« TM Violin Lesson54 | トップページ | TM Violin Lesson55 »

2014年11月 8日 (土)

Quartet19

11月のカルテットです。

Largo (Handel)

今日から、一つパートを増やして、人も増えました。
大勢で綺麗に奏でれたら最高ですね。

私の弓のスピードが最後の方で早くなるらしい。
自分ではその意識が全くないのですが…。
重く弾かないで、丸みを付ける。

きちんと止まる!!!!

Largo_part

最後の音は、全員が同じ長さ。
きちんとみんなで息を合わせて終わる。
合わせようと思うことが大事。きちんと人の音を聞いてください。

弦楽四重奏曲 ニ長調 作品64-5 Hob.3-63「ひばり」(Haydn)

【1楽章】
全員が一緒になる箇所。
私が、きちんと先ずは舵を取る。さあ、やるよ!!と合図しましょうと。
いやいや、合図しようと思ったんですけどね…。

全員が、同じ弓の場所で弾く事。
全てが合わないとダメ。

2小節単位で、合わせる。アクセント!

チェロから始まって、同じようにヴァイオリン1,ヴァイオリン2が掛け合う。
ここが、バラバラ。

Quartetto_in_d__the_lark__score_par


【3楽章】
1楽章に時間取られまくって、ほとんど時間がない状態でした…。あらら。
後半部分は、2ndが落ちると、私入れない…そして全員がバラバラに…。
きちんとカウントして入るしかないんだそう…。
2nd任せな私が悪いらしい…けど、自分でカウントするには長いんですよね…。
はふはふー。

|

« TM Violin Lesson54 | トップページ | TM Violin Lesson55 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson54 | トップページ | TM Violin Lesson55 »