« TM Violin Lesson58 | トップページ | TM Violin Lesson59 »

2014年12月 4日 (木)

毛替え

先日から弓が滑りまくって…まだ8ヶ月くらい?とまあ…普通はもっと早いのかしら…?
私はいつも1年くらい放置する癖があるんですけど…。
毛替えは、予約して、毛替えしてもらってる時間が1時間30分とか待たなくてはなりませんし、行ってる工房が遠いんですよね…。

栄の楽器屋さんに持ち込めば待ち時間は楽勝なんですが…。

と、ブツブツ言っても…先生にもこれはもうだめかもと…確認済みでして…。
早々に行かなきゃと思いつつ…重い腰をあげやっと予約して行って来ました。

初めて、毛替えで音が綺麗になったと実感しました。
なんでだろう。びっくりです。
行った甲斐があるのは嬉しいですね。


さて、工房でワタクシ毎度ながら色々相談しちゃいます。
今回のお題は!!(笑)

顎当てです。顎当て。
顎当てって汗やお化粧がつくんです。毎回、さらっと拭くぐらいです。
で、なにやら、気づかないうちに、どんどん汚くなるんです。

Img_2242

汚さ満点?の顎当てです。
白くなってるのと、触るとザラザラしてます。光沢もありません。まあ木だから光沢はないのかな?

こちらを何で拭いたら綺麗になるかと工房で教えてもらうことに。
ヒルオイルで拭いても良いか?と。聞いてみました。

オッケーらしいのですが、ヒルオイルも種類が豊富らしく…、
匂いで判断することに。私が持っているものと工房のそれとは違います。(匂いが)
どうも、色々匂いを嗅いでみましたが、私のそれとは違いました。

この匂いなら、大丈夫とおっしゃられた匂いと私が持っているヒルオイルは違います。
この匂いは、取れないとおっしゃられた匂いとも違います。

では!!この匂いは?と聞かれて嗅いだ匂いは、知っている匂い。
石油系?の匂いで、そうこれ持ってます。バイオリン用のものではありません。

「真鍮」を磨くための白い研磨剤が入った液体です。

Img_2240

工房にあったのも同じようなものです。たぶん。
もっと大きい缶でしたが、白い液体で同じ匂いです。臭いんです。

こちらで磨いても良いとのこと。
ただし、白い粉が残るので後でゴシゴシ磨く必要があるけど綺麗になるとのことです。

ということでやってみました。
ピカールさん。

この液体で白くなったのか、もともと白かったのでわからないですが、
でもツルツルになりました。
けど、かなりの匂いが残ります。1週間ぐらいは嫌な匂いですね…。
もう少しマシな匂いで綺麗になるものが欲しいのですが…。

Img_2266

この写真が綺麗にした後。
ベタベタして黒ずんでいたのはなくなりました。
でもやっぱりピカピカとも言えず。少しひかりの角度で白さがあります。
まあこんなもんなのかな?

でもちょっと気になったので、メラミンスポンジでこすってみました。
これもねぇ…スポンジは茶色くなりますが、これは何の色?とちょっとビクビク。
昔使っていた外してある肩当てで実験ですが、どれもまあまあ。
完璧なのは、まだ見つかりませんね。一応綺麗にはなりますが。
研究はこの辺で。

|

« TM Violin Lesson58 | トップページ | TM Violin Lesson59 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson58 | トップページ | TM Violin Lesson59 »