« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

Quartet31

9月のカルテットです。
久しぶりの全員集合。

Divertimento K136 Allegro

テンポは少し早め、120ぐらいかな?の方が弾きやすそう。
最初、110くらいか?結構ゆっくり始めたら、どうも弾きにくく、ずれやすいみたいです。

1stの私、最初からテンポ感が崩れる。
私がしっかりする必要があるのですが、チェロやビオラ、下を弾いて下さる人達に合わせる必要があるみたいです。

Diveltimenti_vn1_0001
相変わらず、ここ。
2ndを聞いて入ります。(笑)
前回は、2nd任せな私は怒られたのですが、やっぱり、しっかり聞いてはいるかな(笑)
で、まだしっかり聞けていないのか、ずれちゃいますが…。
万が一、入れなかったとしても、「レド♯シラシ…」の所で必ず入ること。ここで合わせる!

Diveltimenti_vn1_0001

ここ、みんなが綺麗に揃って終わらなければ気持ち悪い所ですが…どうも遅れる様子。
しっかりチェロさん聞いて合わせ無きゃダメ。
最後の音が、短すぎたり、強すぎたり…ここは、もっとホワっとまあるく終わりましょうと。


Diveltimenti_vn1_00021
ここの重音が何故かバラバラ。
ここの音がズレても、リズムがズレても、気持ち悪いのでしっかり合わせること!

Diveltimenti_vn1_0002

後半部分。ここは、前半と同じ弾き方ではダメ。
違いをしっかり分かるような弾き方に!
とのことで、どうやら、最初の出だしの所の「ラ」は、元気よくハッキリしっかり!
後半部分の「ラ」は、ガラリ変わって、落ち着いた感じ。

最初が長調の「ラ」で後半が短調の「ラ」。
つまりは、ビブラートで違いを表現する。後半の「ラ」はビブラートをゆっくりかけて短調らしく。

Divertimento K136 Presto

前回は半分だったので、今回は、全部やってみました。
って私、全然練習していなかったので…後半はかなり悲惨でしたね…。

月1のレッスンで、その他、皆個人レッスンもあり、仕事もあり、沢山の曲を抱えての練習は本当に大変で…。この3楽章を発表会でやるかやらないかの議論の中、取り敢えずやらない方向で決定!

いい曲なので、また発表会終わってからゆるりやることにして、追い込まれない選択を!

ひとまず安心で、1楽章と個人曲の練習頑張ろう!

| | コメント (0)

2015年9月26日 (土)

TM Violin Lesson97

バイオリンレッスンです。

カイザー(1)#10

先生に指示された音を単発で弾くと音は取れている。
楽譜をみて弾くからずれるのか、はたまた音が連続するとダメなのか…。
和音が苦手?
ということで、1音1音、音を取ってから和音を弾くようにしましょうとのこと。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)メヌエット(ボッケリーニ)

この曲というわけでもありませんが…私の弓が曲がることについて。
自分でも色々研究してみたものの、直らないんですね…。
そもそもそんな注意も受けずに別の先生に5年ぐらい習っていたので…最初からその変な癖を付けたまま…その後、注意を受けても全く直る兆しが見られない…。(涙)

アップだけがダメなので、アップだけ気をつけること。
弓を握りしめすぎるのがいけないのではないか?

色々ありすぎて理由は判りませんが、早く直せたらいいのに…。

さて、メヌエット。
こちらは、もう少し強弱つけて弾きましょう!

Beethoven Violin Sonata #5 Op.24(Spring Sonata)

レッスン前に…。
先日、姪っ子達のピアノの発表会があり聞いてきました。
3人の先生による部で、先生によりクオリティーも何もかも違います。
とある先生の生徒さんで、小学校高学年から高校生ぐらいの子供たちの弾いている時です。
選曲した曲がレベルに合っていないからなのか?
とにかく、ノロノロ速度で弾き、自由なリズムで、取り敢えず弾けているといえば弾けているのです。ただ、何人もが同じように弾き…結論から言えば、ツマラナイ、退屈でがっかりな演奏なのです。
一生懸命弾いているのです、きっと一生懸命練習したことでしょう。
もちろん批判するために書いたのではありません。
ただ、なるほど!これが自分だ!と思ったのです。
毎回先生に、淡々と弾いてツマラナイと言われます。

言ってしまえば、荒削りでも間違えても、強弱があったり、失敗を恐れずに、リズムだけはきちんと合った状態で弾かなければ、曲として成り立たないんですね…。

もう曲は決めてしまって練習することしか出来ませんが…。
少しでもマシな演奏が出来るようにしなきゃ…と思ったのであります。
思っただけで、練習をサボりがちの毎日です…(汗)

さて、また前置きが長くなりました。

一番最初の場所。
ここが一番重要!何処が一番きれいに弾かなければならないかといえば、この最初!
ということで、ここだけは絶対に綺麗にとのことです。
早いからと思って、慌てて弾きすぎて、絡まっている感じ。転んでいるらしいです。
慌てずしっかり弾く事。またメトロノームで合わせてみること!速度を落としても良いので。
弓を返すのに時間がかかりすぎ。

相変わらず伴奏の箇所は音がずれているらしい。自分では何処がずれてるのか判っていないのがあかんですね…きちんとした音を頭に入れないと…違和感感じなくなってしまうんですよね…。

Springsonata

この難航している箇所。
リズムがおかしいのと、ここでスラーを間違えるから弾きにくい!
また、恐らく弓を返して次の音の「ド」最初も最後も遅い!
とにかくここは転んでしまい、ぐちゃぐちゃになってしまいます。

しっかり練習すること。

また今半部分に突入できず。
とは言えまだまだあるので…早めに音を見て、最後まで到達しておかなきゃ綺麗に弾く練習どころではありません…。先生はまだまだ時間があるから大丈夫とおっしゃいますが…確実に迫っておりますね…。

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

バーベキューの炭はどれがいい?

全然更新出来ておりませんでしたが…。

バーベキューを頻繁にやるようになり、最初は、とりあえず、ホームセンターでホームセンターオリジナルの炭を買ってきました。

しかし!ホームセンターで売っている安い炭は、どうやらマングローブ。
そして、炭の1個1個がデカイ!軽い。
それはまあいいとしても…火花がすごく散るんです。火傷したりもするんです。
子供が近くによると危ないですね!
また、焼いた時の煙。これも激しく、お肉が黒くなるんです!!

これはダメでしょう。

色々探してみました。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)オガ備長炭を購入してみたところ、煙もなく、バチバチ火花が飛び散ることもなく、火付けも普通に良く、いい感じです。
若干、炭が小さいから?すぐなくなってしまいますが。

こちらのオガ備長炭はなかなかいいかとも思っていましたが、少し研究してもう少しいい炭を購入することにしてみました。岩手切炭という炭です。
これは、日本製の炭だそうです。天然のナラの木100%。そして、匂いもなく、煙も立たない。
大きさもちょうどよく、全てにおいて調度良い。もちろん、火花も飛び散ったりもありません。
火付けも、普通に付きますし、6kgで一箱なので、少し大きいですが。

Img_3327

Img_3330

こんな感じで、大根が黒くなったような綺麗な形してるんです!
隙間もあって風も通りやすそうですし、火起こしに良さげでしょ?

という訳で、岩手切炭 なら堅1級6kg×3個で送料無料を見つけてしまい…、そんなに要るのか?といいつつ…物置にこそっと置くことに決めて買ってしまいました。ふふふ。
こそっと置くって6kgが3箱なので、こそっと置くのは無理ですけどね。(笑)

いいですよ。この炭。CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)オガ備長炭は2kg入で1000円程度なので、まあ、大量に買えば高くはないのか…という計算です。

そして、秋刀魚の時期になりまして…我が家はたぶんアホくらい秋刀魚が好きなんです。
子供の頃は、秋刀魚担当で、いつも七輪で焼いていました。
またまた復活で、Coleman(コールマン) パーティーボールグリルで毎週必ず秋刀魚を炭火焼きしております。

格別に美味しいですね。
秋刀魚は、特に、油が落ちるので、ファイヤーしやすく、炭は拘ったほうがいいですね!

| | コメント (0)

TM Violin Lesson96

バイオリンレッスンです。
近頃、レッスン日記も遅い更新ですが…それ以外…なんにも書けていない…。

カイザー(1)#10

音をきちんと取れてるか確認しながら練習しましょう。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)メヌエット(ボッケリーニ)

今日はメヌエットと思って…先にベートーベンのメヌエットからだったらしいけど、
間違えて練習してしまったので、取り敢えずは、ボッケリーニのメヌエット。
これ、鈴木の1巻?2巻?はじめの方にあったはず!
でも、曲自体は覚えていても、実際弾こうと思うと、あれれれれ?となりますね。(笑)

取り敢えず、リズムも音も間違ってはなくて、弾けてるといえば弾けてる。
けど、もうちょっと曲らしく。もう一度!

Beethoven Violin Sonata #5 Op.24(Spring Sonata)

まだ音が、高かったり低かったりするところがある。
後半は、取り敢えずこんな感じ。
よく♭忘れる。

先週取れなかった所は、直って取れてるらしい。
いいところもあるけど、まだ直っていない所もあるとのことです。
しっかり音程が定まるように!

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

スマホ

ああ!腹立たしい!

機種変して2年ちょい。

機種代金より月々サポートの値段が高いという素晴らしい機種でしたが…
ここんとこ、めっちゃ熱くなったり、
電話がかかって来たと思ったら、切れたり。
充電は、半日で30%切る有り様。電話でしか使わないのに。
気づくと、切れてたり…。

結局…使いものにならないことになりまして、機種変しました。

ドコモショップでiPadに変更しようか、Androidにしようか…相談に行ったんです。
けど…待ち時間が長くて、暇だったから、ネットで調べてたら!!
ドコモショップとドコモのOnline Shopで値段が違う!

ドコモショップは、頭金5000円。
foma→Xiの変更は、3000円。
機種の分割が、月々サポート引いて880円だったかな?

オンラインショップは、
頭金0円。
foma→Xiの変更は、2000円。
機種分割、0円。

ということで、取り敢えず、必要なのは電話できる電話なので、ipad欲しいけど、またいつかにして、Android携帯の「Xperia(TM) Z3 Compact SO-02G」にしました!

もちろんオンラインショップでぽちっとやってね。
ドコモショップは、また考えます〜と言って帰ってきてしまいました。(笑)

オンラインショップはいつも使ってますが、事務手数料無料かと思ったら、foma→Xiの変更は有料でした。まあ、仕方ない。FOMAもうないもんね…。

Img_3176

面倒だったから、一緒にフィルムも購入。
ケースはまたそのうち…。

Img_3178

見た感じは同じようなサイズに見えるけど、薄い!やった!
とにかく小さいやつが良かったので。
電話でしか使わないから、特に機能は要らない。

って言いながら、
車はBluetoothで繋いでるので、要る!
Androidなんだから、おサイフ要る!

そんなもんかな。(笑)

緑可愛いので、これに。何より、タダですからね!!

Img_3273

充電は、こんな感じでできるっぽい。けど、ケースつけたらこれが出来ないっぽい!なんでやねん!これ、バイオリン弾いてる時に録画するのに調度良い。ふふ。いいかも。
せっかく最近Manfrottoのミニ三脚 PIXI を購入したばかりだけど。まあいっか。

しかし!届いて自分で設定して、まあこの辺は楽勝。
でも!!!!!!!!!!!
留守電に切り替わるのが手動では出来ないことがわかった!なんちゅう!!

いつもは、電話が鳴って、手が放せない時は、切るボタン(拒否)を押す。
そうすると、留守電に繋がる。

なのに、「Xperia(TM) Z3 Compact SO-02G」は、それが出来ない。
なんどやっても、留守電に繋がらずに切れちゃう。
んーー。どんな設定?

探しても見つからず、ドコモに聞いてみた。
最初の担当の人も同じ機種で操作して色々探ってくれたけど、わからないってことで、
今度は、違う部署に回してくれて、そこの人の方が機能に詳しいとのことで…。
結局、出来ないとのこと。(笑)(笑)


なんでやねん!

結局、携帯についている留守電機能を使うのが良いとのことで…。
それなら!もう有料で留守電を契約してるけど、止めて携帯の留守電機能を使うことにした。

んー。変なの。まあいっか。取り敢えずやりたいこと出来たし。
まだ裸族だけど。

ちなみに、機種変したのは、ちょい前です。iPhone6sの発表よりは随分前ですよ!

| | コメント (0)

2015年9月12日 (土)

TM Violin Lesson95

バイオリンレッスンです。
忙しくしてるけど、バイオリンだけは、頑張って通っているだけは通っております。(笑)
え?練習?それは…あんまり…(笑)

カイザー(1)#10

弾いた後で、何処を間違えたのかわかりますか?
きちんと自分の耳で、合ってるか合っていないかしっかり聞いて分かるようにしましょう。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#223

今日も、下側担当です。
ちょっと音が大きすぎるらしい。
だから、上の音が聞こえないのだそうです。(笑)
小さくしてるつもりでも、デカイらしいです。ハハハ。
何度も、突っ走りましたが、なんとか合格もらえました。良かった。

Beethoven Violin Sonata #5 Op.24(Spring Sonata)

近頃は…練習もあんまりしておりませんが…
スランプ中です。ってこーゆうのスランプっていうの?ただ練習不足かしら???

先生に訴えてみましたけど、そうスランプでもない様子(笑)
私はスランプなんですよ!!

ちょっと強いかな!必死に弾きすぎ。
音に丸みが帯びない。
だから華麗な感じにならないのでは?
あとは、毎回言われてる通り、弓が曲がるから擦れた音がする。

特に8分音符が強すぎる。数を数えすぎ?
首振ってカウントしない!(笑)またやってしまっているみたいです…。

結局、今日は後半をやろうと言っていたのに、前半でつっかかって終わってしまいました。(笑)あーあですね。

前半は少しリズムがおかしい所を直すことと、
必ず同じ箇所で音が狂っているので、直すこと。
強く弾き過ぎないとか…色いろあるとは思うけど、取り敢えずそれくらいは直しましょうと。

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

TM Violin Lesson94

バイオリンレッスンです。
ちょいお疲れ気味。(笑)

カイザー(1)#10

同じ音で、開放弦と押さえて弾く時とで、音が違うと、確実に違う音だとわかるので気をつけましょう。
なるべく、ばたばたしないように、一緒に押さえれる箇所は押さえる。

ホーマンヴァイオリン教本2(HOHMANN)#223

今日も、下側担当です。
1stバイオリンをしっかり聞いて、弾きましょう。
相変わらず、早く入ってしまう…。
何度も何度も、失敗しましたね…。
もう少し余裕で弾けるように。そして、先生が意地悪するらしいです。
それもついていけるように、もう少し綺麗なハーモニー目指しましょうとのこと。

間違えても良いけど、きちんとカウントして何処で合わせてはいるのか、
完璧にしましょう。

アンサンブルでも落ちても入れるように、耳を鍛えましょう、とのことです。

Beethoven Violin Sonata #5 Op.24(Spring Sonata)

フラットが、微妙に高い。
ナチュラルとフラットがいい加減。曖昧すぎる。
伴奏の箇所。だいぶ尺にはハマるようになってきたけど、まだ音が全体的に上ずっている。
もっと音を完璧に。
伴奏の箇所だからと適当に弾かないこと。

毎回適当なボーイングにしないこと。
きちんと最初に決めること。

Springsonata3

ここ、「♭ミ」から「ファ」に上がるところ。
ミが♭なので、間は1音。指をくっつけない!

Springsonata4
休符無視しない!

Springsonata5
ここは、なんか指がじたばたして全然ダメです…。

Springsonata_0001

ドが足りない。
弾き直すこと。
最初のドも短い。
ここ、弾きにくいですね。

取り敢えず、今日もここまでしかたどり着けず。
最近、カイザーとホーマンで時間かかりまくりですからね…。

来週は、後半行きましょう!
後半も全然練習も進まないんですけどね…。

しばらくレッスンだけ行って、練習怠りモードですが…まあ仕方ないか。
少しずつやらなきゃね!レッスン代がモッタイナイですね…。

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »