« TM Violin Lesson195 | トップページ | iMacをテレビの画面に映し出そう »

2017年11月15日 (水)

Quartet58

11月のカルテットです。
先月はボロボロでしたのでリベンジといきたいところ…ですが。
指はまだ治りませんし、なかなか練習も捗らずです。

この曲、早いところがたくさんあり、余計に指が痛いのですよねぇ…。
早く治ってほしいです。

死と乙女(シューベルト)

さて、レッスンです。
未だに、自分のことばかりで、どこで誰が動いて、誰と一緒なのか?
全くもって把握出来ていなくて、一緒のところも合わせるどころか?全くその意識すらない。
もう11月だと言うのに…そもそも自分のパートさえ弾けていないので、余裕すらない。

弾けない理由を、早くて弾けない。
そもそも指が痛いのに、早い箇所は拷問のように痛い。
痛いせいにしてるだけよね。早いとただ単に私が必死になって指に余計な力が入って、余計に痛いと言う悪循環。

特に後半。バラバラ。落ちる人多発。

早い箇所。とにかく最初の音だけ出すように。全部弾こうとするからぐちゃぐちゃになる。
とは言いましても、私、弾けない癖に全部弾いてしまうんです、、、
レッスンで話していたのですが、なぜ?バイオリンは端折って弾けないのか?(私の場合)
例えば、カラオケとかで歌は、失敗したり、適当に歌ってるので、端折って歌いますよね。
歌は出来るんです。
歌詞間違えたり、そもそも歌詞を覚えていなくて適当に歌ってるのもありますし、
しっかり画面見て歌えばいい話ですけどね、見てるようで見てないと言うか…何でしょう?
カラオケの話はいいとして、なぜ、バイオリンは端折れないのか?
やっぱり、曲を曖昧に聞いて覚えてるつもりなだけなのか?
楽譜に噛り付いていて、楽譜ばかりになっているのがいけないのか?
少し検証すべきかもですね?

|

« TM Violin Lesson195 | トップページ | iMacをテレビの画面に映し出そう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson195 | トップページ | iMacをテレビの画面に映し出そう »