« アートアクアリウム展@名古屋 | トップページ | iPhone6ゲットしました! »

2014年9月27日 (土)

TM Violin Lesson50

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#6

3連符+4分音符。これが一区切り。
スラーが全てに付いているので、3連符と4分音符の間に間が出来るのはダメ。
だけど、3連符+4分音符の一区切りの後に、少し間が欲しい。
慌てないで弾きましょう。
後、楽譜の読み間違え多すぎ。(笑)自由に作曲しないとのことで。
音を1個1個楽譜を見てると乗り遅れるので、もっとフレーズ感が出るように、塊で楽譜を見て、早く準備が出来るようにしましょう。ねぇ、これがねぇ、出来ないんですよ。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#171

一緒に入る場所はブレスを必ずしましょう。
先週より、下のパートを聞けるようになりましたね!!と。
相変わらず、先生が意地悪するので、あれ?あれ?と何度も。(笑)
何度かやっていくうちに、少しずつ、慣れてきます。
逆に、自分が下のパートで意地悪して良いよと言われますが、
案外普通に真面目に弾いてしまってます。(笑)
とは言え、なんとか弾けるようになったので合格。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Adagio1)

今日は、早い所を練習することに。
Suzuki_vol9_concerto_0002
ここのトリルと装飾音符が伸びて、リズムが崩れている。
が!!!!!!、何度弾いても、トリルと装飾音符が終わったところの音「ラ」「ミ」当たりが、とにかく遅れているっぽい。

弓を使いすぎ。
移弦がしっかり出来ていない時に焦って弾くから、雑音が多い。
右手と左手のバランスが悪く上手く弾けない…。

段々、私の中指が長すぎで邪魔だから弾けないんじゃないかと言ってみたり。(笑)
なかなか苦しい指。

早いパッセージは、弦から弓を離さない。
できるだけ動作が小さく。
右手の弓は小さく、左手の指はバタバタ大きく動かさない。
慌てれば慌てるほど、どちらもバタバタ力が入って大きくなってしまっている様子です。

シラシラソラソ。
スラーの途中で途切れないこと。
弓が浮いている。絶対に弓を持ち上げないこと。

Suzuki_vol9_concerto_00021
早いパッセージ。
とにかく、弓を押さえつけること。絶対に浮かせないこと。
また、スラーの箇所がたまに間違えるから、弾きにくさが増すのではないか?と。
短く区切って、確実に間違えていないかを確認する必要がある。

弾けているんだけど、あえて雑音を作っちゃったり、急ぎすぎてしまったりしているだけだから、とのこと…。
弾けているんだろうか?と疑問だらけですが…。
先が思いやられます。


鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Rondo3)

今日はおやすみ。

弦楽四重奏曲 ニ長調 作品64-5 Hob.3-63「ひばり3楽章」(Haydn)

今日はおやすみ

|

« アートアクアリウム展@名古屋 | トップページ | iPhone6ゲットしました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アートアクアリウム展@名古屋 | トップページ | iPhone6ゲットしました! »