« TM Violin Lesson191.192 | トップページ | TM Violin Lesson193 »

2017年10月18日 (水)

Quartet57

10月のカルテットです。
が、悲惨な私…。
指が痛いのは、もう2ヶ月以上であまりにも痛いし、治らないし、腫れも酷くなった感があり…。これはやばいのでは?と思って、病院に行ったのですが…。
結局、骨には異常なしとのことで、1ヶ月くらい様子見ましょうと、湿布を出されて終わり…。
既に2ヶ月も経過しているのにね…。
最近はテーピングをグルグルに巻いても、バイオリン弾くとかなり痛いです。
激痛に耐えながらです。

そんなさなか…。
アホな私は、椅子に座って、右足をお尻の下に踏んづけた状態で、数時間。
そのまま仕事して、立とうとしたら、イタタタタ。
屈伸したりして、そのうち治るだろうと思ったら…。
その2、3時間後、、、には、激痛で歩けなくなりました。

お布団さえも重くて痛くて、寝返りも打てないし、そもそも足が鉛のようで、手で動かさなければ動かない。痛い。足先を左右に振ることも無理。足も上がらないし、痛い。

それがカルテットの前日夜の出来事。
でも穴も開けれないし、どうしようかと思ったけど、母にテーピングを買ってきてもらって、
とにかく、足もグルグル巻きにして、足を引きずりながら、
これで車の運転していいのか?疑問というか出来るのかって感じでしたけど、
ほぼ、腕で膝を押して反対の左足でブレーキ。よく辿り着いたって感じで、辿り着いた頃には、もっと激痛。(笑)

こんな悲惨状態でのレッスンです。

死と乙女(シューベルト)

先生も多分気を使ってくださったんだと思います。
2nd、チェロの方への振りが多めで、助かりました。
指は痛いし、足は痛いし、多分運転したので、痺れてかなり悲惨でしたからね。

Img_0003

こんな感じのリズムが結構あるんですけど、音符の長さをきちんと把握して弾きましょう。
長くなったり短くなったり。付点がついていたり、16分音符だったりします。

前半はだいぶ良くなったとのこと。

後半は…私個人としてもまだ弾けないので…迷惑かけっぱなしですね。
しっかり音を出してと言われますが、ただ単に弾けないので、しっかりも何もなかったりします。エヘっ。

あとは、入り遅れたりした箇所。
どの音を聞いて入るのかの確認。
こーゆうの、一人練習ではわからないので助かりますね。

そんな感じで、今日のレッスン終わりです。
そして、またも激痛の中、車の、機能を使ってなんとか辿り着きました。

右足を故障したらどこにも行けないってことですね…。
その後、多分無理やりレッスンに行ったので、余計?痛くなって、ホント、大変な目に…。

|

« TM Violin Lesson191.192 | トップページ | TM Violin Lesson193 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson191.192 | トップページ | TM Violin Lesson193 »