« TEA HOUSE ANJO@la casa安城 | トップページ | TM Violin Lesson85 »

2015年6月20日 (土)

TM Violin Lesson84

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#9

一度間違えて弾くとそれを覚えてしまうので、
まずは、きちんと弾くように心がけましょう。
まあ、もうそう覚えてしまってるので、修正は難しいけど、
ゆっくり、1音1音、しっかり、ピアノ弾いて、音を確かめながらやってください。

っと、いい加減な練習がバレたのでした…ハハハ。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#211

間違えてもいいけど、合わせることが重要。
基本、1stに合わせること。
もうちょっと、1st聞きましょう。

とはいえ、先ずはカウント!

3拍子苦手すぎ!っと怒られてます…。
乗り越えろ!!!です。ハイ。

鈴木9巻(モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 Allegro)

全部弾こうと思ってるから、流れがない。
たとえ聞こえない音があったとしても、もう少しスピードアップして弾ききる。
ここで、先週は、雑音だらけだと怒られたので、ゆっくり弾いてる旨を説明。

とは言え…、最初の練習は確かに、ゆっくり確かめながら弾く事が重要だけど、
もうその練習よりも、聴かせる事を考えた練習法でなければならないらしい。

とは言え、スピードアップと共に、雑音やらでまた怒られるんでしょうけど。

色々難しいのね。

後は、全部強いのはダメ。煩い。
フレーズ感で、音の強弱をつけること。
だから、美しく聞こえないのだ。と。そうですそうです、綺麗に聞こえないのは十分承知なんです。(TOT)

スラーが逆になるのは、アクセントが出したい所、つまり曲がしっかりわかっていないから。

なるほど。あんまり考えてなくて、ただただ、楽譜に齧りついて、なんとか弾こうという姿勢…。

|

« TEA HOUSE ANJO@la casa安城 | トップページ | TM Violin Lesson85 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TEA HOUSE ANJO@la casa安城 | トップページ | TM Violin Lesson85 »