« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月27日 (土)

TM Violin Lesson85

バイオリンレッスンです。
バタバタのレッスンでした。無理矢理行くなって?(笑)
お腹すきまくって、集中力がなかったですね。

カイザー(1)#9

指の開きが足りない。
痛いんです!先生みたいに楽には出来ないって言ってみたら、
先生も頑張ってるらしい。そうゆうものでしたか。(笑)

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#211

若干、相変わらず、休符のタイミングがおかしいみたいで、
リズムが崩れているみたいです。
きちんとカウントしましょう。
1,2,3,1,2,3。

ですが…カウントは、体全体でしないこと。

あと、1stに合わせること。
自分のカウントだけじゃダメ。
カウントは必要だけど、合わせることがもっと重要です。

 

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Allegro)

腕が載せたほうが絶対に弾きやすい。
なんだか弓に癖がついてしまっているらしい。
なんでだろ?
毛替え?
どうしたら良いのかは、わからないけど(笑)

ま、いっか。

あと、松脂つけすぎらしい。(笑)

Suzuki_vol9_concerto_14

ここ、ずっと難航。
音程が悪いので、シレの部分、ここ降りない。
あと、かならず、スラーじゃなくなる。
スラーです。

何ヶ月も、練習してきたので、ついうっかり、ポジションを移動してしまいます…。
なんとか直さねばです。

基本的には力を抜かないとダメ。
どーしても一生懸命弾けば弾くほど、力が入って、ガチガチに…。

先生が仰るには、
私は適当に弾いてるらしいですね。
だいたい、いつもレッスン受けているのに、楽譜にも書いてあるのに、
スラーとかいい加減に見て、自分の好きなように弾いて、間違えてる。
もっと、きちんと弾く意識があれば、いいのでは?と。

ふむふむ。レッスンを無駄にしてる?
いやいや。違いますって。だって、たくさんのご注意事項がありまして、弾いてると全部出来ないし、忘れちゃったりもするんですよね…。はぁ。

そろそろ終わらなきゃマズイんです。
来年の発表会に向けて。
今のが終わらなきゃ次の曲にいけません。
そしたら、発表会追い込まれるんです…。はふはふ。

しかも、最近忙しいし。
朝練に変えようかな…。

| | コメント (0)

2015年6月20日 (土)

TM Violin Lesson84

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#9

一度間違えて弾くとそれを覚えてしまうので、
まずは、きちんと弾くように心がけましょう。
まあ、もうそう覚えてしまってるので、修正は難しいけど、
ゆっくり、1音1音、しっかり、ピアノ弾いて、音を確かめながらやってください。

っと、いい加減な練習がバレたのでした…ハハハ。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#211

間違えてもいいけど、合わせることが重要。
基本、1stに合わせること。
もうちょっと、1st聞きましょう。

とはいえ、先ずはカウント!

3拍子苦手すぎ!っと怒られてます…。
乗り越えろ!!!です。ハイ。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Allegro)

全部弾こうと思ってるから、流れがない。
たとえ聞こえない音があったとしても、もう少しスピードアップして弾ききる。
ここで、先週は、雑音だらけだと怒られたので、ゆっくり弾いてる旨を説明。

とは言え…、最初の練習は確かに、ゆっくり確かめながら弾く事が重要だけど、
もうその練習よりも、聴かせる事を考えた練習法でなければならないらしい。

とは言え、スピードアップと共に、雑音やらでまた怒られるんでしょうけど。

色々難しいのね。

後は、全部強いのはダメ。煩い。
フレーズ感で、音の強弱をつけること。
だから、美しく聞こえないのだ。と。そうですそうです、綺麗に聞こえないのは十分承知なんです。(TOT)

スラーが逆になるのは、アクセントが出したい所、つまり曲がしっかりわかっていないから。

なるほど。あんまり考えてなくて、ただただ、楽譜に齧りついて、なんとか弾こうという姿勢…。

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

TEA HOUSE ANJO@la casa安城

TEA HOUSE ANJOに行ってきました。
どこにあったんだろ?(笑)
連れて行ってもらったので全くわからない。

けど、とっても綺麗なお店でした。
ナディアパークにある店ラ・カーサの系列店なのかな。

カフェと、建築系?イノベーション?
なので、家具とかもおしゃれでした。

オープンテラスもあって優雅な感じです。
でもなぜか、ヤギさん?いらっしゃいました。
すっごい声で泣くから、子供にしては変だと思ったら、ヤギさんでしたね。(笑)

Img_2830

夜行ったので、なんだかメニューは、少しです。
ランチとカフェな感じで、夜は9時ぐらいに閉まりましたし。

って思ったら!!どうやら、6月5日から週末の夜営業始めた様子です。
どーりで。まだ始まったばかりなんですね。

鯛のフリッター?だったかな。スープとパン付き。飲み物はついてなかったですね。
カリっと揚がっていてとても美味しかったです。
パンは3個、色んな種類のがついてました。

メニューは、ほとんど選べるほどなかったけど、美味しかったです。

TEA HOUSE ANJO(ラ・カーサ安城)
〒446-0073  愛知県安城市篠目町竜田86-5
0566-76-1551
10:00〜19:00(LO18:00)
水曜定休日

| | コメント (0)

2015年6月13日 (土)

TM Violin Lesson83

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#9

Img_2827_2

ここの音程がどうも苦手で、フラットに引きずられたり…。
不安定。
その上、スラーがおかしいことになります…。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#211

今日から下側。
むずい。

Img_2829
休符をすぐ飛ばして弾いてしまって怒られまくり。
怒られまくり。
しかも間違えても弾き直してリズム崩す。
間違えても次に行ける感覚を身に付けましょう。
間違ってもいいけど、先に。
きちんとCDを聞いてリズムを取る練習をしましょう。(と、やっていないのがバレた)

Img_28291

ここも休符を取らずに早い!

 

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Allegro)

Suzuki_vol9_concerto_14

赤い部分。
まずは最初のところは、弾きにくいからと遅くしない。
遅くしたのに、今度は緑の箇所からもどって早くなる。
自由にしない!
きちんと赤の部分は、もっと早く弾けるように。
ここは、最初ピアノでトリルの頭の音を強く。
クレッシェンドをしっかり。
ラストの装飾音が入った箇所。雑音しまくり。
しかも気にせず弾いているのがダメ。
なぜもっと、綺麗に弾こうとしないのか?意識がなさすぎるのがダメ。

あ〜凹むわぁ。

なんだろう。リズムとか音程とかばかり注意され続けてきたので、先ずはそこからと、思って練習していたのです。しっかり弾けていないのに、リズムをしっかり弾こうとすると、雑音が増えたり、雑に弾いたりしてしまいます。
ですが…今日のレッスンでは、この弾き方、練習方法に疑問があるということになります。

取り敢えずは、ゆっくり、綺麗になのかしらね。
でも多分、ゆっくりになったら、また、ドンドン急かされるような気もするんですけど…。
そうするとまた雑音だらけになるんでしょうね…。

確かに、汚い演奏だと言われれば、間違いなくそうですからね。
間違いなく、いい演奏ではないですから…。

先生曰く「雑音が気にならなくなってる」と。
いやいや違いますよ〜気にならないんじゃない!!気になるけど、先ずは弾くこと、止まらない、リズムをきちんと、音程、と考えた場合、それをしようとすると、雑音が出てしまう!

なんだかなぁ…違うんですよね。
といっても仕方ないんですけど。

私の中ではやっぱり、リズムと雑音は先ずは別の練習じゃなきゃ、どちらかを克服してからじゃなきゃ、進まないと思いますけどね…。なんとなく、納得がいかないのです!!

| | コメント (0)

2015年6月10日 (水)

Quartet27

6月のカルテットです。
うっかり気が付いたら…もうカルテット。
練習が全然出来ていなかったのでビビりまくりのレッスンでした…。

リュートのための古風な舞曲とアリア 1楽章 イタリアーナ

まずは、イタリアーナ。
ラスト、チェロさんのピッチカートを聞かずに、勝手に終わって怒られたのでした…。

Italiana_vn1
ここは、もっとハッキリ弾きましょうと。激しく弾くのでもなく…。
結構難しいものですね。
Italiana_vn11

ここは、もっと丁寧に優しくふわっと置く感じ。最後のドは特に。

次のアテンポは、間を開けても良いので、切り替える感じで。
もやっと入らない。そしてPPなので小さく。
1st二人の息が合わず、一緒に入れず…。orz

Italiana_vn12

「ラ」はフラットでした。何度も先生が高い高いと仰られているので、おかしいなと思ったら、フラットでした。
あと、ここのスラーはもっとなめらかに。

Italiana_vn13
ここ遅くなる。遅くするのは、最後だけ。

さて、ここで疑問が。
現状、バラバラです。
もちろん、今後も練習を重ねてもずれることが出てくるでしょう。
この時、誰が合わせるのか!?
全員が誰かに合わせようと彷徨えば、またまたくちゃくちゃにならないのか?

本来は、私…1stがきちんとリズムを刻むべきなんですけど…。ずれた場合…、チェロさんが刻んでいます。一番細かい音を弾いているチェロさんに合わせるしかないとのことです。

なかなかこの曲うまくいかず…荒波を航海しているみたいでしたね。(笑)
お陰で、半分以上の時間をここで使ってしまってました…。

リュートのための古風な舞曲とアリア 3楽章 シシリアーナ

_vn1

もっと上って行く感じ。

_vn11

赤丸のところを強調。
ファーファソを全部アップに。

弓元→弓先→弓元の練習をしっかりしましょう。
ぶるぶるしないように。
本来は小指に力を入れるらしいけど…私は小指が浮いているので…だって届かない…。
なので、薬指でしっかり支えましょう。

Divertimento K136 Allegro

Diveltimenti_vn1_0002
頭の音を強調して。
弓使いすぎ。

Diveltimenti_vn1_0001

ここ、2ndが弾いていて、入る。
微妙に遅れてる…。

Diveltimenti_vn1_00011
クレッシェンドしましょう。

てな感じで…ディヴェは、ほぼ時間なしでした。まあ、弾けてないので充分かもしれません。(汗)

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

ビオワイン(白・赤)

ビオワイン買ってきました。調子に乗って4本。(笑)
白3本と赤1本です。


Pied'nez 2011☆
これは普通でしたね。特に普通。美味しいけど。
フンコロガシの絵が書いてあります。
Img_2742

ポデーレ・コンコリ☆
トロンボーンを畑で吹いてるらしい。
そのお味は、いいですね。とてもスッキリして飲みやすくて好みです。

Img_2739

Rue de la Soif 2013☆
かなりフルーティーでした。とても飲みやすくて。まあ…コレ飲んでた時には相当酔っ払っていたと思うので…どうでしょうかね。でもものすごく好きな感じだったと思う。

Img_2735

ルイ・ジュリアン☆
こちらは、ネットではかなりレアらしくて、名前だけが先走って売れてしまったらしい。
希少らしく。現地で飲まれていて、なかなか日本に入ってくる数が少ないんだそう。
コストパフォーマンスに優れている。この値段で1リットル。
がぶ飲みタイプらしいです。お店でたまたま売っていることがわかって買いに行ったのですが、お店の人曰く、もっと美味しいお勧めはたくさんあるんだそう。

飲んだ感じは、本当に軽い感じです。最初は物足りなさも感じるほど。
グビグビ飲むとそれはそれで、よくなります。とてもスッキリしてますね。料理は何を選んでも相性が良いでしょうね。

Img_2733

かなりビオワインはまってますね。(笑)
二日酔い知らずですし、とても美味しいしいいですよね?体によさそうだし。ってこれだけ飲んだら…体に良いとも思えませんよねぇ。ハハハ。


| | コメント (0)

バーベキューするならワインでしょ!

ふとした思いつきで、折角バーベキューグリル買ったし、燻製に凝りまくってる私としては、やっぱ友達とバーベキューしたいじゃん。

ということで、色々揃えたんですけど、

家族で前にBBQした時、酔っぱらい達が、グラスを沢山割ったんですよ。
モウモウ!!
後片付けも大変だし、庭にグラスが散りまくった…。

なので、アウトドア用にしようかと。

でもワイン飲みたいじゃん。

ネットでウロウロ。

見つけました!


これですよこれ!
落としても割れない!本物のガラスのようなアウトドアタンブラー」と買いてありますし。
耐熱らしいし。素晴らしい!
これなら、ワインいれても、くるくるできるし。優雅な感じになるのでは?と。

コールマンの文字の所までワインを入れると一番香りも楽しめて良いらしい。

結構良かったですよ。

まあ、謳い文句の本物のガラスのようなってのは、ウソですけど。
間違いなく、プラスチック?飲みくちも、滑らかさはないので、ガラスのような感じはしませんね。でも、割れないし、いいかな。

とはいえ、本当のワイングラスの方が人気者でしたけどね…。
いや…酔っぱらいは割るんですから!やっぱりこれでイイと思いますよ!

| | コメント (2)

バーベキューするなら、机も!

もう随分昔から…10年以上前なのかな?

Img_2808

部屋の机として、いつもはこの状態で立てかけてありますが、お客様が来た時とか、作業したい時とかに出して使ってます。一応、コールマンのアウトドア用ですけどね。私の場合は、ほとんどが、部屋用のお机として使っているんです。(笑)

Img_2809

中身はこんな感じで、椅子付き。足もつけれるので、低い机としても、高い机としても使える超便利なもの。

同じのがもう1個欲しかったのですが…、そりゃ廃盤ですよね?
ものすごく前のものですし。これは、何だったか?頂きものですし…。

で、楽天のカード作ったら、ポイントが貰えたので、しかも期間限定ポイントとか言うものらしく、凄い短い期間で6000ポイントも使わなきゃいけないんですねぇ…。

で、こちらのテーブル買ってみました。(いや…貰ったというのか?)

Coleman(コールマン) ナチュラルモザイクリビングテーブルの90 というサイズみたいです。
約90×60×40/70(h)cm

Img_2807

シルバーのクールな以下の奴がよかったんだけど…。サイズも60と110で90が良かったし…値段も高いしね…。

値段とサイズの兼ね合いでモザイク柄のリビングテーブルにしました。
でもネットで見た時はダサイって思ったんですけど、実物は良かったですよ。穏やかな絵柄で別に悪く無いです。結構可愛いかな。

ただ、前から使っているテーブルの方がしっかりしてます。こちらの商品は、押すと少しフニャっとなりますからね…。まあでも見た目はこちらの方がおしゃれかしら?

Img_2810

中身はこんな感じで、足を立てるだけ。進化してますね!
あとは、高くしたければ、真ん中にある足を4本入れていけばOK。

続きを読む "バーベキューするなら、机も!"

| | コメント (0)

2015年6月 7日 (日)

バーベキューグリルのお掃除

ちょい前にColeman(コールマン) クールスパイダープロというバーベキューグリルと、コールマンのパーティーボールグリルというバーベキューグリルを買ったのですが、

なかなかgoodです。
使い分けてます。クールスパイダーは、大勢でやるとき。
家族だけの時と燻製は、パーティーボールですね。

ただ、どちらも…お掃除は大変ですね。
完璧に綺麗にはならないので、ロゴス(LOGOS) BBQお掃除楽ちんシート(極厚) というものを買ってみました。普通の家庭用のだと、溶けてしまいます。
ちゃんとバーベキュー用ってのが売ってるんですね!
これは、便利です。結構分厚いので、トーチバーナー で、火をつけても全然破れません!!

Img_2791


Coleman(コールマン) BBQ&七輪&焚火台【送料無料】Coleman(コールマン) クールスパイダープロ...

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

TM Violin Lesson82

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#9

今回は良かったらしい。
とは言え、勝手に自分で範囲を決めてそこだけしかやってませんので、その次を次回のレッスンでとのことです。たくさん練習すると全てはいい加減になるので、減らしたほうがいいのかもしれませんね。(笑)

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#211

だんだん早くなる。(自由すぎる。)
私の自由な速度に先生が合わせてくれているらしいけど、それでもどこかでずれるんですね…なんでかしらね…???
変なところに、勝手にスラーをつけない。

次回は下をやってみてください。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Allegro)

Suzuki_vol9_concerto_14

ここ。赤線のところ。ここから、めちゃめちゃ遅くなる。何故か、弓の量も半端無く大きくなる。
なぜ?と先生に問われますが…なぜでしょう?特に意識してるわけでもないけど、その辺りから妙に一生懸命に弾きたくなるんですよね。乗ってくる感じ?(笑)

Suzuki_vol9_concerto_15

同じ音を違う指で弾く時でも、同じ音なので絶対にずれない。
ずれると目立つ。シャープが低い。

Suzuki_vol9_concerto_151
ここは、勿体無い!きちんと弾けているけど、スラーが途切れることにより、プチプチする。
もっと優雅に流れるように。とにかくスラーを切らない。
赤線の部分は、全スラーで弾くと良い。

Suzuki_vol9_concerto_16
ここ、遅くなる。

Suzuki_vol9_concerto_161
最後の「ド」が強すぎる。もっとふわっと。

全体的に言えることだけど、音を出してから力が入ってうるさくなるけど、
逆で、音を出したらすぐに抜く。
後から大きくなるのはNG。
なんだろうか…おっしゃっていることはわかるのですが…何故かそうなってしまっています…。抜くって言うのは結構難しいものです。orz

後は、前から乗り越えられない…箇所…。
こちらは、だいぶ良くなっているけど、リズムがつかめると今度は音程。

来週も頑張りましょうとのことです。あー終わらなーい!!(涙)

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »