのは、WDのHDDですね。
買ったのは「SEAGATE」です。ちなみに、1TBとそれ以上では、厚みが違うみたいで、本当に入るのか?と疑問はあったのですが、厚みは大丈夫でした。

Img_1495

私のMacは温度センサがただ、貼り付けてあるだけで、大丈夫そうです。 普通に剥がして、取り付け用のピンを付け直して、さくっと入れれば出来上がり。 後は、外したコネクタをはめて、ネジ止めして、オッケー。 液晶とカバーには悲惨な指紋とホコリでなかなか大変ですが、綺麗に丁寧に拭き取って、閉めてしまえば、大丈夫です。
多少ホコリは入っていると思いますが、わかりません。

取り敢えず、電源入れてみます。
あれ!!はてなマーク出てるし。と思ったけど、なんにもしていないHDDですから当然でした。フォーマットして。

出来た。きちんと認識されている!!やった。

Img_1509

もうこれで、一安心。
後は、Timemachineから復元すりゃいいんだし。って安易に考えて。

Img_1510

長時間の転送作業で、放置。

そいで、いい感じで、Macを立ち上げることができて。よしって思って、
今までのパスワード入れたら…。
何度入れても、立ち上がらない。え?
なに?
違うのかと、様々なパスワードを入れるもダメ。なにをしてもダメ…。

ネットで、くぐってみると…。ええ、私と同じ症状の方がみえました。
どうも、取り敢えず、入れたOSは、SnowLeopard。
DVDが丁度あったからね。

そしたら、どうも、バックアップと入れたOSが一致しない為に、パスワードが認識されない様子!!なんじゃそりゃ!もっと早くエラーで返ってきてよと。

ということで、長時間かけてバックアップから戻したデータよ、さらば。
一瞬で、消え去りましたよ。(TдT)

結局、MountainLionまで順番に入れなおし、アップデートを繰り返し…長い長い時間をかけて、ようやく、バックアップ時と同じ状態に。
そして、復元です。

Img_1513

またもや、半日以上かかって…。
今度は、本当に大丈夫なのか?とヒヤヒヤ。

無事に立ち上がりました。
そしてそして、今まで、鬼のように遅かった私のもっさりパソコンがスムーズに!!
劇的な変化ですよ。本当に。
もちろん、まだいろいろありますけど。
劇的によくなりました。素晴らしい。

そんな時に限って、前のデータをちょこっとだけ直してとかね…。
ああ、今データ取り出せないのよ!!
結局最初から作るはめになったり…。
写真の焼きまししてあげたやつが、足りないから自分でしたいからデータ頂戴とか…。もうもう!!

NASに写真共有にして写真公開してた奴が、見えなくなったんだけど?とか。
ええ、そうです、そちらも直さなきゃいかんのだけど…。

とまあ、いろいろ、大変ですね。

夜も気になって眠れずで、作業してちょっと疲れましたが、非常に快適になったのでよかった良かった。復元したので、ゴミも持って来ているので、どのくらいなんだろうと思いましたがかなり快適ですよ。リカバリじゃなくて全然良かったです。にしても、Macに800GB 以上のデータを入れてあったので、時間がかかりまくりましたが…。

お疲れさーーーん!!


| | コメント (0)

JEANSが縫えるミシン

アイシン精機が作っているミシン。
開発は5人しかいないんだそうで。
昔はトヨタミシンという名前だったはずだけど、最近は、アイシンミシンにしたのね。

ちょっと前から、この会社が出した『SUPER JEANS(スーパージーンズ)』が気になっておりまして。

私の家には、母の嫁入り道具?のミシンがありますが、
高機能らしいのですが、最近、針が下の送り?にぶつかるみたいで、折れるんですよ。
薄いものなら縫えますよ。でも、厚地は縫えません。
厚地を縫おうと思ったら、針が何本必要か…。何度買っても全滅します。(笑)
何故か?糸は絹以外だとすべらず上手く縫えない。
とまあ、使いものにならないミシン。

ネットでGパンを購入することが多くなり…、(まあ、言ってみれば好きなブランドが名古屋撤退の為、手に入らなくなったのですよ…)
ネット購入すると、洋服のお直しのお店に持ち込んで直してもらいます。
面倒なんですよね。早く履きたいのに。
チェーンステッチが出来るお店なんて本当に少ないし…ならどの店でも良いのか?
とは言え、あんまり下手な店もどうかとも思いますし…。

結局、遠い店に持ち込んでいるので、結構大変。
(母には、店で切ってもらえるんだから、そうゆう店で買いなさいと言われますよ。ごもっともな発言で…。)

自分で直しても、糸も買わなきゃいけないし、料金的には全然良いとも思えませんが…。
祖母が生きていた頃は、裾直しも、祖母の友人に頼んでいましたし、
お直しも、色々お願いできたのですが…、今はそんな友人もいませんし、
ちょっとしたことが出来たらいいなぁと思うんです。

高機能なミシンは必要なくて、Gパンなどの厚地のものが縫えたらいいなと。
そんな願いが叶うミシンを見つけちゃったんです。身近な所に。(笑)

で、友人に頼んで買ってもらいました。

Img_1467

プラスチック製?で軽いです。
まあ、ひ弱とも言えますが、今までのは、重すぎで移動が大変だったのでいいですね。
勿論、頑丈な方が安定感もありますしいいのでしょうが。私にはこれくらいで良いです。

どの程度縫えるのかは、広告があてになるとは思えませんけどね。
それでも、縫えると謳っているんですから、縫えるはずです。

取り敢えず、長すぎて、ビリビリにしているGパンをジャストサイズに。
Img_1514

このGパンは薄めですけどね。
でも、楽〜楽。スイースイ。厚い部分もなんのその。
いやいや、いいですね。
あ、糸が太いのがなかったから、細い糸です…。

糸通しは、相変わらず、よくわからんけど、出来ない。
けど、それ以外は順調〜。

刺繍とかは出来ないらしい。しないから、要らないけど。
後は、下にボビンケースが埋め込まれているので、糸調子を見るのは、ボビンケースのネジをぐりぐりする方法は出来ないですね。まあ、その辺は自動ってことで。
ある程度は、大丈夫なんじゃないかなと。

Img_1525

そういや、お直しに出していて直って届いたGパン。
膝がぱっくり裂けてしまったんですよねぇ…。で、まだ新しいし、気に入っているのでお直しに。これが、4000円くらいだったかな?高いでしょぉ。こんなのも自分で出来るのかしら…???ってこれは難しいのかねぇ…。

まだ、ミシンが我が家に来てそんなに時間が経っていないので、馴染んでくるまでには時間がかかるんでしょうが。

レッスンバッグが、ビリビリで酷いことになっていて購入しようと思いつつ、可愛いのがないし、大きさもピッタリサイズがよいとか我儘言って、全く市販のものでは見つからないので、今度自分で作ってみようと思います。できるかな?

で、試しに…、前にカメラのケース、これもちょうどよいサイズでほしい感じのものが売っていなかったので、自分で作ったのですが、その時に購入した布がちょっとだけ残っていたので、ポーチでも作ってみることに。ネットで、ご親切な方のやり方を見ながら。

Img_1521

むずっ!!
裏生地の縫い方が判らず、何度もやり直し。(笑)
ファスナー付けなんて、そういや、中学の家庭科の授業でスカートを作った時に一度だけ確かやったことがあると記憶していますが、後にも先にもそれ一度きり。

Img_1523
ファスナーの所が、若干中側に入っちゃった。
ん〜、難しい。研究したらもうちょっと上手くできるかな?
っま、初めて作ったのでこんなもんでしょう。

ミシンの糸調子もぜ〜んぜん見ないで、ただ適当に縫った割には綺麗ですよ。(このへんは性格上アバウト)

ファスナーも全然普通にさくさく縫えました。
あ、でもファスナーの縫い方が判らなくて、ファスナーの取っ手の近くがどうやって縫えば進めるのか判らず、途中で切って縫い直したりしてますけどね…。ハハハ(汗)
なかなかいい感じです。(初心者の私にはね)
こうゆうポーチってたくさんあるといいですよね。
なにかと便利です。

| | コメント (0)

ABKAI 2014

いやはや…。
最近、とにかく更新がのろいのろい。
どーなってるのと言わんばかりに。

でも、遅くなっても書きます。(笑)

さて…、随分経ってしまいましたが…、
市川海老蔵さんの「ABKAI」を観に行って参りました。

Img_1454

演目は
1.新作舞踊 「碇知盛」
2.新作舞踊劇 「SOU~創~」

1幕目から、海老蔵さんの迫力にやられました。
圧巻。
海老蔵さんって、テレビでしか拝見したことなくて、それでも、この人ってオーラがあるなぁと思っていたのですが、本当にすごいお方ですね。ビリビリします。
目力強すぎます。

Img_1456

市川海老蔵さんの須佐之男命は、本当にお見事でした。
客席を練り歩き、力強くも透き通る声、
そしてカーテンコールまで。(笑)
これが、また楽しい楽しい。
近い席の方なんて、本当に狭い客席を練り歩くので、間近にいらっしゃったのではないでしょうかね?私の席は残念ながら、よく見える真ん中でしたが、遠い後ろの席でしたので…。

それでも、本当に楽しかった。
また観に行きたいです。
もっと勉強して行きたいですね。(笑)

Img_1443

お干菓子とか売ってましたね。

Img_1447
いいもの見つけたのでご購入〜。
なに?これ?

Img_1448
ストール。
市川家(成田屋)の家紋「三升」のストールらしい。
今治タオルのストール。手触りもさらっとしていて、夏用のストールを探していたので、こりゃいいと、購入。

| | コメント (0)

TM Violin Lesson42

バイオリンレッスンです。
なんか、最近、貯めこんでしまったので、忘れた日もあるのかも…。
うーん。判らないです。

カイザー(1)#5

とにかく、手首が使えない。
色々、考えたり研究したりしたけど、どうもよくわからない。
腕に力が入ると特に、手首が曲がらないのではと、私は思ったり。
腕に力を入れない事。なんかすぐ入っちゃう…。
どんどん、腕がまっちょになっちゃうじゃんか!!(TдT)
鉛筆を持って書くのと同じだと仰るけど、どうもわからない。
ちなみに…字を書くときも腕に力が入ってるのか手に力が入ってるのか…。
そもそも、間違っているらしい…。
ということで、長年の癖から抜け出せる日は、遠いと思われる…。
先生が、私の手首を触ってくれていると、どうやら、きちんと手首が使えているらしい。
ということは、それだけ気をつければ良いということ?

とにかく、手首使えるように頑張って、いきましょうとのこと。


ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#159

今日から、#159。
難しくて、練習しても全然ダメ。
なので、レッスンで練習しようとしている私。(笑)
8分音符になると、急に早くなる。
足の親指でリズム取って。
相変わらず、休符が曖昧。きちっと休む。
バイオリン止めて、手でリズムを叩いてみる。
ほぼ、良い。が、やっぱり休符が、微妙に焦って早い。
一緒に弾く時は、どんなに間違えてもいいから、リズムはしっかり。
レッスン中で随分ましになったらしいけど…、もうちょっと練習してみてくださいとのこと。


鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Adagio)

変なところで、お休みしない。(笑)
こちらは、連符の後とかに、どうも休憩をしてしまうようで…。
きちんと準備して弾く。
スラーは切らない。
弓はあげる。上に上げる意識を持ちましょう。
そうすると音が沈まなくて綺麗になる。

そうだった。なんか色々教わったことも、すぐ忘れちゃってなかなか身に付きませんね。


弦楽四重奏曲 ニ長調 作品64-5 Hob.3-63「ひばり」(Haydn)

今日もなしです。

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

TM Violin Lesson41

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#5

相変わらず、手首が使えていない。
出来ないなら、指を使って、手首を最初だけ曲げる。
自分で使うように気をつけても、どうやら全然使えていない様子。
手首を見て、気をつけるようにしてはどうか?
なかなか、思うように曲がらないですね…。
先生は本当にしなやかに曲がります。
もちろん、テレビで拝見するヴァイオリニストの方たちもまた、美しく曲がっています。
うーん、何でかしら…???


ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#155

時々、忘れる。お休み…。
まあ、いつも、お休みがないから、ずれるんですよね。
取り敢えず、何度か弾いて、オッケーが出ました。良かった。


鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Adagio)

とても音程もリズムも良くなった。
けど、とても慌ててる。
1個1個のリズムは合ってるけど、お休みをスルーして、慌ててる。
きちんと、お休みは休んで。慌てない。
スタッカートは、確かにあげたいのはわかるけど、弓はあげない。
上げるから、間の延びたような感じに聴こえる。
装飾音符で、間延びする。(笑)
弾けないなら、装飾音符やめてもいいから、リズムは狂わないように。
とても良くなっている。
音程は問題ないので、スムーズに、リズムよく弾けるようにしてください。

弦楽四重奏曲 ニ長調 作品64-5 Hob.3-63「ひばり」(Haydn)

今日もなしです。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »