« Quartet27 | トップページ | TEA HOUSE ANJO@la casa安城 »

2015年6月13日 (土)

TM Violin Lesson83

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#9

Img_2827_2

ここの音程がどうも苦手で、フラットに引きずられたり…。
不安定。
その上、スラーがおかしいことになります…。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#211

今日から下側。
むずい。

Img_2829
休符をすぐ飛ばして弾いてしまって怒られまくり。
怒られまくり。
しかも間違えても弾き直してリズム崩す。
間違えても次に行ける感覚を身に付けましょう。
間違ってもいいけど、先に。
きちんとCDを聞いてリズムを取る練習をしましょう。(と、やっていないのがバレた)

Img_28291

ここも休符を取らずに早い!

 

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Allegro)

Suzuki_vol9_concerto_14

赤い部分。
まずは最初のところは、弾きにくいからと遅くしない。
遅くしたのに、今度は緑の箇所からもどって早くなる。
自由にしない!
きちんと赤の部分は、もっと早く弾けるように。
ここは、最初ピアノでトリルの頭の音を強く。
クレッシェンドをしっかり。
ラストの装飾音が入った箇所。雑音しまくり。
しかも気にせず弾いているのがダメ。
なぜもっと、綺麗に弾こうとしないのか?意識がなさすぎるのがダメ。

あ〜凹むわぁ。

なんだろう。リズムとか音程とかばかり注意され続けてきたので、先ずはそこからと、思って練習していたのです。しっかり弾けていないのに、リズムをしっかり弾こうとすると、雑音が増えたり、雑に弾いたりしてしまいます。
ですが…今日のレッスンでは、この弾き方、練習方法に疑問があるということになります。

取り敢えずは、ゆっくり、綺麗になのかしらね。
でも多分、ゆっくりになったら、また、ドンドン急かされるような気もするんですけど…。
そうするとまた雑音だらけになるんでしょうね…。

確かに、汚い演奏だと言われれば、間違いなくそうですからね。
間違いなく、いい演奏ではないですから…。

先生曰く「雑音が気にならなくなってる」と。
いやいや違いますよ〜気にならないんじゃない!!気になるけど、先ずは弾くこと、止まらない、リズムをきちんと、音程、と考えた場合、それをしようとすると、雑音が出てしまう!

なんだかなぁ…違うんですよね。
といっても仕方ないんですけど。

私の中ではやっぱり、リズムと雑音は先ずは別の練習じゃなきゃ、どちらかを克服してからじゃなきゃ、進まないと思いますけどね…。なんとなく、納得がいかないのです!!

|

« Quartet27 | トップページ | TEA HOUSE ANJO@la casa安城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Quartet27 | トップページ | TEA HOUSE ANJO@la casa安城 »