« TM Violin Lesson121 | トップページ | TM Violin Lesson122 »

2016年3月31日 (木)

Quartet37

3月のカルテットです。
今日から来年の発表会に向けてのレッスン開始です。
月1レッスンなので年間12回。
発表会の練習はだいだい多くて11回かな。
結構少ないですね。

リュートのための古風な舞曲とアリア1楽章(レスピーギ)

来年はこの「リュートのための古風な舞曲とアリア」の全楽章をとのことです。

昨年に1楽章、3楽章は練習したのですが、1st,2nd総入れ替えの為、パートが変わったのですべて一からです。

私は久しぶりに2nd担当となりました。
久々に2nd弾いてみると、本当にどんな曲だっけ?と判らないですね。
最初の譜読みで苦労してます…。

え〜実はですね…ここんとこ忙しさにかまけて…練習がかなり怠っておりましてね。
怠けすぎです。反省…。今回は、1楽章と2楽章やりますって先生がおっしゃっていて、まあでもなんとかなるだろうって思ったら!数日前に2楽章をやり始めようと思ったら!こんな曲知らない!!!

今頃?って呆れられてると思いますが、Amazonでクリックしましたよ。(笑)CDね。イタリア合奏団の「リュートのための古風な舞曲とアリア第三組曲 ほか」というCDにしてみました。結構いい感じです。

イ・ムジチ合奏団のは、4月に発売みたいですね。両方聞いてみたいけど取り敢えずイタリア合奏団のヤツ購入しましたけど、良いです!私は好き。

聞いても弾けませんよね(笑)
しかも1stならまだしも…2nd聞いてもわっからーーーん!!!

スラー内で、音譜にテヌートがついていたら、引き直すこと。
しかもただのスラーにならないように気をつけること。

ラストは、1stに合わせて終わること。勝手に先に終わらない。
何度も弓が足りなくなって勝手に終わっては怒られておりましたね…。

Antiche_danze_ed_arie_per_liuto_vn2

ここの最後のドの音が、大きすぎるらしい。ここだけデカくなるとのこと。
弾いた後にふわっと持ち上げる。飛行機が飛び立つ感じらしい。←あ、これは私のイメージだけど。たぶんこんな感じと思われる。

ピアノで重音を弾く箇所…やっぱり音が大きすぎると怒られる…。
重音弱く弾くと、どっちかの音がかすれたり、うまいこと弾けないのね…。むずかし。


リュートのための古風な舞曲とアリア2楽章(レスピーギ)

二楽章…本気で弾けないけどやっぱりレッスンは進みます(笑)
半分以下もついていけずでした…ハハハ。

という訳で…また来月〜〜

|

« TM Violin Lesson121 | トップページ | TM Violin Lesson122 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson121 | トップページ | TM Violin Lesson122 »