« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月28日 (土)

TM Violin Lesson162

グループレッスンと個人レッスン。

2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調(バッハ)

二人の弾き方が違うから、合わない?
今更、合わないと言われてもの…どうしたらいいのか分からずの感じでレッスン開始。

タイの所で、早くなる。

相手の音をきちんと聞く事。
聞いてると、もさもさっと遅くなったりしてます…(笑)

後半はかなりズレました。
ラストはとりあえず、合わせて終わったけど(笑)
終わり良ければ全て良し?ですかね???

これが一番マシとか私は思っていましたが、
なんだか雲行き怪しくなってきました。(笑)

私が2ndなのですが、1stの人に合わせてもらう感じのレッスンです。
なんか情けなさ倍増な悔しさ倍増な…。

もやっとレッスン終了してしまいました。
ちなみにもう間近の発表会…間に合うのか。

Rondo K.250(モーツァルト

ピアノと一緒に入るので最初は合図から始めること。
お休みが早い。

スピードは、もう少し早めの方がいい。
途中から早くなるけど、その方が上手に弾けているとのこと。
早く弾くと、弾けるときと、突っかかりまくるときと、色々で、
たまに、いい感じに弾けるけど、弾いてるうちになりますが…
でも発表会も1回しか弾かないしねぇ…。
あらま、どーしましょ。
相変わらず、全ての立ち上がりが悪いということです。 

譜めくりすることにして、
めくる前は、響かせて終わった感じにすること。
弓は上げること。

弓が斜めすぎる。
弓がバタバタしてる。
これが直ると弾きやすくなるし、音も良くなる。

Img_0030_rondo

ここ難しいけど、
弓を先から、段々返しながら元に持っていく。
一番元になるのが、ミレ。
その後、今度は先に。
後の音が、少し短い。

Img_0030_rondo1

カデンツァの入りが、適当すぎる。
しっかり強く響かせる。
フェルマータまで頑張ること!!!!!

Img_0032_rondo1

カデンツァ、スラーがかかっているからスラーの終わりで間が出来てしまっているけど、
ここをあけないで頑張って弾くこと。

Img_0032_rondo2

ラスト重音が、本当に弾けません。
多分、発表会までには無理(笑)
とりあえず、頑張るとかいた辺りから、速度アップしてラストまで持っていくのがいいけれど、難しかったら、一旦、ピアノで遅くして、ラスト2小節の重音を早くして、最後まで盛り上げて持っていくのがいいかもとのこと。
後はセンスらしいけど。
センスも技術も持ち合わせてませんので…。

さて、あと1週間です。
まじヤバいです。

| | コメント (0)

2017年1月21日 (土)

TM Violin Lesson161

個人レッスン。
追い込まれても尚…弾けませんね…

リュートのための古風な舞曲とアリア1楽章(レスピーギ)

弾ければいいや的な私の安易な考えと、先生の考えは違ってまして…
全部音重視の1stポジションでいこうと考えていましたが…
ダメらしいです…(笑)
音程重視でも…。あらら。
スラーは途切れないこと。
欲を言えば全部ビブラート!!!!!

弓を返す時に音が大きくなるのはダメ。
いつも同じ音。
1拍目が一番大きく、1,2,3で3拍目が一番小さい。
音程が上がっていくと、音量が上がっていく感じを作ること。
楽譜に指示がなければ基本上がる。

弓が足りないところは返してヨシ!


HERO

2小節ぐらいズレてしまいました(笑)
練習していないのバレバレです。
ベタ弾きにならないように、頭にアクセントで弾くこと。

Rondo K.250(モーツァルト

この曲、先生が計ってくれたら10分もかかりました。
CDだともうちょい短いはずなので、早く弾けないことがよくわかります…。
しかも、中間くらいから疲れてるのがわかるらしい。
本当に疲れてます(笑)

ラストの重音が、盛り上がって早いスピードで終わる。
ただ、ラストの手前くらいから助走的になったほうがよい。
ラスト手前の重音が難しすぎて、弾けなくて、よちよち…。ここ頑張ってとのこと。

スラー切れない。
休符が少し無視してる。
カデンツァが遅く聞こえるから、とにかく早く。
弾けないなら、その手前を遅くしてでもカデンツァを早く弾いてるような感じをつけること。
あと、カデンツァ後が早くなると、やっぱりカデンツァが遅く感じ
違和感アリアリらしいです。

弓が曲がる。
そして体が動いてる。(笑)

Img_0032_rondo

ここの重音は、全部同じで飽きるから、ラストは違う弾き方をすべき。
2音ずつ伸ばす。フェルマータだから。
この重音で終わりだよとわかる弾き方にするんだそうです。

あと後半の重音もとにかく、弓が真っ直ぐになるようにすれば音が出るとのこと。

とりあえず、頑張りましょうでした。(笑)
ですよねぇ…この時期にこの弾けなささ…。
ヤバいです。ホントに危険極まりないです。

| | コメント (0)

2017年1月18日 (水)

Quartet47

2017年1月のカルテットです。
また一年が始まりました。
と言っても、バイオリンは、年明けに発表会があるので、
発表会後から新曲の一年な感じです。
つまりはそろそろラストスパートです。

リュートのための古風な舞曲とアリア1楽章(レスピーギ)

弓をたくさん使うこと。
人が減ったので、粗も目立つようになったので、個人個人しっかり弾くこと。
相手の音をしっかり聞く事。
フォルテやクレッシェンドなど、無視しないでしっかり弾くこと。
ダイナミックをもっとやるようにとの事。
私が出来ていないので、良くないっぽい。う~~~(汗)

リュートのための古風な舞曲とアリア2楽章(レスピーギ)

急遽止めました。

リュートのための古風な舞曲とアリア3楽章(レスピーギ)

私がとにかくずれる。
刻んでいるだけなのに…。
万一、間違えていたら、チェロの音を聞いて入る。
弾き続けない!

リュートのための古風な舞曲とアリア4楽章(レスピーギ)

急遽止めました。

HERO

ぐだぐだ。伸ばす所、短いところがあるので気をつけてとの事。

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

TM Violin Lesson160

バイオリンレッスンです。

Rondo K.250(モーツァルト

楽譜が5ページに渡っていますが、どこにもめくる箇所がありません。
そこで、必死に4ページにくっつけて、楽譜を作りましたが、
見えなくて楽譜に合わせてちょこちょこ動きながら弾いていたら、怒られました(笑)

しかも、4ページだと不安定で、風が来たらどーする?と
先生ったら意地悪。

そしてもう少し楽譜は考えるようにとの事でした…とほほ。

早いのはわかるけど、最初からリズムよく。
どうしても最初はつまってつまって…。
段々軽快になるものの…これじゃダメだと。

最初から途中ぐらいのように弾けるように、最初からテンション上げていきましょう。

だいたい…スムーズに弾けるようになるのは、レッスンが終了間際。
自分で練習していても同じくです。
最初からは難しいのですねぇ…。

慌てない。
休符を守る。
スラーが切れないこと。
カデンツァが遅すぎる(笑)…だって弾けないんだもん!!!

開き直ってますが、もうすぐ発表会なのに、まだ最後まで弾けていないという、前代未聞な感じで…先生もめちゃめちゃ心配してますね。(笑)
笑い事ではありませんよ…。
ああ、どうしよ。
体はだるいし、気づいたらヒーターの前で丸まって、ぐーすか。
練習しなきゃ危険です。

| | コメント (0)

2017年1月 7日 (土)

TM Violin Lesson159

バイオリンレッスンです。
2017年始まってしまいました。

年末年始、練習します!とか言ってましたけど、
何故かあっという間に過ぎ去ってしまいました…。
何故でしょう…?????

Rondo K.250(モーツァルト

基本的にはスラーは全部切れないこと。
体が揺れているので、ふらふらしない。
リズムがおかしい所が直っていない!

カデンツァの繋ぎがもう少し上手にできるといいかなと。

弓が斜めになったら音でわかるはずだから、
直しましょう。

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »