« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月21日 (水)

Quartet46

12月のカルテットです。
更新遅っ!!

リュートのための古風な舞曲とアリア1楽章(レスピーギ)

全体的に弓をたくさん使うこと。
ピアノとは言え、小さく弾くと、音がこもる。
綺麗な音をだす為には、もう少し弓の量を増やすこと。
皆が同じ弓の量を使うこと。

リュートのための古風な舞曲とアリア2楽章(レスピーギ)

フェルマータ、最初に弓の半分を使ってしまうこと。
だいぶリズムを作っている箇所があるみたいでした…(汗)

Antiche_danze_ed_arie_per_liuto_vn2

この辺のリズムが難しいく、何度も間違えてしまいました…。
98からが、どーしても早くなってしまう様子。

その後、ピチカートが相変わらず苦手で、うまい事いかずです。

リュートのための古風な舞曲とアリア3楽章(レスピーギ)

ppが音が大きい。
しっかり刻むこと。

リュートのための古風な舞曲とアリア4楽章(レスピーギ)

4楽章は、相変わらずグダグダ。
楽器は下げない。音が下向きになる。

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

TM Violin Lesson158

グループレッスンと個人レッスン。
更新が遅れまくりですが…。

2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調(バッハ)

音程がよろしくない。
ラスト1/3がとにかく合っていない。
多分、自分自身ラストがまだ上手く弾けていないので、突っかかってしまい、
余計に合わない感じもします…。

そして、合わない箇所は先生に一緒に弾いてもらってチェックしました。
伸ばす場所などは、先生がカウントしてくれていると、きちんと出来ているみたいですが…
カウントなしだと、どうも焦ってしまっているんだとか?

Rondo K.250(モーツァルト

Rondo

ここ、スラーが途切れないこと。
そして、優雅に!
今までと曲調が違うので、しっとりしっかり!
開放弦は使わないこと。
なので、ポジションを移動して弾きましょう。
でないと、とてもつまらない音になります。

早く弾きすぎると、自分が辛いので、ある程度、全てが弾ける速さに。

そして、カデンツァ…そっちのけでとりあえず最後まで先ずは弾けるようにとのことでしたが、もう時間がなくなってきましたので、カデンツァは、一人で弾かなければいけないので、とにかく今からしっかり練習しましょうとのことです。

そして、今年2016年のレッスンも終わりです。
しかし発表会まで時間がないのに…全然弾けません。参った参ったです。

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

TM Violin Lesson157

バイオリンレッスンです。
今日からはカイザーとか辞め。

Rondo K.250(モーツァルト

タカタカタカタカと、一定すぎる。
つまらない。
もっと強弱をつけたりしながら弾かなければ、聞いていてつまらない。

あと、必死に弾きすぎている。

音の一つ一つがバラバラに聞こえる。
音を繋がって弾く。
たぶん弓を持ち上げていることが原因ではないか?
ずっと弓にかける力加減は変えない。

重音の音がどちらか出てない時が多い。
これは、弓が曲がるから。

後は、リズムがおかしい所、
早く弾けなくてノロノロの自分の弾ける都合の良いリズムになってしまうこと、

などなど、よくなってるところもあるけど、
しっかり直しましょう。

| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

TM Violin Lesson156

バイオリンレッスンです。

リュートのための古風な舞曲とアリア2楽章(レスピーギ)

今日はあまりにカルテットの曲が酷いので、
カルテットレッスンみたいです。
でも先生には言えないけど…
練習してないから、個人の曲にして欲しかった…。

と乗り気でない心が
レッスンにも響きまくりーの。
怒られまくりです。

たまに、音が抜けている箇所があり、だから合わないんだと気づいたり。
あとは、かなりリズムが変みたいで、
先生に一緒に弾いてもらいながらのレッスン。

そして、それだけ終わってしまいました…あーーーー

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »