« TM Violin Lesson159 | トップページ | Quartet47 »

2017年1月14日 (土)

TM Violin Lesson160

バイオリンレッスンです。

Rondo K.250(モーツァルト

楽譜が5ページに渡っていますが、どこにもめくる箇所がありません。
そこで、必死に4ページにくっつけて、楽譜を作りましたが、
見えなくて楽譜に合わせてちょこちょこ動きながら弾いていたら、怒られました(笑)

しかも、4ページだと不安定で、風が来たらどーする?と
先生ったら意地悪。

そしてもう少し楽譜は考えるようにとの事でした…とほほ。

早いのはわかるけど、最初からリズムよく。
どうしても最初はつまってつまって…。
段々軽快になるものの…これじゃダメだと。

最初から途中ぐらいのように弾けるように、最初からテンション上げていきましょう。

だいたい…スムーズに弾けるようになるのは、レッスンが終了間際。
自分で練習していても同じくです。
最初からは難しいのですねぇ…。

慌てない。
休符を守る。
スラーが切れないこと。
カデンツァが遅すぎる(笑)…だって弾けないんだもん!!!

開き直ってますが、もうすぐ発表会なのに、まだ最後まで弾けていないという、前代未聞な感じで…先生もめちゃめちゃ心配してますね。(笑)
笑い事ではありませんよ…。
ああ、どうしよ。
体はだるいし、気づいたらヒーターの前で丸まって、ぐーすか。
練習しなきゃ危険です。

|

« TM Violin Lesson159 | トップページ | Quartet47 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson159 | トップページ | Quartet47 »