« TM Violin Lesson90 | トップページ | ビオワイン »

2015年8月 7日 (金)

TM Violin Lesson91

カイザー(1)#10

完璧な音で弾く事!
きちんとピアノで合わせて弾いているか?とのことですけど…
自分で合ってるなと思って適当に…。ゴニョゴニョ…。
きちんとピアノで合ってるかの確認をしなさいとのことです。
一度ずれて、曖昧にしないこと。
いい加減な練習法がバレたのでした…。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#223

なぜか突然早くなったりで、もう一度やり直しでした(笑)
次回は、下側も練習してきましょうとのことです。

Beethoven Violin Sonata #5 Op.24(Spring Sonata)

音が自分で合ってないなって解ってるのに弾き続けるのは何故?
はい、そうですけど…、なんとなく取り敢えず先に進んでみたかったのですね…。
合ってないの解ってるんだから、きちんと合わせましょう。合わせたいって気持ちが大切とのことです。最初にいい加減に弾いて、その音を覚えてしまうのは絶対にダメだそうです。

「シ」が段々ナチュラルに近づく。
フラットです。
音にクレッシェンドとかありません!って怒られました。
って、先生、うまいこといいますね!(笑)

あとは、疑問だった箇所のポジションを先生に弾いてもらって教わってきました。
高音部は、やはり、どこかキーになる音から上がっていくのがポイントらしい。
やっぱり自分で考えるより先生に教わるべしでした。

|

« TM Violin Lesson90 | トップページ | ビオワイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson90 | トップページ | ビオワイン »