« TM Violin Lesson162 | トップページ | TM Violin Lesson163 »

2017年2月 1日 (水)

Quartet48

2月のカルテットです。
発表会前のラストレッスンになります。

cherryリュートのための古風な舞曲とアリア1楽章(レスピーギ)

Antiche_danze_ed_arie_per_liuto_sco

ここのドードシがどうも苦手でここのリズムが合ってるかな?
と確認して皆を見てしまう癖があり、そこに隙間ができてしまったらしい。
無音にならないように、合ってるからしっかり繋いで入ること。
ピアノからフォルテにしっかり持ち上げること。

Antiche_danze_ed_arie_per_liuto_s_2

ここの高音部分は、綺麗に。音を外さない。
そしてピアノで響かせる…。
全部にビブラート。(出来ないってば)
その後、poco ritでビオラに合わせて、
2に入る所は、合図して、ゆっくり入ること。
ここからa tempoなのでゆっくりになりすぎないで、しっかりテンポ戻すこと。

Antiche_danze_ed_arie_per_liuto_s_3

ミーミシの音程が悪い。
ミが高くて、シが低い。
ビオラが居るので、気持ち悪い。しっかり音を間違えない。
ラスト、チェロのピッチカートを聴いて、その前に終わったりしない。(笑)
ここ、ビオラが終わるので、なんか終わたのかと思ってしまう私…。

後は、全体の強弱を忘れず。

cherryリュートのための古風な舞曲とアリア3楽章(レスピーギ)

Antiche_danze_ed_arie_per_liuto_vn2

ここ、2ndの美味しいところらしい。
なのに、チェロの音を聴き逃して入りが遅い!
しっかりチェロを聴いて入ること!
入れないなら、次の小節から入りなさいとの事ですが、それはそれで間違えるわけですね…。
その前の刻んでる箇所は、音が大きくなりすぎないこと。
ただし、もやっと小さくしてもダメ。
音が短くなってもいいから、頭の音だけはしっかり出して且つ小さく。
とまあ、難しいのよねー。
ここ1音でも間違えたら迷子になるんです!!!私の場合はですけど。

ラストもチェロの音を聞いて入る。
ここは皆と一緒なのでいいのですが、ラストのフェルマータは、勝手に先に終わらないこと。(笑)1stの弓をしっかりみて上げること。

Antiche_danze_ed_arie_per_liuto_v_2

ここの強弱はしっかり出してください。
フォルテを目立つようにピアノを作る!


cherryHERO

相変わらず弾けないので、先生に弾いてもらって録音してきました。
後は、聴いて覚えたら弾けるでしょうね。(笑)
ずっと録音させて欲しいって先生にお願いしていたのに、拒否されていました…
でもたぶん先生も危機感(笑)で先生から録音して帰ってとの事でした。(笑)
やりました!
車の移動とか、色々聴いて覚えようと思います。
ってもう1週間ありません。


さて、今日でカルテットは発表会前レッスン終了です。
取り敢えず、だいぶ形になってきたかなって感じ?
今回はカルテットは発表会出れない判断が大きく…どうなるかと思いました。
諦めず練習して良かったです。
精神的肉体的にキツかったですが。

もう少し、頑張って本番に望む予定です!!!

|

« TM Violin Lesson162 | トップページ | TM Violin Lesson163 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson162 | トップページ | TM Violin Lesson163 »